放送後記

④画像左寄せ

9月27日 第4回 「今こそ一緒に考えよう!群馬の防災」

こんにちは!

9月のパーソナリティを担当しました小島桃子です。

FMほっとアワーを担当すると決まった時は

「生放送で40分!話すことあるのかな?」なんて思ったりもしましたが

40分はあっという間でした!

色々なハプニングはありましたが、無事放送することができてほっとしています(笑)

 

 9月のテーマは「防災」について。

ことしに入ってから全国各地で地震や豪雨災害、土砂災害などが相次いでいる中、

群馬に住む私たちはどう備えたらいいのか考えていこうという内容でした。

ゲストは防災に詳しい群馬大学・災害社会工学研究室の金井昌信准教授。

桐生生まれ・桐生育ちの群馬県民!物腰やわらかな方でした^^

 

まずはじめに金井さんからあったお話は

「群馬・安全神話」はまったく科学的根拠はないということ!

 

「群馬・安全神話」とは、

「群馬は災害に強い県だ」「群馬は地盤が強いから地震にも強い」など

根拠のないうわさ話のこと。

群馬県はここ数十年大きな災害に見舞われていないため

こういった話があちこちで良く聞かれています。

 

今回のFMほっとアワー、裏テーマとしては

「脱・安全神話!」ということで40分お送りしました。

金井さんの専門である、防災教育や地域の防災についてお話や

最近防災食として注目されているアルファ化米もご紹介しましたよ~

 

アルファ化米は、一度炊いたお米を乾燥させたもの。

お湯や水でもどしてから食べる保存食のひとつです。

今回は実際に放送中にアルファ化米にお湯を入れ、15分後にタイマーをセットし、

出来上がりを待つ間番組を進めました!

(金井さんからは「生放送っぽいですね」という声をいただきました笑)

 

防災食のコーナーでは

藤岡市の食品会社でアルファ化米を製造・販売している黛勇気さんに

ゲストに加わっていただきお話を伺いました
 

アルファ化米は非常袋に入れておくだけでなく、

家庭の食品棚にうどんやパスタと一緒において日常的に食べて欲しいということや

日常に防災食を入れることが、意識を高めることにつながるということでした!

 

私は生放送中にひじきごはんのアルファ化米をいただきました♪

初めて食べましたが、想像していたよりも、ふっくらしたごはん!感激しました。

実は本番中、熱々のアルファ化米を欲張って口に入れすぎ、

上手く話せず、金井さんと黛さんに助けていただいたのは内緒です(笑)

キャスターとしては???ですが、

いやいや、それくらいアルファ化米、美味しかったんですよ!!

 

黛さんによると、アルファ化米のおすすめの食べ方は

これからの時期、お鍋のシメで雑炊に!!

乾燥させたお米なので、味のしみもよく、

雑炊のためにご飯を炊く手間も省けて一石二鳥!

これならすぐ取り入れられそうですよね^^

 

番組制作を通して感じたのは、

「群馬は安全だから大丈夫」と過信するのではなく、

「防災って堅苦しいし面倒」と敬遠するのではなく、

日常に防災を取り込むという意識が大切なんだということでした。

私は家に帰ってから、しまいっぱなしの防災リュックを引っ張り出し、

中身をチェックした上で押し入れの最前段に移動させました。

肩肘を張らず、まず出来ることから始めてみるのが良いかもしれませんね^^

 

防災をテーマにした9月のFMほっとアワー、いかがでしたでしょうか。

次回もどうぞお楽しみに♪

Page Top