戦国時代の乱世、最強軍団といわれた甲州武田軍の中心には希代の軍師・山本勘助がいた。『大河ドラマ「風林火山」』では、勘助の運命を通して、「生きるとは愛すること」をダイナミックに描きます。

Page Top