ノーベル文学賞受賞後も精力的な活動を続け、今年77歳を迎えた「ロック界の最重要アーティスト」ボブ・ディラン。今回は、貴重な彼のパフォーマンスが存分に楽しめるコンサート映画「トラブル・ノー・モア」(2017年制作)をお届けします。
中心となるのは、1980年カナダ・トロントでのライブ。この時期、ディランはキリスト教に傾倒し、ゴスペルのような曲を次々と発表。ステージでも黒人女性ボーカルと実力派ミュージシャンを従え、力強く表情豊かなパフォーマンスを繰り広げています。
また、映画化にあたり、曲間に俳優マイケル・シャノン(映画「シェイプ・オブ・ウォーター」ほか)演じる宣教師の一人芝居が挿入されましたが、番組ではその部分の日本語吹替えを吉田鋼太郎さんが演じています。

Page Top