このページを閲覧する場合は、「Javascript」の設定を有効にする 必要があります。

放送予定


再放送予定


これからの放送

BS1スペシャル 「ハバナ Wi-Fi 公園の一週間 ~変わるキューバ  人生模様~」
7月16日(土)午後7時~

昨年7月、キューバの首都ハバナに奇妙な名所が誕生した。何の変哲もない公園に、朝から深夜まで大勢の人々が携帯電話を手に集まってくる。海外にいる家族や友人とインターネット電話で話をするのだ。インターネット回線が普及していないキューバで、初めて公共の場でWi-Fiがつながるようになったのが、この通称Wi-Fi公園。革命後、アメリカからの経済制裁で、家族の誰かが出稼ぎに行かなければやっていけなかったキューバ人たちが、ようやく海外に出た家族の声を聞けるようになった、今だからこその現場だ。公園に一週間カメラを置き、集まってくる人々から話を聞く。キューバ人が生き抜いてきた半世紀とアメリカとの国交回復で大きく変わろうとする今が浮かび上がってくる。

ハバナWi-Fi公園

ハバナWi-Fi公園

ハバナWi-Fi公園

ハバナWi-Fi公園


BS1スペシャル 「岩をも正さん、断じて行え ~インド緑化に挑んだ日本人の記録~」
7月16日(土)午後8時~

戦中戦後を通して、“日本の大義”と向き合った、ある将校の記録--。インドの不毛地帯を農地に変えた1人の日本人がいる。杉山龍丸(1919-1987)。私財を投げうって植物を植えたその土地は、今なお豊かな緑を育む。だが、杉山の生涯には、3つの、相容れない側面が隠されている。陸軍航空技術学校の学生時代は、反戦を主張し、東條英機打倒を企てたとされる。一方、 激戦地フィリピンに送られた後は、技術将校として徹底抗戦。ボロボロに壊れた戦闘機・隼を執念で修理し、戦う姿は“幽霊部隊”の異名をとったと言われる。戦場で大義に翻弄された男は、何を思い、戦後を生きたのか?生き残った戦友たちの証言から、杉山の心の軌跡を追う。


BS1スペシャル 「原爆救護 ~ヒロシマ 兵士たちの長い戦後~」
7月24日(日)午後7時~

原爆投下直後、市民救助のため爆心地に入るよう命じられた兵士たちがいた。彼らは、訓練中の特攻隊員など、広島周辺にいた日本兵。激しい炎と煙の中、ガレキの下から負傷者を救い出し、おびただしい数の遺体を葬った。戦後、広島から故郷に帰った兵士たちの多くが、ガンや白血病を発症。しかし、自分以外に被爆者のいない地域で孤立し、差別や偏見から家族を守るため口を閉ざした。多くが被爆者手帳を取得せず、政府の実態調査も行われなかったため、“埋もれた被爆者”となっていった。1980年代後半になると、病に苦しむ元兵士の中から、原爆症認定を求める動きが起こる。しかし政府は、爆発後の残留放射線の影響は立証できないとして却下を続けた。原爆投下直後の爆心地で行われた壮絶な救護活動の実態と、被爆地から遠く離れた故郷で暮らす元兵士たちの苦難の戦後を、当事者の証言で描く。

原爆救護

原爆救護

原爆救護


BS1スペシャル 「被曝とたたかいながら ~チェルノブイリ原発事故 民族合唱団の30年~」
7月24日(日)午後10時~

30年前に起きたチェルノブイリ原発事故。原発近くにあった町では、多くの人々が被曝し、甲状腺がんなどの健康被害や、強制避難による地域社会の崩壊に直面した。故郷を追われ、健康不安に苦しむ子供たちを支えようと作られたのが、民族合唱団「チェルボナ・カリーナ」。子供たちは、互いに励まし合い、家族のように育った。合唱団を巣立った女性たちは、結婚や出産など、人生の節目を迎えながら、今も事故と向き合い続けている。中絶しなければ、がんが再発し命はないと医師に告げられた女性。今もチェルノブイリの廃炉作業を続ける父親の健康を気遣う女性。そして、30年の節目に、初めて故郷を訪ねる決意をした女性。被曝とたたかい続ける女性たちの人生を伝える。

被曝とたたかいながら

被曝とたたかいながら

被曝とたたかいながら

被曝とたたかいながら


BS1スペシャル 「幸せなら手をたたこう ~名曲誕生の知られざる物語~」
7月31日(日)午後7時~

半世紀前、東京オリンピックの年に国民的人気歌手、坂本九が歌って大ヒットした「幸せなら手をたたこう」。親しみやすいメロディと歌詞で広まり、今も世界中で愛され続けている。しかし、誰が歌を作り、歌にどんな想いが込められているのか、ほとんど知られていない。実は歌を作ったのは、25歳の無名だった大学院生。ボランティアとして滞在したフィリピンの農村で、フィリピンの若者と出会って経験したある出来事がきっかけだった。まだ戦争の傷跡が残る中で「人々が赦し合うこと」への希望を込めて歌を作ったのだ。そして、この歌が世の中に広まるきっかけになったのは、坂本九との偶然の出会いだった。明るい曲調からは想像しがたいメッセージが託されていたこの歌。その知られざる物語を、ドラマとドキュメントで構成。様々な偶然によって生まれた名曲に込められた平和への思いを描いていく。
【出演】溝端淳平、関口アナム、クリステル・チアリ、金井勇太、ほか

幸せなら手をたたこう