豪雨その時・命を守るために

シリーズ特集「豪雨その時・命を守るために」。災害が発生する前に避難するためには何をどう見極めればいいのか。3回シリーズでお伝えします。

私はこうして逃げた!(19.05.23)

九州北部豪雨では急激な雨量増加と河川のはん濫で大きな被害が出た。雨が降り続く中、気象庁の雨量データや予測、過去の経験をもとに、自宅周辺の川の異変も察知しながら避難した人がいる。周りの人にも呼びかけながら早めの避難につながった。災害が起きる前に逃げた実例を紹介する。


洪水の“危険度”を知る(19.05.22)

集中豪雨や降り止まない雨の時、川がどんどん増水。氾濫する前に、災害が起きる前に逃げるためには、どういう情報を収集したらいいのか。自ら情報を取りに行って避難に備える方法をお伝えします。


土砂災害の“危険度”を知る(19.05.21)

降りやまない雨、滝のような集中豪雨に遭遇した時、災害が発生する前に逃げるためには何をどう見極めればいいのか。気象庁のホームページには、雨量の実況や予測など最新の情報が公開されています。自分で情報を取りにいって見極める方法を紹介します。

Page Top