月曜 「NHKラジオ・アーカイブス ~ 声でつづる昭和人物史」

この番組では、これまでNHKが放送してきた番組や保存している音声資料から、昭和という時代を生きた人々を取り上げ、その人となり(人物像)や歴史的意味をたどります。
解説はノンフィクション作家の保阪正康さん、聞き手は宇田川清江さんです。


保阪 正康 宇田川 清江

出演者プロフィール

保阪 正康(ほさか・まさやす)
1939(昭和14)年、北海道生れ。同志社大学文学部卒業後、編集者などを経てノンフィクション作家に。日本近現代史、特に昭和史の事象・事件・人物をテーマに、これまで4千人に及ぶ方々に取材し、その証言をもとに、数多くの著書を著わしています。
2004年、個人誌『昭和史講座』の刊行で第52回菊池寛賞受賞。2017年、『ナショナリズムの昭和』で第30回和辻哲郎文化賞受賞。2018年、北海道新聞文化賞受賞。

主な著書・・・
『死なう団事件』『五・一五事件 橘孝三郎と愛郷塾の軌跡』『陸軍省軍務局と日米開戦』『東條英機と天皇の時代』『瀬島龍三―参謀の昭和史』『秩父宮と昭和天皇』『吉田茂という逆説』『昭和史の大河を往く』『昭和天皇』、『田中角栄の昭和』『昭和史七つの謎』『あの戦争は何だったのか』『平成史』他、多数。

宇田川 清江(うだがわ・きよえ)
元NHKアナウンサー。「ラジオ深夜便」アンカーを20年勤めました。

和辻哲郎文化賞受賞での記念スピーチ

和辻哲郎文化賞受賞での記念スピーチ(2017年・姫路市)


この番組で取り上げた人物(敬称略、肩書きは現役時)

2017年度

吉田茂(首相)、浜口雄幸(首相)、犬養毅(首相)   高橋是清(首相・蔵相)、尾崎行雄(政治家)、斎藤隆夫(政治家)   近衛文麿(首相)、東条英機(軍人・首相)、東郷平八郎(軍人・海軍)宇垣一成(軍人・外相),野村吉三郎(軍人・駐米大使)、山本五十六(軍人・海軍)、下村宏(内閣情報局総裁)、東久邇稔彦(皇族・首相),幣原喜重郎(外交官・首相),秩父宮(皇族)、高松宮・高松宮妃(皇族),三笠宮(皇族),鈴木貫太郎・タカ(首相・夫人)佐藤達夫(法制局長官)、金森德次郎(国務大臣),片山哲(首相),芦田均(首相)石橋湛山(首相), 湯川秀樹(物理学者),渡辺和子(ノートルダム清心学園理事長),中村茂アナウンサー,沢田美喜(エリザベス・サンダース・ホーム園長)

2018年度 

吉野源三郎(編集者)、鈴木大拙(仏教学者), 西田幾多郎(哲学者),古橋広之進(水泳選手), 吉岡隆徳(陸上短距離選手),柳田国男 (民俗学者),渋沢栄一(実業家),松下幸之助 実業家 終戦(迫水久常・加瀬俊一・細川護貞)、永井隆(被爆者、医学博士),物集高量(文筆家), 服部四郎(言語学者)、松本清張(作家), 金田一京助(言語学者),三浦綾子(作家)平塚雷鳥(婦人運動家),神近市子(婦人運動家), 市川房枝(婦人運動家)、永井荷風(作家),谷崎潤一郎(作家), 坂口安吾(作家)大佛次郎(作家)
 

Page Top