とく6特集

とく6特集

「とくしまの現場2017 紙芝居で詐欺被害を防ぐ!!」

10月4日放送

 

後を絶たない、「振り込め詐欺」や「オレオレ詐欺」など特殊詐欺の被害。
三好市内の駐在所に勤務する警察官が、こうした被害から地域のお年寄りたちを守ろうと立ち上がりました。
手作りの紙芝居で、詐欺の手口を伝え、注意を呼びかけています。

 

 
 


「徳島フロントランナー 映像作家 菱川勢一さん」
9月29日放送

さまざまな分野で第一線に立つ人のメッセージを紹介する「徳島フロントランナー」。
今回は映像作家の菱川勢一さんです。
菱川さんは東京出身でミュージックビデオや映画の予告編、それにテレビコマーシャルなどを手がけています。
去年からは「徳島国際短編映画祭」の総合ディレクターを務めていて、その縁もあってこの夏には新作映画をオール徳島県ロケで製作しました。そこには徳島の若者へのメッセージも込められています。

 

菱川さんの映画「#youth」は10月6日から27日まで毎週金曜日の午後7時から徳島市の大型商業施設の映画館で上映されます。
この映画には英語の字幕がついていましたが、海外の映画祭に出品する予定だということです。


「阿波おどり 宿泊先を確保せよ」
9月6日放送

毎年、国内外から100万人を超える観光客が訪れ、徳島を代表する観光イベントとなっている徳島市の阿波おどり。
一方で期間中は、宿泊施設が不足することが長年の課題になってきました。こうした中、ことし、宿泊施設の不足の解消に向けた初めての試みが行われました。

 

「子どもが学び 伝える防災」
8月31日放送

中央構造線断層帯で活断層地震が起きた場合、最大で町内の半分以上の建物が全半壊するとされている石井町。
4月から小学生が防災の大切さを伝えるテレビ番組が始まりました。
いつどこで起きるかわからない災害への意識を高めてもらおうと自分たちで考え、学んだことを伝えようという子どもたちの活動を取材しました。

 

「徳島フロントランナー 24時間走 石川佳彦選手」

8月25日放送

 

さまざまな分野で第一線に立つ人のメッセージを紹介する「徳島フロントランナー」。
今回は24時間走り続け、その距離を競う競技の世界のトップランナー、鳴門市の石川佳彦選手です。
7月にイギリスで行われた24時間走の世界選手権で優勝した石川選手。究極の限界に挑む姿を追いました。

 

 

「お天気そこが知りたい 天気予報ができるまで」

8月25日放送

 

季節や天気の話題をお伝えする「お天気そこが知りたい」。
岡安里美気象予報士が天気予報がどうやってできているのかについて徳島地方気象台で、その舞台裏を取材してきました。

 

 

「免許合宿で移住者を呼び込め」

8月23日放送

 

徳島県南部の海陽町では少子高齢化が進んで人口が減り、町内の企業では働き手の不足も懸念されています。
こうした中、町内にある自動車教習所が運転免許を取得する人のために行っている合宿には、県外からの人も多く訪れています。
この合宿で訪れる人たちに町内への移住を考えてもらえないかと、地元ではこの夏、初めての取り組みに挑戦しました。

 

 

「踊る女子高校生ガイドの夏」

8月16日放送

 

ことしの徳島市の阿波おどりは4日間で120万人以上が詰めかけ、国内はもちろん、海外からも観光客が大勢訪れました。
そんな中、ことしは外国人観光客をもてなすために地元の高校生がガイドを務めました。
阿波おどりの魅力を伝えようと奮闘した女子高校生の活動に密着しました。

 

 

「昔ながらの知恵で熱中症ゼロ」

8月14日放送

 

NHKのカメラマンが、各地の夏の表情を描く「2017夏点描」。徳島県の舞台は、県南西部の山あいにある那賀町木頭出原です。夏になると、気温が35℃以上の猛暑日になる日が多い地域です。 地元のお年寄りたちは、昔ながらの生活の知恵をいかして、厳しい夏を過ごしています。

 

 
 

リポートで紹介した川島集落では、風通しのよい部屋に虫を除けるための網「蚊帳」を張って眠るなど、昔ながらの夏の生活用品を愛用しているお宅もあるということです。

また、集落に住む年配の女性は「自分が60年ほど前に結婚してこの集落に来て以来、夏場に熱中症で救急車で運ばれた人は、見たことがない」と話していました。
 


Page Top