1月17日放送 金時にんじんでかき天ぷら

日本料理店店主・北岡三千男さん直伝
かきのうまみと金時にんじんの甘みが引き立つ一品

《材料》(2人分)
●かき(加熱用)   【 8コ】
●金時にんじん(すりおろす)【100g】
●水 【100ml】
●小麦粉 【 60g】
●塩 【大さじ1】
●かたくり粉 【 適量】
●揚げ油 【 適量】
●レモン 【 適宜】

【下ごしらえ】
・かきは塩[大さじ1]でよくもんで汚れを落とし、水で洗い流す

【作り方】
1)たっぷりの湯でかきを茹でる
→かきのひだが広がったら、水に取り上げる
2)粗熱が取れたら水けをふき、かたくり粉[適量]を多めにまぶす
3)ボウルに小麦粉[60g]、水[100ml]、すりおろした金時にんじん[100g]を入れてよく混ぜる
4)揚げ油を180℃に熱し、かきに3の衣をつけて入れ、1分30秒間揚げる
5)バットに取り、油をきる
6)器に盛りつけて、レモンと塩(分量外)を添えたら出来上がり

*ポイント1:かきは塩もみして臭みを取り、下ゆでして汚れを取り除く!
*ポイント2:かたくり粉をまぶして、かきから出る余分な水分を吸収&うまみを逃さない!


1月10日放送 ワンダフル ホットドッグ

シェフ・黒越勇さん直伝!
戌(いぬ)年にちなんだ洋食ご紹介

【材料】(8コ分)
●ロールパン [8コ]
●ウインナーソーセージ [8本]
●キャベツ [1/4コ]
●バター [20g]
●サラダ油 [大さじ1]
●カレー粉 [小さじ1/2]
●しょうゆ [小さじ1/2]

●粒マスタード [適量]
●お好み焼きソース [適量]
●マヨネーズ [適量]

【作り方】
・キャベツはせん切りにする

【作り方】
1) ウインナーソーセージは弱火で1~2分ゆで、フライパンで焦げ目がつくまで焼く
2) バターを入れたフライパンで、キャベツをしんなりするまで炒め、カレー粉を加える
3) 香りが立ったら、しょうゆを加えてさっと炒め、皿に取り出し冷ましておく
4) ロールパンに粒マスタードをぬる
5) キャベツ、ウインナーソーセージを挟み、トースターで1分ほど焼く
6)上からお好み焼きソースとマヨネーズをかける

*ポイント1:ウインナーソーセージは弱火でゆでた後に炒めると、ジューシー&香ばしく仕上がる
*ポイント2:キャベツを炒めるときにしょうゆを入れると、味がまろやかになり深みが出る
*ポイント3:パンにマスタードをぬり、冷ましたキャベツをはさむことで、パンがふやけにくくなる


12月27日放送 みかんどら焼き

シェフパティシエ 松下英樹さん直伝
旬のみかんを使ったもちもちどら焼き

【材料】(直径8cm・5コ分)
<生地>
●みかん 【 2コ】
●白玉粉 【 50g】
●炭酸水 【 90ml】
●砂糖 【 20g】
●卵 【 1コ】
●ヨーグルト(無糖でもよい)【 15g】
●サラダ油 【 4ml】
●薄力粉 【 75g】
●ベーキングパウダー 【 5g】

<あん>
●白あん(市販) 【 180g】 
●抹茶パウダー 【 適量】
●砂糖 【 10g】
●いちごジャム 【 20g】

【下ごしらえ】
・みかんは皮をむいて、薄く輪切りにする
・薄力粉とベーキングパウダーを混ぜ合わせておく
・あんで使う抹茶パウダーと砂糖はあらかじめ混ぜ合わせておく

【生地の作り方】
1)ボウルに白玉粉[50g]、炭酸水[90ml]を入れて混ぜる
※白玉粉は炭酸水と最初に混ぜるとダマになりにくい
2)1に砂糖[20g]、卵[1コ]、ヨーグルト[15g]、サラダ油[4ml]の順に加えて砂糖の粒がなくなるまでよく混ぜる
3)2に薄力粉とベーキングパウダーを合わせたものを加えて混ぜる
※薄力粉を最後に加えることでネバリが出にくくなり、生地がふわふわに!
4)180℃に温めたホットプレートに、サラダ油を薄くひき、砂糖(分量外)をひとつまみ入れて、上に輪切りにしたみかんを乗せる
5)みかんを覆うように、たまじゃくしですくった生地を流し入れて焼く
6)5に気泡が出てきたら裏返して焼き、フライ返しで触って弾力がでてきたら皿に取り上げる

【抹茶あんの作り方】
・ボウルに白あん[90g]、抹茶パウダー[適量]と砂糖[10g]を合わせたものを入れて、ゴムべらでこねるように混ぜる

【いちごあんの作り方】
・ボウルに白あん[90g]といちごジャム[20g]を入れて、ゴムべらでこねるように混ぜる

【仕上げ】
・生地にあんを塗ってはさみ、器に盛りつける


12月20日放送 たいの塩釜焼き

管理栄養士・沖野惠子さん直伝!
みんなで囲むパーティメニュー

【材料】(2人分)
●たい 【1匹(800g)】
●酒 【カップ1/4】
●水 【カップ1/4】

●粗塩 【1kg】
●小麦粉 【カップ1】
●卵白 【1コ分】
●水 【適量】

【下ごしらえ】
・たいは内臓・うろこを取ってよく洗い、酒・水【各カップ1/4】に15分ほどつける

【作り方】
1)粗塩・小麦粉をよく混ぜ、卵白と水【適量(カップ1程度)】を加える
2)天板にアルミはくをしき、混ぜた塩の1/3を広げる
3)紙タオル、ハラン(なければクッキングシート)をのせ、その上に水けをふきとったたいを置く
4)尾の下に半分に切っただいこん(分量外)を入れ、尾びれに塩を振ってアルミはくで包む
5)たいの上にハラン、紙タオルをのせ、残りの塩で全体を覆う
6)上からアルミはくで包み、220度に予熱したオーブンで45分焼く

*ポイント:塩釜焼きにすることで、たいのうま味を逃がさず閉じ込める

菊花だいこん

【材料】(2人分)
●大根 【200g】
●卵黄(たいの塩釜焼きの残り) 【1コ分】
●春菊 【適量】

《合わせ酢》
●酢 【カップ1/4】
●水 【カップ1/4】
●砂糖 【大さじ2】
●塩 【小さじ1/2】
●赤とうがらし 【1本】

【下ごしらえ】
・卵黄を弱火であたためた鍋に入れ、菜箸でしっかり混ぜながら乾煎りにする

【作り方】
1)大根は下を5ミリ程度残して、縦横の格子状に切れ込みを入れる
2)切った大根を塩水につける
3)大根の水けをよく切り、合わせ酢につける
4)しんなりするまでつけたら、中心に卵をのせて春菊をあしらって完成

*ポイント:大根はビタミンC・食物繊維を多く含み胃腸の調子を整えてくれる


12月13日放送 鶏肉のゴルゴンゾーラ風味

シェフ・黒越勇さん直伝!
とっておきのクリスマス料理

【材料】(4~5人分)
●鶏もも肉 [480g]
●生しいたけ(中) [12枚]
●じゃがいも(メークイン) [2コ]
●ゴルゴンゾーラ [80g]
●チキンスープ(洋風) [100ml]
●フレンチマスタード [適量]
●パン粉 [適量]
●イタリアンパセリ [適量]
●サラダ油 [適量]    
●塩・こしょう [少々]

【下ごしらえ】
・鶏もも肉に塩・こしょうをする
・生しいたけはサラダ油を加えたフライパンで炒め、4等分にする
・じゃがいもは水からゆで、竹串がすっと通るようになったら取り出して5ミリにスライスする
・ゴルゴンゾーラは小さくちぎる

【作り方】
1)強火のフライパンでサラダ油を温め、鶏もも肉を皮から加える
2)音が小さくなったら中火にし、両面に焼き色がつくまで焼く
3)鶏肉を取り出し、大きめの一口大に切ったら耐熱皿に入れる
4)しいたけ・じゃがいもを鶏肉の間にはさみ、上からゴルゴンゾーラをのせる
5)チキンスープ(洋風)を加え、上からフレンチマスタードをかける
6)パン粉・みじん切りのイタリアンパセリを上にのせる
7)180度に予熱したオーブンで15分焼いたら完成

*ポイント:フライパンで焼いた鶏もも肉は、あとからオーブンで火を入れるので半生でもよい


Page Top