違って聞こえる・・・あの時とは――。
オトナだからこそ、楽しめる「子ども音楽」がある。

幼い頃、何気なく耳にしてきた「子ども音楽」。
その舞台裏をさぐると、そこにはアーティストたちの曲作りへの思いやアイデアがあふれていました。さらに、「子ども音楽」からニッポンの姿も見えてくる!?
オトナになった今だからこそ、さらに味わい深く聴ける「子ども音楽」の魅力を掘り下げます。

Page Top