写真家・星野道夫が亡くなって20年。その本の一冊が様々な人によってリレーされ、今なお世界中を旅しています。それぞれの人生に大きな影響を与えた本の魅力に迫ります。

Page Top