学校帰り、NHKにちょっと“よりみち”しませんか?秋田の10代、20代の今を伝えるラジオ番組。部活、恋愛、トレンド、様々な話題について、県内の若者の声を集めて伝えます。秋田でユニークな活動をしている部活やサークルの皆さんにも来てもらい、パフォーマンスも披露。MCは秋田弁を駆使するお笑いコンビねじ。2人による秋田弁講座も。NHK秋田1Fロビー「メディアパーク」から公開生放送。誰でも遊びに来てください!

次回の放課後ラジオ よりみちこまちの放送は、6月26日(金)午後5時05分から!
内容は決まり次第お伝えします!

5月22日(金)の収録の様子…

リモートでよりこま

今回も公開ではなく、スタジオからののナマ放送。

ねじもリモートで

MCのねじのお二人は東京からリモート参加です。ササキさん金髪化!

引き続きユニット名募集中

ちなみに倉沢・浅田のユニット名は、現状「ねじ回し」の一票のみです!
これで決まるのか!

放送部の思い

秋田高校放送委員会の塩畑逸貴さん。
NHK放送コンテストが中止となった今の思いを、電話で語って下さいました。
自分で取材したニュースも披露!

先輩の実力は・・・

塩畑さんが作ったニュースを浅田アナも読んでみました!
噛んでないですよ、ええ。かんでないですって。


新型コロナウイルスの影響を受ける若者たちへ、秋田出身のあの方達からのメッセージです!
※メッセージの内容は4月24日放送時点のものです

茜屋日海夏さん(声優・由利本荘市出身)

「放送後ラジオ よりみちこまち」をお聞きの皆さまこんばんは、茜屋日海夏(あかねやひみか)です。
 
最近は皆さまご自宅で過ごすことがほぼかと思いますけれども、いかがお過ごしでしょうか?
私はですね、結構これまで当たり前にお仕事とかで外に出たりしていたので、
おうちの中で、本当は時間があったらやりたかったなあとかっていう、
心にゆとりも出来たので、やりたかったことをたくさんできてて、意外と家の中でも楽しめています。
 
例えば、私絵を描くのが好きなので絵を描いたりとか、少女漫画を読むのが大好きなので、少女漫画たくさん読んだりとか。
もちろん、家の中でできるトレーニングとかもありますし、
後は家に愛犬のあられちゃんがいるので、一緒に楽しく過ごしています。
 
きっと家の中でもたくさん楽しめることあると思いますし、私もたくさん発信していけたらいいなと思いますので、
みんなでこの大変な状況を乗り越えていきましょう。

佐々木希さん(女優・秋田市出身)

「放課後ラジオ よりみちこまち」をお聞きの皆さん、こんにちは。佐々木希(ささきのぞみ)です。
秋田の学生さんの現状をお聞きしました。
県内多くの学生の皆さんは、学校に通えず、気軽に外出もできず、そしておうちにいる時間が増えたかと思います。
 
そんな状況の中、皆さんは何をして過ごしていますか?
私は、普段なかなか出来ていなかった、ミシンを引っ張りだして、おうちにある生地を使って
マスクやバッグを作っています。
そして、きちんとご飯を食べておうちで運動をしています。
 
あと、最近よくやっていることは、今まで秋田で撮ったたくさんの写真をテレビに映して家族で見ることです。
どの写真を見ても、本当に景色が良くて、そして美味しいものがたくさん映っていて、
早く秋田に帰りたいなあなんて想像しながら楽しんでいます。
 
みなさんもぜひ自分なりの楽しみを見つけて、今この時間を生かして、いろいろなことを学びそして感じながら
おうち時間を過ごしてほしいなと思います。
今は我慢することが多いと思いますが、明るい未来のために一緒に頑張りましょう。
以上、佐々木希でした!まずな~へばな~!

高橋優さん(ミュージシャン・横手市出身)

「放課後ラジオ よりみちこまち」をお聞きの皆さんこんばんは、高橋優(たかはしゆう)です。
秋田の皆さん、いまどのような感じでお過ごしでしょうか?
 
僕自身はですね、秋田の実家だったり、秋田に住んでいる友達と基本的には毎日いろんな形で
連絡を取り合ったりしながらですね、お互いの近況報告をしたりしながら、
自粛する部分は自粛しつつ、部屋の中でできることだったりとかね、
自分の身の回りでできることを着々とですね、進めて
また秋田の皆さんとライブでぶちあがる瞬間をですね、毎日想像しながら過ごしております。
 
いまはね、色々と耐え忍ぶ状況が続いてはいますけれど、また必ず音楽で一つになりましょう。
ライブで秋田の皆さんにお会いできることを心から楽しみにしています。
 
以上、高橋優でした。

米内佑希さん(声優・横手市出身)

「放課後ラジオ、よりみちこみち」をお聞きの皆さんこんばんは。
横手市出身で声優をしています。米内佑希(よないゆうき)です。
 
外出の制限などもあり、今は当たり前のことが、当たり前にできないという
不自由な毎日を送っているんじゃないかなと思います。
でも、こんな時こそ、僕は言葉の持つ力というものを信じたいなと思っています。
 
ネガティブな言葉を発信するよりも、ポジティブな言葉を選んで使っていくことで、
自分も、自分の周りの人たちも、そろって前を向いていくことができるんじゃないかなと思います。
 
今この状況を乗り越えていくには、ひとりひとりの気持ちや自覚、思いやりが必要不可欠です。
家族や友達、そして、自分。
見つめてみるとこれまで気づかなかったことに気付くことができるいいタイミングかもしれません。
みんなで一丸となって前を向いて、良い明日を迎えに行きましょう。
 
以上、米内佑希でした。バイバイ!

Page Top