“アスリートとマンガ”の熱い絆を描きます!
「巨人の星」「キャプテン翼」「スラムダンク」…日本ではスポーツマンガがアスリートに大きな影響を与え、競技の振興にも大きな役割を担ってきました。毎回、トップアスリートがお気に入りのマンガを挙げて、どんな影響を受けたのか、具体的なプレーがどう変わったのかを熱く語ります。
マンガ家や編集者がその作品がどのように生み出されたのか、汗と涙の制作秘話も紹介!
マンガ好きにも、スポーツ好きにも楽しめる番組です。

< これからの放送予定 >

「ライバルと、自然と、心に勝て!」3月17日(金)午後11時~

「心の格闘技」ともいわれるゴルフ。フォームや打法といった技はもちろんだが、風や芝目など自然を読む力に加え、プレッシャーに負けない強い精神力と何ごとにも左右されない集中力が求められる。番組では、ゴルフの魅力を凝縮したマンガ2作品を取り上げる。両作とも原作者は日本屈指のゴルフ王国・熊本に住み、ゴルフに深い縁をもつ。「風の大地」の坂田信弘はプロゴルファーであり、古閑美保や上田桃子を育てるなど、育成でも多くの実績を残している。一方、「オーイ!とんぼ」のかわさき健は、プロを目指すもののプロ試験に5回落ちた苦い経験を持つ。それぞれのアプローチから描くゴルフは、トッププロにも大きな影響を与えてきた。ゴルフとマンガの熱い絆が明らかに!

「「ぼくらの最強!マンガ論」スペシャル」3月24日(金)午後11時~

2016年度、日本中を沸かせた“マンガ好き"アスリートを特集。プロ野球、Jリーグ、そしてリオ五輪など、各競技で活躍した人気アスリートたちが登場し、自身がスポーツマンガから受けた影響や作品愛を語りつくす。豊富な資料映像で活躍を振り返りながら、「どんな場面で、どんな形で、マンガが力になったのか」を明らかにしていく。マンガとアスリートの絆に、新たな切り口で迫る。
Page Top