10月18日放送 ローマの家庭料理・サルティンボッカ

管理栄養士・沖野惠子さん直伝!
簡単で豪華な肉料理

【材料】(2人分)
●豚ひれ肉 【160g】
●生ハム 【4枚】
●セージ(生) 【適量】
※バジルやローズマリーなどお好みのハーブで良い

●小麦粉 【適量】
●オリーブ油 【大さじ2】
●白ワイン 【大さじ2】
●スライスチーズ 【2枚】

●トマトソース(缶詰) 【1/2缶】
●トマトケチャップ 【小さじ1】
●ウスターソース 【小さじ1】

<付け合わせ>
●エリンギ 【1本】
●なす 【1/2本】

【下ごしらえ】
・豚ひれ肉は4等分に切り、5ミリの厚さにたたいて伸ばす
・エリンギは縦4等分、なすは縦4等分にして皮に格子状の切れ込みを入れる
・スライスチーズは半分に切る
・トマトソース(缶詰)、トマトケチャップ、ウスターソースを鍋であたためる

【作り方】
1)豚ひき肉にセージ、生ハムをのせてしっかり押さえ、薄く小麦粉をつける
2)フライパンにオリーブ油を熱し、肉を生ハム側から加えて中火で焼く
3)エリンギ・なすを加える
4)肉の両面に焼き色がついたら、白ワインを加える
5)エリンギ、なすを取り出して火を切る
6)肉の上にスライスチーズをのせて、アルミはくでフタをする
7)余熱でスライスチーズがとけたら、トマトソースを敷いた皿に盛り付けて完成

*ポイント:生ハムの塩気で味をつけるので、肉に塩・こしょうはしない

梨のヨーグルトサラダ

【材料】(2人分)
●梨 【1/2コ】
●えび(殻付き/無頭) 【4匹】
●レタス 【150g】

<ヨーグルトのフレンチドレッシング>
●プレーンヨーグルト(無糖) 【カップ1/4】
●マヨネーズ 【大さじ1】
●白ワインビネガー 【小さじ1】
●砂糖 【小さじ1】
●塩 【小さじ1/3】
●こしょう 【少々】

【下ごしらえ】
・梨は皮をむいて5ミリのいちょう切り
・えびは背ワタを取って、塩(少々)・酒(大さじ1)を加えた熱湯でゆでる
⇒冷水にとって殻をむき、3等分にする
・レタスは洗って一口大にちぎり、水けをよく切る

【作り方】
1)ドレッシングの材料をボウルでよく混ぜる
2)食べる直前に梨・レタスとドレッシングをあえる
3)皿に盛ってえびをあしらう

*ポイント1:使う梨は、甘みがさっぱりしている二十世紀梨がおすすめ
*ポイント2:ドレッシングは油の代わりにヨーグルトを使うことでカロリーオフ


10月11日放送 きのこ炒めを使って ふわトロ焼き&しょうが汁

日本料理店店主・北岡三千男さん直伝
きのこを使った2品

《材料》(2人分)
<きのこ炒め>
●エリンギ(大) 【 1本】
●しめじ 【1/4パック】
●生しいたけ 【 2枚】
●えのきだけ 【1/4パック】
●まいたけ 【1/2パック】
●塩・こしょう 【 適量】
●サラダ油 【大さじ2】

<ふわトロ焼き>
●山芋(大和芋) 【 60g】
●溶き卵 【 2コ分】
●しょうゆ 【 お好みで】
●サラダ油 【 大さじ1】

<しょうが汁>
●しょうが(すりおろす)【 大さじ1】
●小松菜 【 1ワ】
●だし 【 カップ2】
●うす口しょうゆ 【 大さじ1】
●水溶きかたくり粉 【 大さじ2】
*かたくり粉を同量の水で溶く

《きのこ炒めの下ごしらえ》
・エリンギは、軸の部分を短冊切りにし、かさの部分は5mm角に切る
・しめじは石づきを切り落としてばらし、二等分の長さに切る
・生しいたけは軸の部分を切り落として、5mm角に切る
・えのきだけは石づきを切り落として、根元を竹串などでほぐし、2~3cmの長さに切る
・まいたけは手でほぐす
《きのこ炒めの作り方》
1)フライパンにサラダ油[大さじ2]をひいて強火で熱し、エリンギ、しめじ、生しいたけ、えのきだけ、まいたけの順に入れて炒める
2)きのことサラダ油が絡んだら、塩・こしょうをしてさらに炒める
3)最も火の通りにくいエリンギを目安にしんなりしたら火を止めて、皿に取りあげる

ポイント:きのこは強火でサッと炒めて食感をいかす

《ふわとろ焼きの作り方》
1)大和芋は皮をむいてすりおろす
2)1と<きのこ炒め>の半分を混ぜ合わせる
3)フライパンにサラダ油[大さじ1]をひいて強火で熱し、溶き卵を流し入れる
4)卵の上に2を流し入れ、卵が固まりはじめたら2を包むように手前から向こうに巻きつけながら焼く
5)焼き上がったら器に盛って出来上がり

ポイント:粘り気の強い大和芋を使うと、卵で巻きやすく風味も良い

《しょうが汁の作り方》
1)フライパンにだしと残りの<きのこ炒め>を入れて火にかける
2)だしが沸いたら、うす口しょうゆを入れる
3)うす口しょうゆがなじんだら、2~3cmの長さに切った小松菜を入れる
4)小松菜がしんなりしたら、水溶きかたくり粉を入れる
5)とろみがついたら、すりおろしたしょうがを入れて混ぜ、火を止め器に盛る

ポイント:しょうがは最後に入れて、香りを引き立たせる


10月4日放送 お月見スコッチエッグ

シェフ・黒越勇さん直伝!

【材料】(4人分)
●合いびき肉 【300g】
●ゆで卵 【4コ】

< つなぎの材料 >
●玉ねぎ(みじん切り) 【1/4コ】
●パン粉 【10g】
●卵 【1コ】
●ケチャップ 【大さじ1】
●牛乳 【大さじ2】
●赤ワイン 【大さじ1】

< 衣 >
●とき卵 【適量】
●小麦粉 【適量】
●パン粉 【適量】

●あげ油 【適量】

< 付け合わせ >
ベビーリーフなど

【下ごしらえ】
・玉ねぎ(みじん切り)は炒めて冷ましておく

【作り方】
1)つなぎの材料は、あらかじめ別のボウルで合わせ、ひき肉の入ったボウルに流し入れる。
2)手の熱が伝わらないようにすばやく混ぜる。
3)混ざったら、ゆで卵1コに対し100gの分量で包んでいく。
4)小麦粉をまぶし、卵をからめたらパン粉をたっぷりまぶす。
5)180℃の油できつね色になるまで揚げる。
6)揚がったら半分に切り、盛りつけて完成。

柿のクリームチーズあえ

【材料】(2人分)
●柿 【1/4コ】
●スモークサーモン 【4枚】
●クリームチーズ 【20g】

【下ごしらえ】
・柿は皮をむいて一口大に切る
・スモークサーモン、クリームチーズもそれぞれ一口大に切る

【作り方】
1)柿が入ったボウルにスモークサーモン、クリームチーズを入れ混ぜる。
2)混ざったら盛りつけて完成。


9月27日放送 ピオーネのクラッシュゼリー

シェフパティシエ・松下英樹さん直伝
旬のくだものを使ったスイーツ

《材料》(約150mlの器2コ分)
●ピオーネ 【 8コ】
●砂糖 【 48g】
●粉末ゼラチン 【 5g】
●レモン汁 【 10ml】
●白ワイン 【 15ml】
●水 【230ml】
<仕上げ>
●炭酸水
●ミント

《下ごしらえ》
・水は冷蔵庫で冷やしておく

《作り方》
1)鍋に砂糖、粉末ゼラチン、レモン汁、白ワイン、水を分量のうち30ml入れてあわせ、火にかけて混ぜる
2)粉末ゼラチンが溶けたら火を止める
3)残りの水を入れてヘラで優しく混ぜる
※泡が立たないように
4)金属製のバットに流し入れて、冷蔵庫で約1時間冷やし固める
5)ゼリーをフォークでほぐして細かくし、ピオーネとあわせる
6)器に盛り、炭酸水を注いだらできあがり

あまぐりのしっとりボーロ

《材料》(約5cm×15コ分)
●あまぐり 【 適量】
●ピーナツ 【 適量】
●卵 【 1コ】
●砂糖 【 35g】
●白みそ 【 6g】
●米粉 (製菓用) 【 40g】
●重曹 【ひとつまみ】

《下ごしらえ》
・卵は溶きほぐしておく
・天板にオーブン用の紙を敷いておく

《作り方》
1)ボウルに卵、砂糖を入れて混ぜる
2)砂糖が溶けたら、みそを入れて細かくなるまで混ぜる
3)米粉、重曹を入れて、液体と少しずつ合わせながら混ぜ、絞り袋に入れる
4)天板に生地を絞り、あまぐりとピーナツを乗せる
5)200℃に予熱したオーブンで約10分間焼いたらできあがり


9月20日放送 鶏ひき肉の袋煮

管理栄養士・沖野惠子さん直伝!

【材料】(2人分)
●油揚げ(すし揚げ) 【4枚】
●鶏ひき肉 【100g】
●にんじん 【30g】
●干ししいたけ 【2枚】
●砂糖 【小さじ1】
●酒 【小さじ1】
●しょうゆ 【小さじ1】
●かたくり粉 【小さじ1】

●だし 【250ml】
●しいたけの戻し汁 【50ml】
●砂糖 【大さじ1】
●みりん 【大さじ1】
●酒 【大さじ1】
●しょうゆ 【大さじ1+1/2】

< 付け合わせ >
●さやいんげんなど

【下ごしらえ】
・油揚げは端の片方を切って袋状にし、切れ端は細かく刻んでおく
⇒鶏肉が入ったボウルに入れる
・にんじんはみじん切りにしておく
・干ししいたけは柔らかく戻して、みじん切りしておく
⇒しいたけの戻し汁(50ml)は、だし(250ml)と混ぜ合わせておく
・ようじの片側にレーズンを刺しておく
・いんげんは筋を取り、熱湯に塩(適量)を入れて下ゆでし、斜め2等分に切っておく

【作り方】
1)鶏肉と油揚げが入ったボウルに砂糖、酒、しょうゆ、にんじん、しいたけの順で入れ最後につなぎのかたくり粉を入れ混ぜる
2)よく混ざったら油揚げに入れてようじで縫うように口を閉じ、レーズンを刺す
3)2)を閉じ口を上にして、隙間なく鍋に並べていく
4)だし(300ml)と調味料を入れ、落としぶたをして煮込む
5)だしが3分の1になるまで煮込んだら火を止め、器に盛り付ける
6)だしをかけ、いんげんを添えたら完成

*ポイント1:だしにしいたけの戻し汁を入れることでうまみアップ!
*ポイント2:鶏肉にはタンパク質が豊富で胃の粘膜を保護してくれる働きがある!

豆腐のもずくあえ

【材料】(2人分)
●もめん豆腐 【1/2丁(150g)】
●もずく(味付き) 【1パック】
●梅干し 【1コ】
●だししょうゆ 【小さじ1】

【下ごしらえ】
・豆腐は紙タオルに包み水切りする
・梅干しは果肉を細かくたたき、だししょうゆを混ぜておく

【作り方】
1)豆腐をスプーンで食べやすい大きさにすくってボウルに入れる
2)もずくを入れてあえる
3)器に盛り付け梅肉を乗せたら完成

*ポイント1:梅のクエン酸は胃腸の働きを助け、タンパク質の消化をよくする!
*ポイント2:もずくに含まれる水溶性食物繊維は胃病の予防に効果的!


Page Top