ニュースアップ

10月19日(金)

デザイン製品を海外へ

広島ではデザイン性の高い小物や雑貨などが次々に開発されています。

中小企業などが独自のアイデアで生み出したこうした製品を海外に売り込もうとする動きを取材しました。

ニュースアップ

10月18日(木)

サルやクマはご免 柿の実を摘みとり

毎年、秋になると、収穫されずに放置される柿の実を狙って、サルやクマが人里に現れ、周囲の畑でも農作物が荒らされる被害が相次いでいます。

このため、広島市佐伯区では毎年、柿の実を熟す前に摘み取る作業を行っています。

佐伯区では、こうした取り組みで野生動物が人里におりてくるのを防ぎ、農作物などへの被害を減らしていきたいと考えています。

ニュースアップ

10月17日(水)

豪雨受け避難伝達見直し進む

7月の豪雨で行政からの避難の呼びかけに応じた人の割合が数パーセントにとどまったことを受けて、広島県内の23の市や町のうち、20の自治体が、情報の伝え方などを見直したり、見直しを検討していることがNHKの調査で分かりました。

ニュースアップ

10月15日(月)

東京五輪・パラ 大会旗レプリカ到着

東京オリンピック・パラリンピックへの機運を高めようと、大会旗のレプリカが東広島の中学校に到着し、生徒たちはカープの元投手の北別府学さんと交流し、追加種目となった野球の魅力に触れました。

ニュースアップ

10月12日(木)

豪雨で農業に深刻な被害 尾道で相談会

7月の豪雨では、農業にも大きな被害が出ました。

尾道市では、豪雨で被災した農家を対象に、復旧に必要な行政の支援策を紹介する相談会が開かれました。

会場には、豪雨で被災した農家の人たちが次々に訪れ、支援策について市の担当者に相談しました。

Page Top