このページを閲覧する場合は、「Javascript」の設定を有効にする 必要があります。

放送予定

再放送予定

過去の放送

これからの放送

BS1スペシャル 「ゆず・北川悠仁が見たオリンピック ~世界をとりこにする理由~」
9月11日(日)午後7時~

オリンピックはなぜ、あれほど世界の人々をとりこにするのか?五輪の真の魅力とはいったい何なのか―?
オリンピックの根本的な意味を問うためリオデジャネイロ五輪に赴いたのは、「ゆず」の北川悠仁。アテネ五輪のNHKテーマ曲「栄光の架橋」で多くのアスリートの心をつかみ、昨年度は五輪をめざす若きアスリートを応援する番組「めざせ!2020年のオリンピアン」でMCを務めた。北川が、初めて経験するオリンピック取材で軸に据えたのはワールドワイドな視点。世界のアスリートや観客、メディアが最も心を揺さぶられる場面を探し、様々な競技場をめぐり、アーティストならではの感性で五輪の本質に迫る。


BS1スペシャル 「実録 ロッキード事件」
9月24日(土)午後7時~

田中角栄元総理大臣が逮捕された「ロッキード事件」。米ロッキード社が自社の民間航空機の売り込みをめぐり、日本の政財界に巨額の賄賂をばらまいた前代未聞の疑惑が浮上。金を受け取った政府高官は誰なのか?事件の背後に潜む「昭和の怪物」と言われた黒幕とは?そして21億円もの金の行方は?ロッキード事件から40年。事件の舞台裏を「実録ドラマ」で描く。

ロッキード事件

ロッキード事件

ロッキード事件

ロッキード事件


BS1スペシャル 「帰りたるわが故郷は ~“ビルマ難民”28年目の帰国~ 」
9月24日(土)午後9時~

今年3月、アウン・サン・スー・チー氏率いる政党のテイン・チョウ大統領が就任。民主化に向けて本格的に動き始めたミャンマー。日本には、1988年8月8日の民主化デモ後の弾圧をきっかけに、政治亡命したミャンマー人たちがいる。彼らは東京・高田馬場周辺に居を構え、飲食店などで生計を立てながら祖国の行方を見守ってきた。四半世紀が経ち、祖国の民主化に手を貸したいと、かつての運動家たちがミャンマーを訪れた。しかしそこで目にしたものは、経済利権を握る軍部の隠然たる力と、民主化に沸く都市部とは程遠い地方の厳しい現実だった。番組では、亡命ミャンマー人たちの目を通し、民主化に立ちはだかる壁とそれを乗り越えようとする人々の姿を描く。