ゲスト

ヘーデンボルク直樹 (ウィーン・フィル チェロ奏者)

ヘーデンボルク直樹 (ウィーン・フィル チェロ奏者)

オーストリア・ザルツブルク出身。スウェーデン人の父と日本人の母のもとに生まれる。
3人の兄弟はみな音楽家で、三人でピアノ・トリオとしても活動。現在、兄のバイオリニスト、和樹さんと共に、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の奏者として活躍中。
幼い頃、お正月には、お雑煮を食べながら、ザルツブルクの家のテレビで「ウィーン・フィル ニューイヤーコンサート」を見て過ごしてきた。
「ウィーン・フィル ニューイヤーコンサート」の舞台では、これまで3回演奏。今年は、NHKの番組に特別出演、コンサートの舞台裏など、ウィーン・フィルのメンバーにしか語れないお話をたっぷりご紹介!

橋本清香 (ウィーン国立バレエ団 第1ソリスト)

橋本清香 (ウィーン国立バレエ団 第1ソリスト)

兵庫県出身。日本やフランスでバレエを学び、ドレスデン歌劇場を経て、ウィーン国立バレエ団で、史上初の日本人の第1ソリストとなった。現在ウィーン国立バレエ団で、夫の木本全優さんと共に活躍中。
2018年で、ウィーンで暮らすようになって丸10年。最初は、お正月のカウントダウンは、友人と街に繰り出していたが、今はヌードルマシーンで鴨せいろを作ってのんびり過ごす。
「ウィーン・フィル ニューイヤーコンサート」の舞台ではこれまで2回踊ったことがある。
今回は、バレエダンサーからみたニューイヤーコンサートの魅力、そして人知れぬダンサーならではの苦労話まで明らかに!

ご案内

鎌倉千秋(NHKアナウンサー)

鎌倉千秋(NHKアナウンサー)

静岡県出身。2001年NHK入局。沖縄放送局・東京アナウンス室・中国への海外派遣研修を経て、東京アナウンス室。音楽が大好きで、幼少よりピアノ・バイオリンを習う。オーケストラではバイオリンが大好きだが、自分自身は歌うのが何よりも好きでカラオケは何時間でもいける。初任地時代に番組のテーマ曲を作曲した経験もあり、いまでも密かに曲を作りためている。2年前に訪れたウィーンでは、ウィーン国立歌劇場、ウィーン・フォルクスオーパーに通いつめ、オペラを堪能。音楽の持つ力と、極限までそれを追求する芸術家の方々に心から畏敬の念を感じている。

Page Top