【Aチーム(和知徹&渡部建)】

「夏にぴったり!シチリア風 鉄板ジュージューステーキ」

シチリア風 鉄板ジュージューステーキ

材料(4人分)
・常温に戻したアメリカ産牛肉肩ロース 800g(厚さが4~5センチのかたまり肉)
・塩9.6g(厚みが4~5センチならば肉の重さに対して1.2%の塩)
・こしょう 3つまみ
・すましバター50g(無塩バターを電子レンジにかけ分離した上澄みが「すましバター」。市販のバター62.5gをレンチンすれば、すましバター50gができる)
・玉ねぎ 1個 厚めの輪切りにする
・ニンニク 1片 薄切りにする
・赤パプリカ、ナス、ズッキーニ(各1個。へたなどをとり、半分に切って塩少々を振っておく)
・バルサミコ酢、オリーブオイル 各適量

作り方
●肉の下準備→焼き
0-事前に肉の表と裏、側面に塩こしょうする。タマネギ輪切りを肉に乗せておくと、タマネギの酵素の働きで肉が軟らかくなる。香りづけのニンニクもスライスして肉に乗せておく。
1-フライパンを熱し、すましバターを入れ中火にかける。
2-すましバターと肉汁をスプーンでかけながら肉を焼く。時間は表面4分、側面1分づつ、裏面5分。その間、常にすましバターと肉汁をかけ続ける。
3-焼けたら、皿に取りだし肉を休ませる。焼いた時間だけ(11分)寝かして、余熱で火を入れる。

●ソース(肉を休ませている間に)
1-同じフライパンで、肉に乗せていたタマネギとニンニクを焼き、焼き上がったら、まな板で粗みじん切りにする。
2-肉のうま味の残ったフライパンに、バルサミコ酢適量をいれて火にかけながら、肉のうまみをこそぐ。
3-ボールなどで1と2を混ぜ合わせ(バルサミコ酢の量は、タマネギが浸るより多いくらい)、塩こしょう少々と、オリーブオイル大さじ2で味を整える。

●仕上げ&盛りつけ
・野菜はフライパンで蒸し焼きにして、大きくざく切りにする。
・休ませていた肉を、フライパンで再加熱。そこにソースをかけてジュージュー感を楽しむ。
・皿に盛って完成。


【Bチーム(五条まあさっちん&川田裕美)】

「7色の野菜が映える牛肉のオイルフォンデュ風」

牛肉のオイルフォンデュ風

材料(4人前)
・オーストラリア産牛バラ肉 600グラム(1人前150g)
(割と厚めのものが良い。赤身でもOK。野菜をまくので牛丼用など細長く切られた肉がおすすめ)
・サラダ油 200ml 
・酢 150ml(3/4カップ)
・醤油 66ml (1/3カップ)
・バター 大さじ1
・紫キャベツ 1/4玉 千切り
・万能ねぎ 5本ほど 3cm幅にカット
・胡瓜 1本 細切り
・コーン 150g (缶の場合はさっと湯がく)
・ニンジン 1本 千切り
・オクラ 4本ほど (塩をまぶして、まな板の上でゴロゴロ転がした後、さっと湯がく)
・キムチ 150g

作り方
●特製オイルを作る
1-サラダ油、酢、醤油、バターを小鍋に入れて弱火であたためる(2分程。沸騰させ過ぎると油が飛ぶ可能性があります)

●特製オイルでお肉をしゃぶしゃぶ
1-オイルに肉を20秒〜30秒くぐらせて取り出す(牛肉なので少し赤みが残るくらいで大丈夫)。
2-肉を2〜3枚同時にしゃぶしゃぶする場合は少し長めに(40秒〜50秒)。
3-肉全てを特製オイルにくぐらせたら、ラップをして約30分〜1時間冷蔵庫に入れて冷ます(お好みで常温のまま食べてもOK)。
4-肉の旨みが出た特製オイルは冷蔵庫に入れて冷やし、ドレッシングとして使用する。

●盛り付け~完成
1-冷やした肉を中央に高く盛り、野菜やキムチなどを肉の周りに盛り付ける。
2-冷やしておいた特製オイルをかけ完成。野菜をお好みで肉に巻いて食べる。

【カスパ!「牛脂の甘辛煮」】
材料
牛脂(※溶けないもの) 適量
みりん、醤油(1:1の割合が基本だが、好みに合わせて)

作り方
1-牛脂を鍋に入れ、ひたひたの水で煮る。
2-牛脂に火が通ったら、醤油とみりんを加えて煮詰める。
3-焦げないように煮詰めたら完成。冷めたら固まるので注意。


Page Top