大氷原に立ち向かえ ~カナダ北極圏567km~

2017年5月5日放送

氷点下38度の北極圏、自分の足だけで567kmもの距離を進むサバイバルレースが行われた。
カナダ北西部・北極圏で開催されたレース「6633アークティックウルトラ」(全長567km)。風速20mの猛吹雪、吐く息はたちまち凍りつき、顔からつららが下がる。過去ゴールにたどり着けたのはわずか3割にも満たないという過酷なレースに日本人を含む17人のランナーが挑んだ。あるものは過去の屈辱を晴らすため、あるものは病気に負けない勇気を示すため、大氷原に立ち向かった男たちの8日間のドキュメント。

<6633アークティックウルトラとは?>
6633アークティックウルトラは、カナダ国内で唯一陸路で北極圏へ行くことができるデンプスターハイウェイのイーグルプレンズをスタートし、北極圏内の集落、「フォートマクファーソン」と「イヌヴィック」を経由し、カナダ1の大河・マッケンジー川が凍結したアイスロードを通って、先住民の漁師町「タクトヤクタック」を目指す、全長567kmのサバイバルレース。

<番組で紹介したおもな出場者>
ティベーリウ・リシェリウさん(前回王者で優勝候補。ルーマニア北部の山岳地帯に生まれ、寒さに強いことから“アイスマン”の異名を持つ。)
ロディ・リドルさん(かつては自転車競技のスコットランド代表として活躍。30歳で引退後、本格的に山岳レースをはじめた。糖尿病を患いながらも、あえて過酷なレースに挑む)
樺澤秀近(かばさわひでちか)さん(過去2回の極寒レース出場はどちらもリタイア。苦い経験を踏まえ、今回は初の完走を目指す。)
スコット・ドナテリさん(地元カナダから出場。子供の頃から憧れていた北極圏を走破するため、厳しいトレーニングを積み体を鍛えてきた。)
グレッグ・ロードリーさん(ニュージーランドから初挑戦、初完走を目指す。)
ホアキン・キャンデル(スペイン人のパイロット。極寒のレースは初めてだが「苦しみすらも楽しみたい」それがモットーの陽気なラテン男。)

優勝候補ティビ選手の顔。空気が湿っているせいで、顔につららができる。
優勝候補ティビ選手の顔。空気が湿っているせいで、顔につららができる。
レーススタート!午前9時、気温マイナス15度。腰でソリを引き、極寒の道567キロを進む。
レーススタート!午前9時、気温マイナス15度。腰でソリを引き、極寒の道567キロを進む。
コース上、道路の沿道で睡眠をとる選手。寝袋に包まり暖を取る。
コース上、道路の沿道で睡眠をとる選手。寝袋に包まり暖を取る。
秒速20mを越える風の中で進む。北極海からの突風が、雪を巻き上げる。スノーストームだ。
秒速20mを越える風の中で進む。北極海からの突風が、雪を巻き上げる。スノーストームだ。
日が落ちる中、アイスロードを進む。冬のマッケンジー川は凍結して、氷の道になる。
日が落ちる中、アイスロードを進む。冬のマッケンジー川は凍結して、氷の道になる。
午前4時32分、日本人ランナー樺澤選手が6位でゴール!
午前4時32分、日本人ランナー樺澤選手が6位でゴール!
レース2日目の早朝、難所の峠を越えてチェックポイントに表れた選手の顔はこの通り。
レース2日目の早朝、難所の峠を越えてチェックポイントに表れた選手の顔はこの通り。
横殴りの風が吹く中、夜間も進む選手ら。覚悟のない者は、足を踏み入れられない氷の世界。
横殴りの風が吹く中、夜間も進む選手ら。覚悟のない者は、足を踏み入れられない氷の世界。

楽園の中の地獄を走りきれ! ハワイ島横断 250km

2018年1月3日放送

常夏の島ハワイ。世界有数の楽園イメージが180度変わるような過酷な長距離レースが、ハワイ島で初めて行われた。250kmの道のりを、7日間かけて走り抜く。観光客であふれるビーチから一歩離れ、山に入ったとたん冷たい雨がたたきつけ、ごつごつの溶岩で足は傷だらけ。さらにつかれた体に追い打ちをかける標高2500メートルの薄い空気。屈強なアスリートたちも次々とへたり込む様子はまさに地獄だ。日本人を含む激しいトップ争いと完走を目指して強い思いで走る選手たちを追う。

<マウナ トゥ マウナ ウルトラとは?>
レースの正式名称は「マウナ トゥ マウナ ウルトラ(Mauna to Mauna Ultra)」。
アメリカのグランドキャニオンで行われている「グランド トゥ グランド」というレースを主催しているオーガナイザーが2017年、ハワイ島で初めて開催したレース。レースの名前の由来はハワイ島を代表するマウナ・ロア火山とマウナ・ケア火山をコースとするため。水以外の必要なものはすべて、背負って走るのがルール。優勝や入賞しても賞金はない。完走すると記念メダルが貰える。

<番組で紹介したおもな出場者>
若岡拓也さん(4年前、転職を機に、初めて長距離レースに参加。2016年に参加したナミビアの250kmレースでは3位とわずか23秒差で表彰台を逃したことから、このレースでは表彰台を狙っている。)
ヴィセンテ・ガルシアさん(本業はスペインの消防士。これまで参加した250km以上のレースで13戦11勝と無類の強さを誇る。)
フロリアン・ビューさん(スイスの精密機械技師。2016年にアメリカ・グランドキャニオンで行われた273キロレース(Grand to Grand Ultra)で大会新記録で優勝した若手のホープ。)
ルイージ・テルジーニさん(イタリア出身でバイオ科学メーカーのマネージャー。これまで参加した長距離レースでは入賞したことはないダークホース。)
シルヴィア・ラバグリアさん(ハワイ生まれのハワイ育ち。本業は乗馬インストラクター。一人娘がを育てながらトレーニングを続ける主婦ランナー。)
サンディ・サックリングさん(オーストラリアで教育関連企業のマネージャーをしている。50歳を過ぎてから走りはじめた。)
マイク・ジュリアンさん(イギリスでスポーツ栄養食品の販売をしている。白血病を患いながらも、サンダルで完走を目指す。)

日本から参加し、大健闘を見せた若岡拓也選手。表彰台を狙う!
日本から参加し、大健闘を見せた若岡拓也選手。表彰台を狙う!
木々が鬱蒼と生い茂る大雨が育んだ密林。大きな水たまりの中を走るランナー。
木々が鬱蒼と生い茂る大雨が育んだ密林。大きな水たまりの中を走るランナー。
スタート!地獄の釜がランナーたちを待ち受ける。世界19の国と地域から72人の選手が参加。
スタート!地獄の釜がランナーたちを待ち受ける。世界19の国と地域から72人の選手が参加。
選手たちを苦しめる溶岩の大地。足元にはゴロゴロした溶岩のかけら。踏ん張りがきかず、走りづらい。
選手たちを苦しめる溶岩の大地。足元にはゴロゴロした溶岩のかけら。踏ん張りがきかず、走りづらい。
コース上で大きな虹に出会った。見事な虹がレースに苦しむ選手を奮い立たせる。
コース上で大きな虹に出会った。見事な虹がレースに苦しむ選手を奮い立たせる。
絶景のビーチで繰り広げられたデッドヒート!ゴールは目前。せめぎあいは続く。
絶景のビーチで繰り広げられたデッドヒート!ゴールは目前。せめぎあいは続く。
海水浴を楽しむ観光客を横目にボロボロになった選手たち、過酷なコースに苦しむ。
海水浴を楽しむ観光客を横目にボロボロになった選手たち、過酷なコースに苦しむ。
大雨の中を進む選手。ハワイ島の東側は世界有数の多雨地帯だ。
大雨の中を進む選手。ハワイ島の東側は世界有数の多雨地帯だ。

目指せ!大荒野の冒険王 アメリカ ロッキー 760km

2018年1月14日放送

4人1組で大自然を行くアドベンチャーレースの世界大会がアメリカ・ロッキー山脈で行われた。全行程なんと760㎞。立ちはだかるのは断崖絶壁、急流、猛烈な風、そして底知れぬ洞窟。知力、体力、忍耐力、チームワーク、あらゆる力が問われる究極の冒険レースだ。4連覇を目指すニュージーランド最強チームに挑む地元アメリカ。強豪スウェーデンの逆転の秘策とは?上位入賞を目指す日本チームはトラブルを乗り越えられるか?!

<アドベンチャーレースとは?>
アドベンチャーレースとは、およそ30年前、ニュージーランドで始まったアウトドアスポーツ。女性を含む4人1組のチーム制で、ラン・マウンテンバイク・ボートなど種目を変えながら進む。このレースでは、決められたコースは無く、どこを進むのか、どこで睡眠をとるのかすべて選手たちの自由である。ただ、地図とコンパスで決められたチェックポイントをすべて通過しなければならず、ひとつでも飛ばせば、失格となる。

<アドベンチャーレーシング・ワールドチャンピオンシップとは?>
アドベンチャーレース界、最高峰の大会。世界各地で行われる予選で優勝、または、2位に入ったチームが集まり年に1度行われる。予選で好成績をおさめていないチームはエントリー費を支払い参加することはできるが、これまでの戦績、経験が求められるため、初心者の参加は難しい。今回は、アメリカ・ワイオミング州で開催されたが、毎年開催国は変わる。


<番組で紹介したおもな出場チーム>
シーゲート(ニュージーランド)2014年から3連覇中の絶対王者。前人未到の4連覇を狙う。ナビゲーターのクリスは人間GPSの仇名を持つ。
メディカルキット(アメリカ)前回は2位、地元の大会で悲願の初優勝を目指す。チームを引っ張るのは、全参加チームで唯一の女性リーダー、マリ。
イーストウインド(日本)チャンピオンシップに5度出場するも16位が最高。今回こそは、上位を狙う。リーダーは田中正人。アドベンチャーツアーのガイドをしながら、レースを20年続けてきた。リーダーを支える田中陽希は、九州から北海道まで、百名山を一筆書きで踏破した強者。
シルバ(スウェーデン)上位争いの常連、百戦錬磨の強豪チーム。
アームド・フォース(スウェーデン)全員が軍人という異色のチーム。アフガニスタンなどの過酷な戦場をくぐり抜けてきた、体力自慢の戦士たち。
ロゼール・スポール・ナチュール(フランス)これまでほとんど実績のないノーマークのチームだが…。

一斉スタート!全選手、いきなり猛スピードで飛び出した。
一斉スタート!全選手、いきなり猛スピードで飛び出した。
ボートに乗って川下り。巨岩をぬって峡谷を進む。
ボートに乗って川下り。巨岩をぬって峡谷を進む。
狭い洞窟の中を、チェックポイントを探して這うように進む。
狭い洞窟の中を、チェックポイントを探して這うように進む。
進むルートを相談する選手たち。頼りになるのは地図とコンパスだけ。
進むルートを相談する選手たち。頼りになるのは地図とコンパスだけ。
大平原を進む選手たち。どこまでも続く単調な一本道。
大平原を進む選手たち。どこまでも続く単調な一本道。
流れのないダム湖。前に進むには、パドルを漕ぐしかない。
流れのないダム湖。前に進むには、パドルを漕ぐしかない。
低体温症でドクターストップ。かなり危険な状態だ。
低体温症でドクターストップ。かなり危険な状態だ。
日本のチームイーストウインド(先頭がグレートトラバースの田中陽希)
日本のチームイーストウインド(先頭がグレートトラバースの田中陽希)

断崖絶壁に“愚か者”が挑む孤島 レユニオン100マイルレース

2018年3月21日放送

「こんなレースに挑むのは“愚か者”しかいない」と敬意をこめて言われる過酷なレースがある。インド洋の孤島レユニオンで行われた100マイル(160㎞)レース。過酷さの理由は世界遺産でもある独特の地形。恐竜が出そうな深い谷や絶壁に35度の灼熱が追い打ちをかける。この超難コースに世界の強者2600人が挑んだ。栄えある“愚か者”の頂点に立つのは?トップ争いは大波乱!選手生命をかけた日本人ランナーの挑戦も目が離せない!

<レユニオン・レースとは?>
正式名、グラン・レイド・レユニオン GRAND RAID REUNION 2017
毎年10月、フランス領レユニオン島で行われるトレイルランニングの国際レース。
2017年で25回目(記念大会)。今回は45か国から、2600人のランナーが出場した。
険しい山の中を、およそ100マイル、165キロに渡り昼夜を徹してノンストップで走るレース。
あまりにも苛酷なコース設定から、通称「Diagonale des Fous(愚か者の対角線)」と呼ばれている。愛すべき“愚か者たち”に島をあげて温かい応援を送ることからこのレースはとりわけリピーターが多い。

<番組で紹介したおもな出場者>
ジム・ワームスリーさん(山岳レース歴4年ながら、2017年は5大会で4勝し全て大会記録を更新した。その驚異的なスピードで「アメリカの弾丸」と呼ばれている。)
アントワーヌ・ギヨンさん(この大会で優勝1回、準優勝3回し、レユニオンの戦い方を知り尽くしたフランスの英雄。正確にペースを守って走るため、ついたあだ名は「メトロノーム」)
大瀬和文さん(学生時代は大学駅伝の選手、今は長野の村役場で働きながら山岳レースを続けている。日本で行われた100マイルレースで優勝したこともある実力派のランナー)
奥宮俊祐さん(元自衛官で、スタミナを武器に数々の山岳レースで優勝してきたプロランナー。今大会では上位入賞を目指す。奥宮と大瀬は同じ大学の陸上部出身で、奥宮が2年先輩)
鏑木毅さん(日本の山岳レース界の第一人者。有名な海外レースで上位入賞を果たし、世界で活躍を続けるプロランナーだが、この大会では過去2回体調を崩してリタイア。)
ブノワ・ジロンデールさん(フランスの、ほとんど実績のないノーマークのランナー)

不眠不休で走り続ける選手たちに、レユニオンの大地が牙をむく。
不眠不休で走り続ける選手たちに、レユニオンの大地が牙をむく。
レースは島最大のお祭りだ! まだランナーは来ていないのに、娘たちが踊り始めた。
レースは島最大のお祭りだ! まだランナーは来ていないのに、娘たちが踊り始めた。
舞台は断崖絶壁の孤島 レユニオン。参加者も世界45か国から、2600人が集まった。
舞台は断崖絶壁の孤島 レユニオン。参加者も世界45か国から、2600人が集まった。
石を飛び越え、軽快に川を渡るアントワーヌ。
石を飛び越え、軽快に川を渡るアントワーヌ。
スピードだけじゃなく、スタミナもスゴイ!世界最速の男を追え!
スピードだけじゃなく、スタミナもスゴイ!世界最速の男を追え!
Page Top