• 河川水位情報

    河川水位情報、河川カメラのリアルタイム画像を表示します。川の氾濫で浸水が予想される地域の情報などをご覧になれます。


  • 熊本県天気・防災

    災害関連のニュース、速報、地震・津波などの防災情報に加えて天気予報、警報・注意報、アメダス、レーダー、など最新の情報を伝えます。


  • 鉄道運行情報

    鉄道運行情報(九州・沖縄)のページです。主要な鉄道路線の運転見合わせや遅延の情報を掲載しています。


  • NHKニュース防災アプリ

    最新ニュースや災害情報をいち早くお届けする公式アプリです。ぜひダウンロードを!

  • 災害列島命を守る情報サイト

  • NHKそなえる防災

  • 災害時障害者のためのサイト

  • 外国のことばによる災害・コロナの情報サイト

「備えましょう」というとまず思い浮かぶのが、この「非常用持ち出し袋」。
でも、いろんな情報があって、結局何を入れたらいいの?と混乱してしまいませんか。
最低3日間過ごすための、基本的なポイントは3つです。

※下記は一例です。自分に合った持ち物を考えましょう!

季節によって内容や量は調節しましょう。

ただでさえ不安な避難生活、「自分が安心できるもの、快適に過ごせる工夫」が、とても大切です。

これだけのものをそろえると、ひとつひとつコンパクトにしなければバッグに入りきれません。
例えば、「衣類は圧縮袋に入れる」「トイレットペーパーの芯は抜いて1個の体積を減らす」
などが考えられます。

子ども、大人、お年寄り、男性か女性かなどで、
楽に持てる量は違ってきます。
目安としては、
「これを背負って、素早く移動できるか」
を基準にしてください。

一度背負って動いてみるとわかりやすいと思います。
「あれもこれも」となりがちですが、
優先順位を決めてある程度厳選することが必要です。
家族で動くなら荷物を分散させるというのも、
ひとつの選択肢です。

バッグへの入れ方次第で、
重く感じるか軽く感じるか、変わります。

ポイントは、
「重いものは”からだの近く”で”上に入れる”
これだけです。

例えば水など比較的重いものは、
安定するようにバッグの底に入れがちですが、
丸めたダウンジャケットの上に置くと、
同じ重さでも軽く感じますよ。

Point

避難生活で必要なものを入れる「非常用持ち出し袋」。
個人個人で、必要なものは全く違います。
季節ごとに、また自分の生活環境が変わったりしたタイミングで、
こまめに見直すようにしてください。


NHK熊本放送局
金子紗也キャスター(防災士)

Page Top