JRや私鉄を走っていたなつかしの鉄道車両がミャンマーで大活躍。なんとあの「北斗星」も!どんな第二の人生を歩んでいるのか。六角精児が現地に飛び、車両と感動の再会!

Page Top