とく6セレクション

「ご当地キャラに年賀状を!」(1月6日放送)

年賀状を送ってご当地キャラクターを応援できるイベントについて。
徳島から7体のキャラが参加!
番組では「お返事」の様子をうだつまるに取材、スタジオにはすだちくんを招いてお伝えしました!


受付中のキャラクターのあて先はこちら!

④画像左寄せ
④画像左寄せ

冬の楽しみ「美馬和傘」(1月5日放送)

美馬市に残る伝統工芸「美馬和傘」。
和傘にこめた職人の思いを交えながら、徳島の冬の楽しみを紹介しています。


「ことしにかける若き箏奏者」(1月4日放送)

シリーズ「ことしにかける」。
徳島県出身の若き箏奏者、遠藤咲季子さん。
箏といえばお正月にその音色を耳にしますが、若い世代にはあまりなじみのない和楽器です。
遠藤さんはその箏の魅力をもっと多くの人に知ってもらいたいと新たな挑戦をしています。


「承久の乱800年 土御門上皇と徳島」(12月22日放送)

1年9か月ぶりに復活した
「あわ歴史散歩」のコーナー。
今回は土御門上皇を紹介、承久の乱から800年。
実は県内に様々な上皇の伝説が残っていました。


「オペラ市民合唱団」(12月10日放送)

徳島で活動する市民合唱団がプロのオペラ歌手と共演したオペラ公演が徳島市で行われました。
“夏の阿波踊り、冬のオペラ”を合い言葉に
徳島にオペラ文化を根づかせたいと活動する市民合唱団の姿をみつめました。


「瀬戸内寂聴さん ふるさとへの思い」(11月24日放送)

徳島市出身の作家、瀬戸内寂聴さん。
99歳で亡くなるまで
数々の小説を発表する一方、
法話を通じて多くの人の悩みに
耳を傾けてきました。
瀬戸内さんが歩んだ、99年の人生。
そこにはふるさと徳島への
ある特別な思いがありました。


「地域の絆つなぐ 未来コンビニ」(11月10日放送)

那賀町の山あいに去年、
あるお店がオープンしました。
その名も「未来コンビニ」。
独自の存在感で
高齢化が進む地域に溶け込み注目を集めています。


「“ごみゼロ”を目指すビールの新たな挑戦」(11月17日放送)

気候変動対策が急務となる中、ごみの削減などを進めてきた上勝町で、新たな取り組みが始まりました。
ビールの搾りかすを使って、次のビールの麦芽を生産しようという挑戦を追いました。
(藤原哲哉記者)


「運動を楽しむ、新しい部活動のカタチ」(10月13日放送)

毎日地道に練習を重ねてみんなで大会優勝を目指す…。
そんな従来の運動部のあり方を覆し、射的や縄跳びなどを通して
楽しく体力の向上を目指す部活動があります。
気楽に体を動かしたいという子どもたちのニーズに応える、
まったく新しい部活動を取材しました。
(安藤麻那記者)


Page Top