今後の放送予定

2016年7月、神奈川県相模原市の障害者施設で入所者が多数死傷した事件がありました。この事件は、障害のある人とない人が共に暮らす社会のあり方について、改めて考えさせます。また、認知症の人の話題も頻繁に取り上げられます。厚生労働省は、2025年には65歳以上の5人に1人、つまり700万人を超える人が認知症になると推計しました。もはや、認知症は他人事ではなく、認知症の人の生活を支えることが強く求められています。「社会福祉セミナー」はそのヒントになるような知識、情報を提供していきます。

2017年4月~9月の内容をまとめて紹介します。経済がグローバル化した現代、「社会福祉」はどこに向かうのでしょうか。そして、これからの福祉で欠かせない地域福祉について、なぜ住民同士の助け合いが必要かなども学びます。認知症高齢者をめぐる損害賠償や悪質商法、戸籍のない子どもについてなど、最近の問題についても考えます。また、子ども虐待や子どもの貧困などの現状を理解します。2017年は民生児童委員制度が始まって100年になります。制度の歩みと課題についても学びます。
番組の進行役は、引き続き、河野多紀さんが担当します。

河野多紀


<2017年4月~9月>


4月 社会福祉の存在理由を考える        日本女子大学准教授 圷 洋一

  8日     社会福祉の主体と客体
15日     社会福祉の資源と方法
22日     社会福祉の水準・時間・空間
29日     社会福祉の存在理由と現代的課題

5月 地域福祉とは        社会事業大学准教授 菱沼幹男

  6日     地域での助け合い
13日     住民主体による地域福祉活動の担い手と支援
20日     地域福祉に関する政策  
27日     地域福祉活動の実際

6月 社会福祉の法律と制度        ルーテル学院大学教授 金子和夫

  3日     社会福祉の法体系
10日     社会福祉の行政と制度
17日     権利擁護と成年後見制度
24日     今日の社会福祉の問題

7月 子ども家庭福祉の現在の課題        関西大学教授 山縣文治

  1日     子ども家庭福祉の基本
  8日     子ども・子育て支援制度と就学前教育・保育施策
15日     社会的擁護サービスと子ども虐待
22日     子どもの貧困と子ども家庭福祉
29日     ゲストトーク 民生委員制度の現状と課題
            同志社大学教授・上野谷加代子    流山市民生委員児童委員協議会会長・大野トシ子

8月 社会保障のしくみ        慶応義塾大学教授 駒村康平

  5日     社会保障制度の役割と機能
12日     所得保障のしくみ~年金・生活保護
19日     医療保険と介護保険の課題
26日     労働保険~雇用保険・労災保険

9月 認知症の人の支援        認知症介護研究・支援研修東京センター研究部長 永田久美子

  2日     支援の歴史に学ぼう
  9日     認知症の基本と生活支援の可能性
16日     認知症の本人に聞く        
23日     生活支援のポイントと実際
30日     地域で暮らし続けるための支援

Page Top