NHK-FM往年の名番組が夏と冬だけ復活します。どうぞお楽しみに。

番組紹介

1978年11月~2001年3月まで24年間にわたって放送され、FM深夜音楽番組の先駆けとして語り継がれる伝説の名番組「クロスオーバーイレブン」が今年も帰ってきます。
今回は遊民爺さんでおなじみの小沢章友が江戸時代を舞台に人情物語を執筆、津嘉山正種の語り、小倉エージと大伴良則の選曲も健在です。

8月7日(月)~11日(金・祝)午後11時~午前0時
「厄介半次郎 かわら版」(小沢章友 作)
第1回「怪力娘 つた」/ 選曲:大伴良則
第2回「怒る雷光」/ 選曲:大伴良則
第3回「腕相撲」/ 選曲:大伴良則
第4回「勝負の日」/ 選曲:小倉エージ
第5回「荒海」/ 選曲:小倉エージ

津嘉山正種(つかやま まさね)

津嘉山正種(つかやま まさね)

1944年、沖縄生まれ。琉球放送に勤務するかたわら、放送劇団に所属していたが、1964年に上京。翌年、劇団青年座に研究生として入団。以来、俳優と して舞台、映像で幅広く活躍してきた。2011年には青年座公演「黄昏」で芸術選奨文部科学大臣賞を受賞。また、その魅力的な渋い低音ヴォイスで声優とし ても活躍、ケビン・コスナーやハリソン・フォードなど数々の吹き替えを務めている。「クロスオーバーイレブン」では1982年4月から2001年3月の番 組終了まで19年間ナレーターを担当。今回で17回目を迎える特集シリーズもすべて担当、誰よりも復活を喜んだ一人である。
Page Top