黒門町の伝七(でんしち)は罪を憎んで人を憎まず。粋で優しい岡っ引き。 遠山奉行から預かった紫房(むらさきぶさ)の十手にかけて、悪い奴らは許さねぇ。 恋女房の切り火に送られ、お江戸の悪をくじくため、伝七親分は今日も行く。 父・中村梅之助の当たり役、ご存知「黒門町の伝七」を、今、梅雀が受け継ぐ。平成によみがえる「伝七捕物帳」。乞うご期待!!

Page Top