できたて!レシピ紹介

和食はもちろん、イタリアンや中華料理、ヘルシーメニューなど、料理に精通したプロが季節の食材を使った簡単レシピを紹介します。

できたて!レシピ

2018年11月13日(火)放送

まろやか豆乳のロール白菜

まろやか豆乳のロール白菜

シェフ:藤田さやかさん

材料(2人分)

  • 白菜・・・4枚
  • ひき肉(鶏もも肉)・・・140g
  • 塩・・・小さじ1/3
  • こしょう・・・少々
  • にんじん・・・20g
  • パン粉・・・大さじ2
  • 卵・・・1/2個
  • 水・・・100ml
  • 固形スープの素・・・5g
  • バター・・・10g
  • 豆乳・・・200ml
  • 黒こしょう・・・少々
  • 【水溶きかたくり粉】
  • 水・・・小さじ4
  • かたくり粉・・・小さじ1

作り方

  1. 白菜を芯と葉に分ける。芯は、みじん切りにして塩もみしておく(塩ふたつまみ)。葉は、ラップにくるんで電子レンジでしんなりするまで加熱する。
  2. ひき肉に塩(小さじ1/3)とこしょうを入れ、しっかり混ぜ、水をしぼった白菜の芯、みじん切りにしたにんじん、パン粉、卵を入れてよくかき混ぜ、4等分にしてまとめておく。
    【ポイント】空気を抜かずにまとめると柔らかく仕上がる!
  3. 水100mlに固形スープの素を入れて温め、バター5gを入れて溶かしておく。
  4. 2を白菜でまいて3の鍋に入れ、中火で加熱し、ふたをして10分ほど蒸し煮のようにする。
  5. 4に豆乳を加え、さらに5分ほど加熱し、水溶きかたくり粉を入れる。
    【ポイント】混ぜながら入れると均等にとろみがつく。
  6. 5に残りのバターを入れ、黒こしょうをふり完成。

【ポイント】空気抜きをせずにまとめるとふんわりとした食感に仕上がる!

2018年11月6日(火)放送

さけときのこの甘酢炒め

さけときのこの甘酢炒め

シェフ:藤田さやかさん

材料

  • さけ(切り身)・・・2切れ
  • 塩・・・少々
  • こしょう・・・少々
  • かたくり粉・・・小さじ2
  • しめじ・・・60g
  • エリンギ・・・60g
  • まいたけ・・・60g
  • ぎんなん(水煮)・・・10粒
  • サラダ油・・・適量
  • 【合わせ調味料】
  • オイスターソース・・・小さじ2
  • 砂糖・・・小さじ2
  • 酢・・・小さじ1
  • しょうゆ・・・小さじ1
  • 顆粒スープの素・・・小さじ1/4
  • おろししょうが・・・小さじ1
  • 水・・・小さじ2

作り方

  1. さけに塩、こしょうをふり、かたくり粉をまぶして、下ごしらえする。
    【ポイント】かたくり粉をつけると味がしみこみやすくなる!
  2. きのこを食べやすい大きさに割いておく。
    【ポイント】きのこを手で裂くとソースが絡みやすくなる!
  3. 合わせ調味料を作る。
  4. フライパンにサラダ油をひき、1を両面の焼き色がつくまで焼く。余分な油はふき取る。
    【ポイント】表面をカラッと焼くとおいしく仕上がる!
  5. 4に2をいれ、きのこがしんなりするまで炒める。ぎんなんを合わせたら調味料をいれ、さっと炒めて完成。

【ポイント】オイスターソースを入れると味にコクが出る
【ポイント】さけにかたくり粉をまぶしてカリッと焼く→きのこと調味料のうまみをしっかり吸う

2018年10月30日(火)放送

シャインマスカットとピオーネのフレンチトースト

シャインマスカットとピオーネのフレンチトースト

シェフ:RYOKOさん

材料

  • フランスパン・・・4切れ
  • 有塩バター・・・適量
  • グラニュー糖・・・小さじ3
  • 粉砂糖・・・小さじ3
  • 【液材料】
  • たまご・・・1個(Mサイズ)
  • グラニュー糖・・・15g
  • 牛乳・・・50g
  • 生クリーム・・・20g
  • バニラオイル・・・適量
  • 【盛り付け用】
  • クリームチーズ・・・50g
  • ピオーネ・・・8粒
  • シャインマスカット・・・8粒
  • 【飾り用】
  • 刻みピスタチオ・・・適量
  • 粉砂糖・・・適量
  • シナモンパウダー・・・適量

【作り方】

  1. たまご、グラニュー糖、牛乳、生クリーム、バニラオイルを混ぜ合わせ、つけ液を作る。
  2. 1のつけ液にフランスパンを浸し、一晩つける。
    【ポイント】1時間後にひっくり返すと液が染み込みやすい!
  3. 2の片面に有塩バター、グラニュー糖、粉砂糖をかける。
    【ポイント】有塩バターを使うと甘さを引き立ておいしさアップ!
    【ポイント】表面をカリッと仕上げるためにグラニュー糖はたっぷりと!
    【ポイント】2種類の砂糖を使うことで表面がカリッと仕上がる。
  4. 3の面を上にし、バター10gを溶かしたフライパンで焼く。焼き色がついたら、ひっくり返す。
  5. 盛り付けに、クリームチーズ、マスカット、ピオーネをのせ、飾り用に刻みピスタチオ、粉砂糖、シナモンパウダーを振って完成。

【ポイント】グラニュー糖と粉砂糖の2種類を使うと簡単に表面がカリッと仕上がる!

2018年10月23日(火)放送

新高梨のおばけプリン

新高梨のおばけプリン

シェフ:Ryokoさん

材料(4人分)

  • 新高梨・・・1/4個
  • 牛乳・・・300nl
  • 粉ゼラチン・・・6g
  • チョコレート・・・40g
  • ホイップクリーム・・・20g
  • デコペン・・・1本
  • イチゴジャム・・・適量

作り方

  1. 新高梨を5mm角ぐらいに切って容器に入れる。
  2. 牛乳を60~70度にあたため、チョコレートと粉ゼラチンをしっかり溶かす。
    【ポイント】カカオバターが多く使われたチョコレートを使うとおいしさUP!
    【ポイント】ふやかさずに使える粉ゼラチンは直接材料に入れられて便利。牛乳の温度に注意!熱すぎるとゼラチンがあとで固まりにくくなる!
  3. 2の液をこして「だま」になっているものなどを取り除く。
    【ポイント】ゼラチンやチョコレートの溶け残りをこして口当たりがなめらかに!
  4. 3を氷水などで、とろみがつき始める20度以下くらいまで冷やす。
  5. 1に入れて、1時間以上冷やす。
  6. 5にホイップクリームとチョコレートのデコペンで顔を書き、イチゴジャムを血のりに見立てて、ハロウィーンのデコレーションを楽しんでください。

【ポイント】ゼラチンを使うと簡単に作ることができる!

2018年10月16日(火)放送

丸ごとかぼちゃとキノコのクリームグラタン

丸ごとかぼちゃときのこのクリームグラタン

シェフ:内田千尋さん

材料(4人分)

  • 坊ちゃんかぼちゃ・・・4個
  • 玉ねぎ・・・1/2個
  • しめじ・・・1/2パック
  • まいたけ・・・1/2パック
  • えのき・・・1/2パック
  • ベーコン・・・40g
  • サラダ油・・・大さじ1
  • ほうれん草・・・1束
  • 牛乳・・・200ml
  • チキンスープの素・・・小さじ1
  • クリームシチューの素・・・20g
  • ピザ用チーズ・・・50g
  • パセリ・・・少々

作り方

  1. かぼちゃを洗い、水気が付いたままラップで包み、電子レンジ(600w)で5分ほど加熱する。
    【ポイント】火の通りがよく、丸ごと食べられる小さいかぼちゃがおすすめ!
  2. かぼちゃの上から1/3をカットして、種とワタを取り、身をくり抜く。
  3. サラダ油をひいたフライパンに、スライスしたたまねぎ、短冊切りにしたベーコンを入れて炒める。
  4. 玉ねぎがしんなりしてきたら、まいたけ、しめじ、えのきを入れる。
  5. 牛乳とチキンスープの素、くり抜いたかぼちゃを入れ、煮詰まってきたら、5cm幅にカットしたほうれん草を入れて、シチューの素を入れて味をととのえる。
    【ポイント】クリームシチューの素を使うと手軽にグラタンの味が出せる!
    ※ほうれん草のアクが気になる方は、茹でたものを使いましょう。
  6. かぼちゃの中に5のグラタンを入れてチーズをのせる。トースターで3分ほど焼き、パセリをかけて完成。

2018年10月4日(木)放送

さんまとマッシュルームのトマト煮込み シャキシャキサラダを添えて

さんまとマッシュルームのトマト煮込み シャキシャキサラダを添えて

シェフ:内田千尋さん

材料(4人分)

  • 【トマト煮込み】
  • さんま・・・4尾
  • 玉ねぎ・・・1個
  • マッシュルーム・・・8個
  • にんにく・・・1かけ
  • ミニトマト・・・6個
  • サラダ油・・・大さじ2
  • カレー粉・・・小さじ1
  • トマトジュース・・・400ml
  • ケチャップ・・・大さじ4
  • 水・・・400ml
  • 塩・こしょう・・・適量
  • チキンコンソメ・・・小さじ2
  • 【ジャガイモと大根のサラダ】
  • じゃがいも・・・1個
  • 大根・・・40g
  • スナップエンドウ・・・4本
  • すだちの果汁・・・1個分
  • 塩・こしょう・・・適量

作り方

  1. さんまの内臓を取り、水分をふき取って4等分の輪切りに。 塩、こしょう、カレー粉で下味をつける。
    【ポイント】味のアクセントにもなり、さんまの臭みもとれる。
  2. みじん切りにしたニンニクをサラダ油で炒め、みじん切りのたまねぎを入れ、塩、こしょうを加え、たまねぎが半透明になるまで炒め、スライスしたマッシュルームも入れる。
  3. 2のフライパンに下味をつけたさんまを並べ、トマトジュースと水を入れ、チキンコンソメ、ケチャップを入れて強火に。
  4. 3を15分ほど煮込んで、ミニトマトを入れてさらに煮込む。
    【ポイント】30分ほど煮込むとさんまの骨も柔らかくなる。
  5. 塩を一つまみ入れて沸騰したお湯に千切りしたジャガイモと大根を30秒ほどゆでて、氷水で冷やし絞っておく。
  6. すだちの果汁で和えて、塩、こしょうをお好みで。すだちの皮をちらしてもOK。

【ポイント】カレー粉でさんまの臭みを消しスパイシーさんもプラス!

2018年9月25日(火)放送

なすとトマトのパスタ

なすとトマトのパスタ

シェフ:今枝ゆかりさん

材料(2人分)

  • 【トマトソース】
  • ホールトマト・・・1缶400g
  • にんにく・・・1かけ
  • エクストラバージンオイル・・・大さじ3
  • 塩・・・小さじ1/3
  • ドライオレガノ・・・少々
  • 【パスタ】
  • なす・・・2本
  • エクストラバージンオイル(揚げ油)・・・適量
  • トマトソース・・・1.5カップ
  • バジル・・・1枝
  • パルミジャーノレッジャーノ・・・大さじ2
  • パスタ(フジッリ)・・・150g
  • 塩・・・少々

作り方

  1. 鍋に、みじん切りしたニンニクとオリーブ油をいれ、火にかける。
  2. ニンニクの香りが立ったら潰したホールトマトとオレガノ、塩を加えトマトソースの完成。
    【ポイント】トマトのへたのところは口に残るのでしっかりとつぶす
    【ポイント】ドライオレガノはバジルでも代用OK!
  3. なすは1.5cmほどの厚みで切り、塩にさらし1時間置いた後、なすから水分が出たら洗い水気をとる。
    【ポイント】なすの水分を出すと揚げる時に油を吸い過ぎない!
  4. 3をオリーブ油で揚げなすにする。
  5. 2と4、ゆでたパスタとあえる。最後に、バジルとパルミジャーノレッジャーノを添えて完成。

【ポイント】なすの水分をしっかり出す→トマトソースが染み込みやすくるなる

2018年9月18日(火)放送

トマトの煮びたし

トマトの煮びたし

シェフ:今枝ゆかりさん

材料

  • トマト・・・4個
  • だし・・・500cc
  • みりん・・・大さじ2
  • 薄口しょうゆ・・・大さじ3
  • 塩・・・適量
  • 大葉・・・2枚
  • 白ごま・・・少々

作り方

  1. 鍋にお湯を沸かし、トマトを湯むきする。
    【ポイント】ヘタを下にして置くと形が崩れない!
  2. だしに、みりんを加え、ひと煮たちさせ塩で味を調える。
    【ポイント】熱いうちにかけるとだしがトマトにしみ込む
  3. だしが熱いうちにトマトにかけて、一晩冷蔵庫に置く。
    【ポイント】一晩おけばより味がしみ込む
  4. 刻んだ大葉と白ごまを添えて完成。

【ポイント】熱いうちにかけるとだしがトマトにしみ込む、冷蔵庫の中で一晩しっかりと置く

2018年9月11日(火)放送

ネバネバそうめん

ネバネバそうめん

シェフ:平本光記さん

材料

  • そうめん・・・2束
  • 山芋・・・200g
  • オクラ・・・4本
  • のりの佃煮・・・30g
  • みょうが・・・1個
  • 大葉・・・2枚
  • 【調味料】
  • だし・・・140ml
  • しょうゆ・・・30ml
  • みりん・・・30ml

作り方

  1. 調味料を合わせて一煮立ちさせ、冷ましたらのりの佃煮を入れて混ぜる。
    【ポイント】少し煮立たせてアルコールを飛ばす
  2. 茹でたオクラの輪切りとすった山芋に1の調味料を加え、ネバネバダレを作る。
  3. そうめんを茹でて、氷水でしめる。
  4. そうめんにネバネバダレと刻んだみょうがと大葉を載せれば完成。

【ポイント】のりのつくだ煮を入れるとおいしさアップ!

2018年9月4日(火)放送

アジのなめろう

アジのなめろう

シェフ:平本光記さん

材料

  • アジ・・・1尾
  • しょうが・・・5g
  • 青ねぎ・・・5g
  • しょうゆ・・・小さじ2
  • みそ・・・30g
  • 大葉・・・2枚

作り方

  1. アジを3枚におろす。骨抜きし、皮を取る。
    【ポイント】アジ以外にもサンマ・イワシ・ハマチなどの旬の青魚でもOK!
  2. アジを5mm角に切る。
  3. しょうゆとみそを混ぜ合わせる。
  4. 2と3を包丁で叩く。食感を残すため叩きすぎない。
    【ポイント】アジをたたき過ぎないようにするとなめろうの食感UP!
  5. 最後に、しょうが、青ねぎ、大葉を加えて完成。

【ポイント】アジは手軽におろせるので3枚におろすところからやってみよう!

2018年8月28日(火)放送

エビのマヨネーズ

エビのマヨネーズ

シェフ:渡邉律夫さん

材料

  • エビ・・・10匹
  • 塩・・・ひとつまみ
  • 酒・・・小さじ1/2
  • こしょう・・・少々
  • かたくり粉・・・小さじ2
  • アスパラガス・・・2本
  • 【衣】
  • 薄力粉・・・50g
  • かたくり粉・・・10g
  • ベーキングパウダー・・・小さじ1
  • サラダ油・・・小さじ1
  • 水・・・60g
  • 【ソース】
  • マヨネーズ・・・120g
  • ケチャップ・・・35g
  • コンデンスミルク・・・35g
  • コーヒーフレッシュ・・・3個
  • サラダ油・・・10g

作り方

  1. エビの水気をタオルでとってから、酒、塩、こしょうで下味をし、かたくり粉をまぶす。
    【ポイント】下味が入りやすくなるようにしっかりと水けをとる
  2. 衣の材料を合わせ、ツヤがでるまで混ぜる。
  3. エビを衣にくぐらせ、160度の油でサクサクになるまで揚げる。
    【ポイント】泡が立たなくなるまで低温でゆっくり揚げる
  4. アスパラを鮮やかな色になるまで油通しする。
    【ポイント】揚げすぎると色が悪くなるので15秒ほどでOK!
  5. ソースを合わせフライパンで温め、3をあえて完成。

【ポイント】えびは低温でじっくり揚げるとサクッとした食感に!

2018年8月21日(火)放送

シューマイ

シューマイ

シェフ:渡邉律夫さん

材料(10個分)

  • たまねぎ・・・100g
  • かたくり粉・・・大さじ3
  • 豚ひき肉・・・100g
  • しょうが・・・小さじ1
  • ごま油・・・小さじ1/2
  • シューマイの皮・・・適量
  • 【合わせ調味料】
  • 砂糖・・・小さじ1/2
  • 塩・・・小さじ1
  • しょうゆ・・・小さじ1/2
  • オイスターソース・・・小さじ1/2
  • こしょう・・・少々
  • 溶き卵・・・大さじ1/2

作り方

  1. みじん切りのたまねぎにかたくり粉をまぶす。
  2. 豚ひき肉に、合わせ調味料を入れて混ぜる。
    【ポイント】肉の食感を残すため混ぜすぎない
  3. 1と2をあわせ、優しくこねてから、しょうがとごま油を入れる。
  4. ナイフを使って3を25gずつ成形していく。
    【ポイント】底を押してへこませるとまっすぐ立ちやすい
    【ポイント】皮が破れやすいので強く握らない
  5. 蒸し器で8分蒸して完成。

【ポイント】たまねぎにかたくり粉をまぶすことで、あんが水っぽくならずに成形しやすい

2018年7月3日(火)放送

丸ごとパクチーの鶏唐揚

丸ごとパクチーの鶏唐揚

シェフ:村田裕子さん

材料(2人分)

  • パクチー・・・1束・100g
  • 鶏もも肉・・・350g
  • 【下味調味料】
  • しょうが(すりおろし)・・・大さじ1
  • しょうゆ・・・大さじ1/2
  • 酒・・・大さじ1
  • ごま油・・・大さじ1
  • 塩・・・小さじ1/2
  • こしょう・・・少々
  • 【衣】
  • 溶き卵・・・1/2個分
  • 小麦粉・・・大さじ2
  • 片栗粉・・・大さじ2
  • 【ドレッシング】
  • レモン汁・・・小さじ1
  • オリーブオイル・・・大さじ2
  • 塩・こしょう・・・各少々

作り方

  1. パクチー、葉先から半分は長さ2~3cmのざく切り、残りの茎の部分と根はみじん切り。
  2. みじん切りにした茎と根の部分と下味調味料をあわせ、溶き卵、小麦粉、片栗粉も混ぜて衣をつくり、鶏肉に絡ませる。
    【ポイント】5分ほど置いておくと味がなじみやすくなる!
  3. フライパンに、揚げ油を2cmほどいれて中温に熱する。薄く色づくまで4~5分揚げて完成。
    【ポイント】まわりが固まるまでは動かさずにガマン!大きい泡が出てきたら揚げあがりの合図
  4. ざく切りにしたパクチーの葉は、レモン汁、オリーブオイル、塩こしょうであえてサラダにして完成。

2018年6月26日(火)放送

黄ニラと干しあみの塩焼きそば

黄ニラと干しあみの塩焼きそば

シェフ:村田裕子さん

材料

  • 黄ニラ・・・2束
  • 蒸し麺・・・2袋
  • 豚こま肉・・・100g
  • もやし・・・100g
  • 干しあみ・・・大さじ2
  • サラダ油・・・大さじ1
  • ごま油・・・小さじ1
  • 塩・こしょう・・・各少々
  • 【合わせ調味料】
  • スープの素・・・小さじ1
  • 塩・・・小さじ1/3
  • 酒・・・大さじ1
  • 水・・・大さじ3

作り方

  1. 黄ニラを5センチほどの長さに切る。
  2. 合わせ調味料を作る。
  3. 豚こま肉にさっと火を通す。
  4. 3に蒸し麺をいれ、ふたをして3~4分蒸し焼きにする。
    【ポイント】水を入れずに蒸し焼きにして焼き色をつけて香ばしく!
  5. もやしと干しあみ、合わせ調味料を入れ水分をとばす。
  6. 黄ニラを加え、ごま油、塩こしょうで味付けして完成。
    【ポイント】黄ニラを最後に入れて食感と甘みUP!

2018年6月19日(火)放送

スズキのフライ手作りタルタルソース

スズキのフライ手作りタルタルソース

シェフ:平本光記さん

材料

  • スズキ・・・250g
  • 塩こうじ・・・30g
  • 打ち粉・・・少々
  • パン粉・・・適量
  • 卵・・・1個
  • ゆで卵・・・2個
  • マヨネーズ・・・50g
  • 漬けらっきょう・・・50g
  • パセリ・・・少々
  • レモン汁・・・少々
  • 塩こしょう・・・少々

作り方

  1. スズキに塩こうじをまぶして30分置いておく。
  2. スズキに打ち粉をして溶き卵にくぐらせ、パン粉をつけて180度の油で2分揚げる。
  3. らっきょをみじん切りにして、そこにゆで卵を入れ潰していく。
  4. みじん切りにしたパセリ、マヨネーズ、レモン汁を入れ、塩こしょうで味を調える。

2018年6月12日(火)放送

タコときゅうりの酢の物

タコときゅうりの酢の物

シェフ:平本光記さん

材料

  • きゅうり・・・3本
  • 塩・・・大さじ1
  • みょうが・・・2個
  • たこ・・・50g
  • 酢・・・50ml
  • 水・・・50ml
  • 砂糖・・・25g
  • ごま・・・5g

【作り方】

  1. きゅうりを細長く切り、塩でもみ込み5分ほど置く。
  2. 1の水分を絞り、きれいな水で洗い、水けをしっかり取る。
  3. みょうがを縦に千切りし、軽く水にさらす。たこも一口大に切る。
  4. 酢、水、砂糖で合わせ酢を作る。
    【ポイント】合わせ酢は、酢 1: 水 1: 砂糖 0.5
    【ポイント】水をかつおだしに変更、「土佐酢」に。水をしょうゆに変更、「三杯酢」に
  5. 2、3、ごまを合わせ酢に入れ、あえて完成。

2018年6月5日(火)放送

牛肉とトマトのスープごはん

牛肉とトマトのスープごはん

シェフ:藤田 さやかさん

材料

  • 牛肉(薄切り)・・・70g
  • 冷凍トマト・・・中1個
  • 水・・・200ml
  • スープの素・・・小さじ2
  • 黒こしょう・・・少々
  • しょうゆ・・・少々
  • 青ねぎ・・・適量
  • ごはん・・・180g
  • ごま油・・・少々

作り方

  1. 冷凍トマトを水に漬けながら皮をむき一口大にカットする。
  2. 鍋にお湯を沸かし、牛肉を下ゆでする。
  3. ごま油を引いたフライパンに、ごはんを薄く広げ、表面を焼く。
    【ポイント】ごま油でご飯を焼くと香ばしくなり食感もよくなる
  4. 沸騰したお湯に、スープの素、トマト、牛肉を入れ、しょうゆで味を調える。
  5. 盛り付けたご飯に、4をかけて、ねぎ、黒こしょうをかけて完成。

2018年5月29日(火)放送

かつおのたたきユッケ風

かつおのたたきユッケ風

シェフ:藤田 さやかさん

材料

  • かつお・・・200g
  • みょうが・・・1/2個
  • たまねぎ・・・1/4個
  • 大葉・・・2枚
  • 卵黄・・・1個
  • 【たれ】
  • 焼肉のたれ・・・大さじ2
  • ポン酢・・・大さじ1

作り方

  1. たれを作り、かつおになじませ、ラップをして15分ほど漬けておく。
    【ポイント】しょうゆベース・甘口の焼肉のたれを使う
  2. みょうがとたまねぎをスライスして、水にサっと通して水けを取っておく。
  3. かつおをお好みで皿に盛り付ける。
  4. かつおの上にたまねぎ、みょうが、大葉を盛り付ける。この時、真ん中を少し土手を作るようにくぼませておく。
  5. 卵黄を載せて完成。

2018年5月22日(火)放送

チンゲンサイとベーコンの炒め

チンゲンサイとベーコンの炒め

シェフ:渡邉 律夫さん

材料

  • チンゲン菜・・・250g
  • ベーコン・・・60g
  • サラダ油・・・大さじ2
  • 【合わせ調味料】
  • 塩・・・小さじ1/2
  • 酒・・・小さじ1/2
  • スープの素・・・小さじ1/2
  • にんにくペースト・・・小さじ1/4
  • 水・・・大さじ1

作り方

  1. 切ったチンゲン菜を水洗いして、しっかり水けを切る。
  2. ベーコンを大きめに切り、サラダ油大さじ2とフライパンで加熱する。
  3. ベーコンに火が通ったら、チンゲンサイを加えて中火で炒める。
  4. 合わせ調味料を加えて、フライパンにふたをして30秒加熱する。
    【ポイント】合わせ調味料を入れてふたをするのは30秒!チンゲンサイの食感が残っておいしくなる
  5. 盛り付けたら完成。

2018年5月15日(火)放送

ザージャン麺

ザージャン麺

シェフ:渡邉 律夫さん

材料

  • 【水溶きかたくり粉】
  • 豚ひき肉・・・100g
  • たけのこ・・・40g
  • 生しいたけ・・・40g
  • テンメンジャン・・・100g
  • 白ねぎ(みじん切り)・・・30g
  • ごま油・・・小さじ2
  • 生麺・・・1玉
  • きゅうり(細切り)・・・1/2本
  • 【合わせ調味料】
  • 水・・・200ml
  • スープの素・・・小さじ2
  • 酒・・・大さじ1
  • しょうゆ・・・大さじ2
  • 砂糖・・・大さじ2
  • にんにくペースト・・・小さじ1/3
  • 水・・・大さじ1
  • かたくり粉・・・大さじ1

【作り方】

  1. ひき肉に中火で火を通し、たけのこと生しいたけを混ぜ合わせ軽く火を通す。
    【ポイント】食感を楽しむため具材を大きく切る
  2. テンメンジャン、合わせ調味料を1に入れ、さっと沸騰させる。
  3. 麺をほぐしやすくするため、2のスープを大さじ2ほど盛り付けの器に入れておく。
    【ポイント】先にスープを大さじ2杯くらい器にとっておくと混ぜやすくなる
  4. 白ねぎのみじん切りを2に入れ、水溶きかたくり粉でとろみをつけ、ごま油で香り付ける。
  5. 麺を湯がいて器に盛り、4のあんをかけ、きゅうりを盛り付けて完成。

2018年5月8日(火)放送

まて貝とアスパラのバター炒め

まて貝とアスパラのバター炒め

シェフ:平本 光記さん

材料

  • まて貝・・・150g
  • アスパラ・・・1束(100g)
  • バター・・・10g
  • 塩こしょう・・・少々
  • サラダ油・・・少々
  • しょうゆ・・・大さじ1
  • みりん・・・大さじ1
  • 酒・・・大さじ1

作り方

  1. まて貝は砂抜きをして、アスパラは4分の1の長さに切る。
  2. しょうゆ、みりん、酒を混ぜ、合わせ調味料を作る。
    【ポイント】合わせ調味料を作っておくと手際よく調理できる
  3. フライパンにサラダ油をひき、強火でまて貝を炒める。
  4. 塩こしょうで下味を付け、強火のままアスパラを合わせる。
  5. アスパラがまて貝の汁を吸ったら、合わせ調味料とバターを入れて完成。
    【ポイント】マテ貝のうまみをアスパラにしっかり吸わせる

2018年4月24日(火)放送

簡単れんこんまんじゅう

簡単れんこんまんじゅう

シェフ:平本光記さん

材料(4人分)

  • れんこん・・・200g
  • えび・・・4尾
  • 塩・・・少々
  • みつば・・・お好みで
  • サラダ油・・・少々
  • しょうゆ・・・大さじ1
  • みりん・・・大さじ1
  • 水溶きかたくり粉・・・適量

作り方

  1. すりおろしたれんこんに塩で下味を付ける。
    【ポイント】れんこんはすりおろしだけではなくざく切りにして食感をよくする
  2. 手で混ぜ、四等分したものに、一口大に切ったえびをのせる。
  3. フライパンに油をしき、片面3分ずつ、焼き色がつくまで中火で焼く。
    【ポイント】蒸して揚げるのではなく焼くことで簡単に作ることができる
  4. しょうゆ、みりん、だしを強火で沸かし、火を止めて水溶きかたくり粉でとろみを付ける。
  5. 3に4をかけ、お好みでみつばをのせたら完成!

2018年4月17日(火)放送

シャコのインサラータ

シャコのインサラータ

シェフ:今枝 ゆかりさん

材料

  • フルーツトマト・・・1個
  • セロリ・・・5センチ
  • にんにく・・・適量
  • オリーブ油・・・大さじ2
  • 塩・・・少々
  • シャコ(ゆでて皮むきしたもの)・・・3尾
  • レモン・・・1/2個

作り方

  1. トマトを一口大に切り、セロリをスライスする。
  2. 1ににんにくスライス、オリーブ油、塩を合わせる。
  3. 2にシャコを混ぜて盛り付ける。
  4. レモン果汁をしぼり、皮も削って完成。

2018年4月3日(火)放送

ベイカと春キャベツのぺペロンチーノ

ベイカと春キャベツのぺペロンチーノ

シェフ:今枝 ゆかりさん

材料

  • べイカ・・・5杯
  • 春キャベツ・・・2枚
  • にんにく・・・1片
  • とうがらし・・・1本
  • イタリアンパセリ・・・2枝
  • 白ワイン・・・大さじ3
  • エキストラバージンオリーブ油・・・大さじ3
  • スパゲッティー・・・80g
  • 塩・・・少々

作り方

  1. ベイカの下処理をし、海水と同じ濃度の塩水で洗う。
  2. にんにくスライスとオリーブ油大さじ3をフライパンで加熱する。
  3. 2とベイカを合わせ、白ワインを入れ弱火で炒める。
  4. 3に春キャベツ、とうがらしを入れる。
  5. パスタとイタリアンパセリを絡ませて完成。

お料理指南の講師陣

「できたて!」レシピ お料理指南の講師陣のプロフィール

今枝 ゆかり
今枝ゆかりさん(外資系航空会社勤務を経てイタリア各地で手料理を学ぶ、料理教室主宰)
平本 光記
平本光記さん(倉敷市で海鮮料理に特化した和食料理店を運営)
藤田 さやか
藤田さやかさん(天満屋陸上部の専門調理師、発酵食品を使ったレシピが得意)
村田 裕子
村田裕子さん(管理栄養士・料理研究家、健康とおいしさを兼ね備えた家庭料理が得意)
渡邉 律夫
渡邉律夫さん(陳建民、陳健一氏に師事、岡山県内に2店舗を経営)
内田千尋
内田千尋さん(津山東高校食物調理科卒。フレンチの道へ。2018年度に岡山市内外資系ホテルの料理長に)
Ryokoさん
Ryokoさん(スイーツ修行でイタリアに3年間。帰国後、大手企業でレシピ開発。スイーツ教室主宰)
Page Top