このページを閲覧する場合は、「Javascript」の設定を有効にする 必要があります。

放送予定


再放送予定


過去の放送

予告動画

NHKスペシャル「ドラマ 戦艦武蔵」【3分PR

番組紹介

28歳の介護職員の真中麻有(石原さとみ)は、ある人物を探しに四国に旅に出た。麻有が探しているのは、武蔵の元乗組員の木山三男(津川雅彦)。実は、麻有の祖父・俊之は戦艦武蔵の元乗組員。その祖父がどのような最期を遂げたのかを知りたいと、年老いた祖母・ふみ(渡辺美佐子)とともに旅に出たのだ。お遍路に出ていた俊之の戦友、木山を何とか探し当てたふたり。そして、そこに現れた謎の若者、篠原徹(勝地涼)。木山から聞かされたのは、思いがけない事実だった。
封印を解かれた70年前の記憶。祖父が愛する人のために残した最後のメッセージが今明かされる・・・。

【キャスト石原さとみ 勝地涼 渡辺美佐子 津川雅彦/吉沢悠 泉澤祐希 篠田三郎 市毛良枝 石丸謙二郎 山本學 ほか
【作・演出 岡崎栄
【音楽
笠松泰洋

登場人物

真中麻有(28)/石原さとみ

東京・北区の高齢者施設「ひまわりの里」に勤めている介護士。幼い頃からおばあちゃん子で、祖母のふみとは今でも大の仲良し。祖父の俊之は戦地で亡くなったため、祖父とは会ったことがない。年々年老いていくふみを見るにつけ、祖父がどんな人だったのかをおばあちゃんに教えてあげたい、自分自身も知りたい、という思いが募り、その手がかりを求めて祖父の戦友を訪ねて回っている。

真中麻有(28)/石原さとみ

真中ふみ(89)/渡辺美佐子

麻有の祖母。十代の頃、故郷の鹿児島で幼なじみの俊之と出会って結婚したが、すぐに夫が武蔵の乗組員として出征、その間に男の子・賢治を生んだ。しかし夫が戦地から帰ることはなく、女手一つで賢治を育てながら昭和、平成を生きてきた。孫の麻有が、自分のために夫の戦死の真実を一生懸命に探ってくれていることを受け入れつつ、夫の死を知ることにためらう気持ちもあり、心中は複雑である。

真中ふみ(89)/渡辺美佐子

篠原徹(29)/勝地涼

麻有やふみたちが旅先の四国で出会うお遍路の青年。若者向けのコミック誌を出している小さな出版社のイラストレーターで、将来は一流の劇画作家になりたいという夢を持っている。一見ノリがいいだけの若者に見えるが、場の空気を和ませる不思議な雰囲気もあわせもつ。そんな彼が何故一人きりで遍路の旅に出たのか、次第に明らかになる。

篠原徹(29)/勝地涼

木山三男(89)/津川雅彦

元・戦艦武蔵の乗組員で、艦上ではふみの夫・真中俊之の分隊の機銃員だった。生まれ故郷の大分で甥が経営する自動車工場に勤めていたが、6年前に妻を病気で亡くしてからは会社を辞め、毎年四国のお遍路に出かけている。それには妻を弔うだけではない、大きな動機があったのだが、誰にも語ったことはない。心を閉ざし、ただ黙々と遍路を続けるだけの余生だったが、目の前に戦友の妻・ふみが現れて…。

木山三男(89)/津川雅彦

真中俊之(26)/吉沢悠

麻有の祖父。大学では英文学を専攻、海軍では優秀な少尉だった。若くして幼なじみのふみと結婚した後、武蔵の乗組員として南方へ向かった。レイテ沖の海戦では分隊の指揮を執ったが、米軍の激しい攻撃で武蔵は沈没。駆逐艦に救われたものの、そのまま日本に帰ることは叶わず、数奇な運命を辿ることに。重傷を負い、日本に帰る望みが絶たれたことを悟ったとき、部下の木山三男に、ある言葉を託す…。

真中俊之(26)/吉沢悠

青年時代の木山三男(18)/泉澤祐希

志願兵として海軍に入隊し、昭和19年4月、18歳で戦艦武蔵に乗艦。上等水兵。レイテ沖海戦では、三連装機銃の装填手として真中俊之分隊士の指揮下にあった。武蔵が撃沈された後は、真中とともに駆逐艦に救助され、コレヒドール島の陸上防備に配置された。その後、コレヒドール島での激しい戦闘をかろうじて生き延び、日本に生還する。

戦艦武蔵とは

全長263メートル、総排水量72,809トン。常識を超える厚さの「巨大甲板」、世界最大の「46センチ主砲」を持つ武蔵は、大和と同型艦。いかなる攻撃でも沈まない“不沈艦”として造られました。
1944年10月24日のレイテ沖海戦。大和と共に出撃したが、アメリカ軍の猛攻を集中的に受けて、味方の援護もなく孤立。魚雷、爆弾合わせて40発以上という、世界軍艦史上最多の被弾により沈没しました。戦死者は乗組員2 ,399名のうち1 ,023名にのぼります。※数字には諸説あります。
この戦いを生き延びた元乗組員や戦死者たちの遺族にとって、去年3月の武蔵の発見はその心を大きく揺さぶるものでした。夫や父がどこでどのように死んだのか知りたいと願ってきた者、自分だけが生き残ったという罪の意識に苛まれ続けてきた者、不沈艦武蔵の沈没を認めず今回の発見を否定し固く心を閉ざす者・・・。
私たちは、今や高齢化し健在する人が少なくなりつつある武蔵の元乗組員たち、遺族を取材し70年の時を隔てて武蔵と“再会”した彼らの思いをドラマ化しました。合わせて、攻撃を受けて撃沈されるまでの9時間にわたる武蔵の戦闘をVFXによって再現、迫力ある映像なども駆使しながら、元乗組員と遺族のメッセージを描きます。

ドラマ 戦艦武蔵
ドラマ 戦艦武蔵

ドラマ 戦艦武蔵

ドラマ 戦艦武蔵

ドラマ 戦艦武蔵