ロック史に残る永遠の1枚と呼ばれるアルバム「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」が発表されてから50年。未発表の音声テープをもとに、レノンやマッカートニーら4人のメンバーが5ヶ月にわたってアビーロードのスタジオで試みた、多彩で奇想天外な音楽的実験や収録手法を徹底解剖する。案内役はイギリスの作曲家ハワード・グッドール。ジャズやクラシック、外国音楽がロックに融合していく過程を、楽器を実演しながら、素人にも分かりやすく説明。「ア・デイ・イン・ザ・ライフ」「ストロベリー・フィールズ・フォーエバー」「ペニー・レイン」などの名曲の数々が誕生した舞台裏・・・ロンドンから届いたファン必見の作品です。

Page Top