このページを閲覧する場合は、「Javascript」の設定を有効にする 必要があります。

放送予定


再放送予定


過去の放送

番組情報

番組紹介

日本放送作家協会とNHKが共同で開催する「創作テレビドラマ大賞」。
例年NHKが受賞作をドラマ化し、テレビドラマを支える新たな人材の発掘に貢献するだけでなく、ドラマとしても高い評価を得ています。
第40回の今年度は、前年を100編以上上回る999編の応募作から大賞を射止めた中谷典子さんの表題作。

「自分は常に人生の脇役」と諦めにも似た気持ちで、理不尽な他人の振る舞いも受け入れてきた主人公・秋子。
女子プロレスの悪役としてリングで体を張る同い年のモモと出会い、自分自身の人生の「主人公」として生きようと決意します。
果たして、秋子のドロップキックは炸裂するのか――。


登場人物紹介

秋吉秋子(イモトアヤコ)

突然婚約者にフラれた崖っぷちの29歳。
自分は所詮人生の脇役と、諦めにも似た気持ちで悲劇的事態を受け入れるが、モモに出会ってドロップキックを習い始め、人生を前向きに切り開いていこうと決意する。

イモトアヤコ
バラエティ番組ではおなじみの顔だが、女優としても舞台にテレビにと活動の幅を広げている。NHKでは土曜ドラマ『ご縁ハンター』にレギュラー出演。このドラマがNHK初主演。

秋吉秋子(イモトアヤコ)

名波モモ(惡斗)

リングの上では凶暴な悪役女子プロレスラーだが、素顔は優しく可愛らしい29歳。恋人にプロポーズされたが、自分の本当の仕事を打ち明けられずに悩んでいる。

惡斗
“安川惡斗”のリングネームで女子プロレスのヒールとして活躍。一方で“安川結花”の名前で女優としても活動した。今回はプロレス引退後、新たな名前での女優業再始動となる。

名波モモ(惡斗)

小林健二(高橋光臣)

秋子の元婚約者。
本当に好きなのが幼なじみだと気付いたと、突然婚約を破棄する。さらに自分たちを許してほしいとまとわりつき、秋子を一層傷つけるサイテーな男。

高橋光臣
NHKでは『梅ちゃん先生』『実験刑事トトリ』等に出演。BS時代劇『神谷玄次郎捕物控』では2シリーズにわたって主役を務めた。これまでにない“サイテー男”役への挑戦に注目。

小林健二(高橋光臣)

スタッフブログ

その7

どうもー、どうもどうもあなドロスタッフです。
「あなたにドロップキックを」再放送はご覧になって頂けましたでしょうか?

再放送の後にも視聴者の皆様から
「おもしろかったよ」
「秋子と同じような境遇で秋子のドロップキックですっきりした」
「ドラマをみて前に進める気がする」
「最後にスカッとした」
「もう一度放送して欲しい」など、とっても嬉しいメールをたくさん頂きました。主演のイモトアヤコさんも、皆さんから頂いた励ましのメールを読んでとても喜んでいらしたとの事です。感謝感激です!!
ドラマを見て前に進めるという方がいらっしゃいましたが、あなドロスタッフ一同、皆さんからの嬉しいメールで大きく励まされた。
メールをお送り頂いた皆様、有難うございました。

それでは、あなドロスタッフでした!!


その6

どうもー、どうもどうもあなドロスタッフです。
「あなたにドロップキックを」ご覧になっていかがでしたか?
本放送後から番組HPへ視聴者のみなさまからあたたかいメッセージがたくさん届いています。本当に、本当にうれしい限りです。

メッセージをお送り頂きました皆さん、有難うございます!!


『あなたにドロップキックを』の再放送が今週水曜深夜に放送になります♪♪
総合テレビ 4月6日(木)0:10~(水曜深夜)

再放送で是非チェックして欲しいシーンを、あなドロスタッフが独断と偏見で選んじゃいました!!

見て欲しいシーン1「秋子、健二に別れを告げられる」

しょっぱなのシーンなのですが、秋子(イモトアヤコ)が婚約者の健二(高橋光臣)から別れを告げられるシーンでの出来事。健二が荷物をまとめ、部屋から持ち出そうとしている品々をチェック!!「雑誌なんかは捨ててもらってかまわないから」ってゴミは置き去り、大切なゲーム機はしっかり袋へ入れるあたり「自分が大事」というKY男特有の自分勝手さ全開。
「アキコ、そんな男とは別れて正解だよ」というシーンです。
 

見て欲しいシーン2「秋子の白米愛とカレー好き」

秋子のソウルフード「ごはん」。彼女の白米への愛は揺ぎ無いのです。「ごはんは裏切らない」と居酒屋でも家呑みでも酒の肴は白米。秋子が泣きながら炊きたてホカホカご飯を頬張るシーンでは、炊き立てご飯が秋子の悲しさ、無念さを受け止め包み込んでくれます。炊飯ジャーから白い湯気をたて静かに秋子を見つめるご飯の姿は、まるで全てを受け止めてくれる母のよう。「ご飯ってこんなに優しかったんだ」と思わず感情移入してしまいました。
そして、秋子は無類のカレー好きなのです。作る料理はカレー、食べるのもカレー。劇中で何種類のカレー料理を食べるのか、チェックしてくださいね。
 

見て欲しいシーン3「マカロン事件」

秋子の部屋のインテリアの中で注目なのがマカロン型クッション。秋子はマカロンが大好きでクッションもマカロンというこだわりよう。しかし、ある事件がきっかけで部屋からマカロンクッションが消えてしまいます。この「マカロン」というキーワード、かなり重要ですよ。
 

見て欲しいシーン4「シシヤマザキさんが描くロトスコープ」

世界的に活躍されているアーティスト・シシヤマザキさん。シシさんが描く水彩画風の手描きロトスコープアニメーションでドラマも華やぎます。傷心の秋子が酔っ払って寝入ってしまい、健二との思い出を夢で見ている回想シーン。思い出たちがロトスコープで表現されとてもロマンティックになり、秋子の幸せだった時間を感じる事ができました。後半にも秋子が気持ちをストレートに表現するシーンでもロトスコープが登場しますので、こちらもお楽しみに!!
 

見て欲しいシーン5「脇役人生を彩る脇役たち」

秋子は「自分の人生は脇役」が口癖。そんな秋子の周りを愛おしい脇役のみなさんが彩ってくれました。
モモ(惡斗)・・・秋子にドロップキックを教えてくれるモモは悪役レスラーだけれど、とても心優しい女性です。酔いつぶれた秋子を肩に担いで階段を登っていくあたりはさすがレスラー。女性が女性を肩に担ぐ、なかなか出来ないです。
健二(高橋光臣)&ひなた(深谷美歩)・・・秋子を苦しめるKYカップル。自分たちの気持ちだけを押し付けまくり、あたかも「秋子が悪い」と言わんばかりの自己主張で秋子を追い詰める二人。見ているものを苛立たせる高橋さん、深谷さんの演技は必見です。
山下広美(梅舟惟永)・・・時には厳しい言葉で叱咤し、時には鋭い突っ込みをいれ、落ち込んでいる秋子を励ましてくれる頼もしい親友。
大森守(尾上寛之)・・・モモの婚約者。優しくて大人しそうな男性。お尻の具合が悪く秋子が勤めている病院に入院しています。秋子の話を聞くシーンでは、お尻の具合が悪いのかずっとモゾモゾ。なんとなく頼りない守ですが、試合に敗れたモモにプロポーズする姿はカッコいいですよ。こんな男性と結婚できるモモ、幸せだろうなぁと思います。


放送を見逃しちゃった、予約録画を忘れて見れなかった、もう1度見たい!!っていう方は是非チェックしてくださいね♪

それでは、あなドロスタッフでした!!
 


その5

どうもー、どうもどうもあなドロスタッフです。
前回「今回が最後のブログです。」と書いておきながら、早速の更新です!!


なぜかというと・・・



『あなたにドロップキックを』の再放送が決定したのです (*^。^*)♪♪♪

総合テレビ 4月6日(木)0:10~(水曜深夜)

放送を見逃しちゃった、予約録画を忘れて見れなかった、もう1度見たい!!っていう方は是非チェックしてくださいね♪

それでは、あなドロスタッフでした!!


その4

どうもどうも、あなドロスタッフです。
今回が最後のブログです。
『あなたにドロップキックを』いよいよ、明日に放送がせまりました。
 
顔合わせから始まり、そして、なんとこの日は惡斗さんのお誕生日でした。

ドロップキックをマスターするため、何度も何度も跳んだプロレス練習。

撮影初日には雪に見舞われ、救いだったイモトさんのドレス姿。

前半の撮影が終わるとイモトさんは海外ロケへ・・・。

そしてイモトさんが海外ロケから帰国、後半の撮影開始。高橋光臣さんの見事なKY男っぷりも必見です!!

撮影は順調に進み、無事にクランクアップを迎える事ができました。

ドロップキックシーンもさることながら、100人のエキストラさんに御協力を頂いた臨場感あふれるプロレス試合シーンや、劇中では実写の上に絵を描いてくロトスコープという手法が使われたりと見どころ満載です。
 
「やっぱり他の人が好き」と彼氏から一方的な婚約破棄をされ、今までと変わらないと思っていたのに「おばさん」と呼ばれる現実を受け止めなければならない。まさに崖っぷちアラサー女子が「人生の脇役」とあきらめていた自分に喝をいれる、笑いあり、涙ありのハートフルコメディー『あなたにドロップキックを』。
いよいよ明日よる10時から放送されます!!是非是非、ご覧ください。
 
ブログ全4回を読んでいただき有難うございました。
あなどろスタッフでした。
 

『あなたにドロップキックを』
放送 NHK総合 3月17日(金)22時00分~22時50分
※22:00から1分間で創作テレビドラマ大賞の選考風景やイモトさんのインタビューを紹介します。こちらもお楽しみに!!
ドラマは22:01からのスタートです!!


その3

どうもどうも、あなドロスタッフです。
さぁ、ドロップキックをうった後の受身の姿勢ができるようになったイモトさん。次はいよいよジャンプの練習に入ります。
まず、ジャンプのイメージを掴むため、マットを使った練習です。これはジャンプしたとき「膝をうってしまわないか」という恐怖心を拭い去るためのイメージトレーニング。「恐怖心がある限りドロップキックはうてないです!!」と惡斗さん。

膝うちもせず、受身をマスターしたらいよいよミッドに向かって跳ぶ練習。この練習でマスターすることは左踏み切りで飛んでジャンプをした後、きちんと前受身の姿勢になること。そしてジャンプしたとき必ず両足を揃えることが大事だそうです。
「足がバラバラだとミッド(相手)へのドロップキックの威力が落ちるうえに、前受身のフォームが必ず崩れる。両足で打ってはじめてきれいな前受身が出来て、なおかつドロップキックもきれいにきまるのですよ」と惡斗さんからアドバイスが入ります。

イモトさんがポイントをマスターするたびに惡斗さんの指導に熱が入ります。
「両足を揃えてキックが出来るようになったら、次は高く跳ぶ意識をもってジャンプします。高さがあれば前受け身の体勢が間に合わないという失敗がなくなる。『前受け身をしよう』という気持ちが先にくると、相手を見ずにキックが疎かになる。ジャンプし、相手を吹っ飛ばすんだ!という意識を持ち相手を蹴り上げ、相手を蹴った反動を使って前受け身になります」もはや、プロレスに入門した人へのアドバイス。イモトさんも真剣にうなずいています。
 

そして、イモトさんは呼吸を整え、ミッドへと踏み出しました。両足をきれいに揃え高くジャンプ、「パシーン」と乾いた音が響きました。ドロップキックが初めて決まった瞬間です。
 

練習場内に拍手が起きました。イモトさんも笑顔がこぼれます。練習開始から約二時間でドロップキックをマスター。さすがといわざるを得ません。その後は「決まった感覚を忘れない為」と何本かドロップキックをうちますが中々きまりません。やはり、そう簡単にはきれいにきまらない様です。それでも、スタートからみっちり3時間、果敢にドロップキックに挑戦したイモトさん。練習が終わった後にはJWP女子プロレスのみなさんが作ってくれた暖かいシチューの差し入れが待っていました。
 

最後に惡斗さんにドロップキックをきれいにきめるコツを伺いました。
「ドロップキックに限らず技とは、打つ方は意識を持って相手にぶつける。受ける側は、しっかり相手の技を受け止めてその勢いで受け身を取る、互いに相手に身体を委ねる気持ち、信頼して受け合う事が出来て初めて1つの技になるのです」
なんとも奥深いお言葉でした。


『あなたにドロップキックを』
放送 NHK総合 3月17日(金)22時00分~22時50分
※22:00から1分間で創作テレビドラマ大賞の選考風景やイモトさんのインタビューを紹介します。こちらもお楽しみに!!
ドラマは22:01からのスタートです!!
 


その2

あなドロスタッフです。
“ドロップキック”プロレスを知らない人でも一度は聞いたことがある技ですよね。子供の頃みていたヒーローものでも、ここぞという時に繰り出されるカッコいい決め技でした。華麗にジャンプして悪役に向かってスコーンと飛ぶ姿に、なんだか自分にも簡単にできそうなんて思った事、ありませんか?そう、簡単に出来そうでできない、できないんです!
タイトルにもなっているドロップキック、もちろん主演のイモトアヤコさんも挑戦しました。今回からドロップキック挑戦~成功までのトレーニング風景をお届けします。
 
 
撮影に入る数日前、プロレス練習日というスケジュールが組まれました。ドラマの中で重要なドロップキックシーンを怪我なくばっちり決めるため、JWP女子プロレスさんの練習場をお借りしての特訓です。
 
ドロップキック指導はもも役で出演している惡斗さんです。惡斗さんはすでに引退されていますが第一線で活躍していた元プロレスラー。おのずと指導にも熱が入ります。。
リングの上では円陣が組まれストレッチが始まり、まるでプロレス団体に入団したかのような練習風景が繰り広げられます。

まずは、ドロップキックに大事なのは「ジャンプした後の受身」ということで受身の練習からスタートしました。
 
なぜ前受け身の練習が大事なのか、受身の練習とはどんなことをするのでしょうか?惡斗さんに伺いました。
「ドロップキックをした後、リングに体全体で着地します。その際にしっかりと受身ができていないと大怪我をしてしまいます。力を逃すために綺麗な受け身は必須です。
ドロップキックは、レスラーが最初に習う初歩の初歩の技の一つです。
多少、男女や団体で教え方が違う場合もありますが、プロレスで使う受け身には、前方回転、後ろ受け身、前受け身、その他もありますが、一番最初の最初に習うのはこの三つ。その中で、ドロップキックで使う受け身は前受け身が基本です。(背面式ドロップキックは後ろ受け身ですが、女子の基本は前受け身です)
ドロップキックをすぐに打ちたい!と思ってもこの前受け身がしっかり出来ていないと始まらないのは、ご紹介頂いている通り、大きな怪我に繋がるからです。なので、イモトさんにも受身の練習をしっかりしてもらいました」


前受け身の最初の練習方法は

•膝立ちの状態になり、手を曲げ顔の前に、脇を締め両手で三角形を作る。その状態から倒れこむ。
 

 •倒れる際、手のひらから腕に力を入れ地面を叩く。地面を叩くのと同時に体感に力を入れ、お腹を打ち付けないようキープし、膝は曲げる。

「倒れた体勢が崩れていないかのチェックも大事です。倒れた時に脇が広がっていたら胸やお腹を強打しているはずです。
お腹はちゃんと数センチ浮いているか、手から腕、お腹、体幹、それぞれに芯は入っているか。
なぜなら腕と手のひらを地面に平行に打ち付ける事で身体に来るダメージをマットに逃す事で大きなダメージを回避する事が出来るからです。これが受け身の大事なポイント。
この最初の受け身でフォームが出来ていない限り綺麗なドロップキックは打てないと断言します。力を逃して自分へのダメージを分散する、そしてその受け身が出来るから、ドロップキックも思いっきり高く高く飛べるのです」

ドロップキック、奥が深いですね。
受身ができたら、次はジャンプの練習です。ジャンプ練習の模様をお伝えします。お楽しみに!!
 
 
『あなたにドロップキックを』
放送 NHK総合 3月17日(金)22時00分~22時50分
※22:00から1分間で創作テレビドラマ大賞の選考風景やイモトさんのインタビューを紹介します。こちらもお楽しみに!!
ドラマは22:01からのスタートです!!


その1

どうも、どうもどうもどうも「あなたにドロップキックを」略して「あなドロ」スタッフでございます(イモトさん風)。イモトアヤコさんNHK初主演作『あなにドロップキックを』の撮影が2016年11月某日に開始しました。

11月だというのに東京は初雪に見舞われ、恐ろしく寒い撮影初日となりました。午前中は建物の中での撮影で「天国はここまでだなぁ」なんて言葉があちらこちらから聞こえていました。窓の外を覗くと雪からみぞれ混じりの雨、雪は積もらなさそうですが一向に止む気配はなさそうです。そんなどんよりした雰囲気の中、撮影現場にウエディングドレス姿の超かわいいイモトさんが登場。撮影現場は一気に明るく華やぎました。

ウエディングドレス姿のイモトさん

午後は極寒の雨の中、キャスト、スタッフともにカチコチになりながらロケが行われました。イモトさんは薄手の衣装で、雨降る中「地面に寝転がる」という体当たりの演技を見せてくれました。さすがです!!しかし、ウエディングドレスから一転、地面に転がる撮影とは・・・。いったいどんなドラマになるのでしょう。それは3月17日の放送で確認してくださいね!!
 
次回は『ドロップキック』に挑戦したイモトさんの勇姿をお届けします。お楽しみに!!
 
 
『あなたにドロップキックを』
放送 NHK総合 3月17日(金)22時00分~22時50分
※22:00から1分間で創作テレビドラマ大賞の選考風景やイモトさんのインタビューを紹介します。こちらもお楽しみに!!
ドラマは22:01からのスタートです!!