古来、月を愛し月と共に暮らしてきた日本人。今も各地に残る、旧暦に従った様々な“月との営み”を紹介。観月のために建てられたといわれる銀閣寺で“至高の月見”を催す。

Page Top