2018年3月22日 うまいっしょ!道の駅 「なないろ・ななえ」

全道各地にある道の駅から、旬の話題をお届けします。
今回は3月23日オープンの道南の道の駅「なないろ・ななえ」です。
七飯町の自慢の食材を楽しむことができるテイクアウトコーナーの他、地元の野菜や道南の食材を販売するコーナーがあります。
おすすめの“うまいもの”、一つ目は「コロッケ」です。地元産のジューシーな牛肉を使用したものや、肉厚なしいたけが入ったコロッケを味わうことができます。
他にも特産のリンゴを使ったソフトクリームや、地元に工場がある清涼飲料・ガラナの味のソフトクリーム、牛乳のソフトクリームを選ぶことができます。
さらにフレンチトーストやクレープなど、旅の疲れを癒すスイーツが楽しめます。
【問い合わせ】
道の駅 「なないろ・ななえ」
住所:亀田郡七飯町字峠下380-2
電話:0138-86-5195
開館時間: 午前9時~午後6時

2018年3月20日 いまどき!キャンパスランチ「鉄の街の学食~室蘭工業大学~」

レポーター:細野匠吾さん(ほその・しょうご/室蘭工業大学 ラジオ放送部)
     :齊藤久美恵さん(さいとう・くみえ/室蘭工業大学 ラジオ放送部)

室蘭市にある室蘭工業大学は、全国でも珍しい工学部だけの国立単科大学です。鉄の街・室蘭ならではの施設が「ものづくり基盤センター」。様々な工作機械が揃っていて旋盤や鋳造などを学べるほか、地元と連携したものづくりの拠点になっています。直径1mを越える巨大なジンギスカン鍋などの様々な鉄製の鍋や、室蘭土産でおなじみのボルトの人形も大学オリジナルのものを作っています。
学食は、高さ5mの全面ガラス張りの空間で4百席あります。自分で好きな物を選ぶアラカルト方式で、およそ70種類の料理が用意されています。ユニークな取り組みも行われていて、地元室蘭のご当地メニュー、カレーラーメンは特産のうずらの卵を使用し、期間限定で登場します。さらに、人気ナンバーワンのチキンおろしだれは、付け合わせがキャベツかポテトかを選べるのが特徴です。鶏もも肉の表面がオーブンでパリパリの食感に仕上げられ、ニンニクなどを使った特製のポン酢だれと絶妙に絡んでおいしいです。キャベツならさっぱりヘルシーに、ポテトならガッツリ満足感があり、どちらの付け合わせもおすすめです。

【問い合わせ】
室蘭工業大学 学生食堂
時間:午前11:30 ~ 午後2:00(平日)4月6日(金)まで
   午前10:00 ~ 午後8:30(平日)4月9日(月)から
定休:日曜
電話:0143-44-2994

細野さんと齊藤さんが所属するラジオ放送部は、部室内のスタジオで地元コミュニティFMのラジオ番組を収録しています。室工大の英語の略称MITをとった「MIT NIGHT(ミットナイト)」という番組で、放送エリアは室蘭など西胆振一帯ですが、インターネットでも聴くことができます。毎週、楽しく明るくをモットーに、室工大生の今が分かる番組を目指しています。
【問い合わせ】
MIT NIGHT(ミットナイト)
放送局:FMびゅー 84.2 ㎒(西胆振のみ)
時間:毎週水曜 午後8:30 ~ 9:00
※インターネットの「Listen Radio(リッスンラジオ)」でも聴くことができます

2018年3月16日 うまいっしょ!道の駅「絵本の里けんぶち」「マオイの丘公園」

全道各地に119ある道の駅から、旬の話題をお届けします。今回は、自慢のレストランがある道の駅を2か所紹介。
まずは道北の剣淵町にある道の駅「絵本の里けんぶち」です。
館内ではおよそ200冊の絵本が楽しめるほか、木のぬくもりが感じられるレストランがあります。
レストランでの“うまいもの”、一つ目は「じんじんうどん」です。剣淵産の紫色のじゃがいも“シャドークイーン”を練りこんだオリジナル麺です。
他に、コロッケカレーにもシャドークイーンの鮮やかな紫色のコロッケが乗っています。
あんかけ焼きそばも人気で、パリパリに焼いた麺に、醤油ベースのあんがたっぷり乗っています。
【問い合わせ】
道の駅 「絵本の里けんぶち」
住所:剣淵町東町2420番地
電話:0165-34-3811
開館時間:午前9時~午後6時(5~10月)
午前9時から午後5時(11~4月)
道央にある道の駅「マオイの丘公園」は、春から秋にかけて新鮮野菜の直売所が人気の道の駅ですが、開放感たっぷりのガラス窓があるレストランは、長沼の四季の風景を眺めながら食事が楽しめます。
レストランの“うまいもの”、一つ目は「馬追牛」を使ったステーキです。うまみ成分が豊富でジューシーな肉を、自分の好みの具合に焼いて食べることができます。
また、SPF豚肉を使ったみそ焼きグリルは、長沼産の豚肉を手作り味噌で漬け込んで焼いたものです。
どちらのメニューにも、長沼産のお米を使ったおにぎりやサラダなどがおかわり自由で食べることができます。
【問い合わせ】
道の駅 「マオイの丘公園」
住所:長沼町東10線南7番地
電話:0123-84-2120
開館時間:
《センターハウス》
午前9時~午後8時(5~10月)
午前9時~午後6時(4・11月)
午前9時~午後5時(12~3月)
《レストラン》
午前11時~午後4時
※12月~3月までは毎週木曜定休日

2018年3月15日 法律Q&A「離婚その時 どうする親権と養育費」

弁護士 大山 洵さん
出演:札幌弁護士会所属
弁護士 大山 洵さん

<親権>

■未成年の子どもがいる夫婦が離婚をする時、父親と母親のどちらが子どもの「親権」を持つか、決めなければなりません。
双方とも「親権」を主張し、話し合いで決まらない場合は、離婚調停を家庭裁判所に申し立て、親権者を決めていくことになります。
「親権」は、どうすることが子どもにとって一番幸福か、という基準で判断されます。
調停でも、決まらない場合は、離婚審判や離婚訴訟などで裁判所に決めてもらうことになります。

<養育費>

■親権者とならなかった親にも、子どもに対する責任として「養育費」を支払う義務があります。
「養育費」について、話し合いで決まらなかった場合は、調停、審判・訴訟という流れになり、「養育費算定表」に基づいて金額が決まります。
「養育費」の支払いがない場合は、強制執行の申し立てをすることができ、相手の給与の2分の1までの差し押さえが認められています。

■離婚を考えている方は、子どもの将来にとって何がいいことなのか、冷静に考えることが必要です。
<視聴者からの相談予約窓口>
旭川法律相談センター 電話 : 0166-51-9527
釧路法律相談センター 電話 : 0154-41-3444
札幌法律相談センター 電話 : 011-251-7730
函館法律相談センター 電話 : 0138-41-0232

2018年3月14日 どさんこうまいべさマップ「比布町 千本ネギ」

北海道のおいしい食材をディレクターが探すどさんこうまいべさマップ。
今回は比布町に行ってきました。見つけたのは「千本ネギ」。育てていたのは農家の宍戸智さん。
雪の下で寝かせた千本ネギは熱を通すと甘味があり、やわらかいのが特徴です。
宍戸さんのところでは、丁寧に泥などを落としてから、出荷されます。
そんな、千本ネギを町内でレストランを営む、本館浩治さんに料理してもらいました。
作ってくれたのは、千本ネギの包みハンバーグ。千本ネギのうまみがたっぷり染みこんだ絶品料理でした。
宍戸さんと本館さんは、まだまだ知名度の低い千本ネギを全道、全国に広めたいと願っています。
<問い合わせ先>
千本ネギについて
JAぴっぷ町
電話:0166-85-3116
住所:比布町西町3丁目5-14

Page Top