万博が開催されたイタリア・ミラノ(2015年)。その下町にできた、アンブロジアーナ食堂では、万博会場で出た余りものの食材を使って、世界の名シェフたちが交代で料理を作り、職を失った人たちや子どもたちに無料で提供することになった。普段とは違う限られた食材。しかもその日になってみなければ何が届くかわからない。いったい何を作れば喜んでもらえるか。6人のシェフたちの知恵を絞った料理づくりに密着する。

Page Top