番組紹介

京都の園芸店「陽だまり屋」を舞台に、代理店長翔太が、お客の様々な要望に応えながら季節の植物を紹介していくミニ番組です。ペープサート(紙人形)で繰り広げられるほっこりした物語が楽めると同時に、花と緑を育てる豆知識も満載。「陽だまり屋」には、あなたにぴったりの植物もきっとあるはずです。

登場人物

陽田翔太(ひだ しょうた)

陽田翔太(ひだ しょうた)

京都の大学に入学して以来、京都市内で園芸店「陽だまり屋」を営むおばあちゃんの家に居候し、現在はモラトリアム青年に。ところが、突然おばあちゃんは海外へ。店を任されたものの、植物の知識はなく大慌て。数学の知識ならあるのに・・・・。
 

コノハ

コノハ

安倍晴明が間違って生んでしまった女の妖精。見かけは子供っぽく見えるが、年は1000歳以上。安倍晴明の言葉「花と緑に生かされた人の暮らし」を守ることを指命として、応仁の乱から大政奉還まで、京都の歴史の中で生きてきた。植物にはめっぽう詳しい。
「京都でもっとも存続が危ない」店になりつつある「陽だまり屋」の危機を救うべく、翔太を叱咤激励していく。


声の出演と操演

京都を拠点に活動している劇団「ヨーロッパ企画」が、ペープサート(紙人形)劇を演じます。1998年の結成以来、舞台だけでなく映画、テレビ番組、WEB企画なども制作。演劇の枠にとらわれないユニークな活動で独自のフィールドを開拓し続ける劇団が、ユニークな園芸店の世界を作り上げます。

Page Top