2017年10月15日(日)放送

愛媛県松山市
主 宰 坊城俊樹(俳人・「花鳥」主宰)
ゲスト 蝶野正洋(プロレスラー)、壇蜜(タレント)

【アシスタント谷尾桜子の一押し!】

アシスタントの谷尾桜子です☆
今回はわたしの地元、愛媛県松山市での収録でした(^^)♪

ゲストは俳句王国チームが壇蜜さん、松山チームが蝶野正洋さんでした。
壇蜜さんのように知的な女性に憧れているので、またご一緒できて嬉しかったです♪

蝶野正洋さんは収録でも、みんなを楽しませてくださいました☆
とても穏やかで優しい方でした♪

次回の放送もお楽しみに!


ご当地俳句バトル

1戦目テーマ:「子規・漱石の散歩道」

今年、生誕150年を迎えた正岡子規と夏目漱石。二人は松山で共同生活を送った時期があります。当時結核だった子規の楽しみは、体調の良いときに漱石と俳句作りに出かけることでした。二人が向かったのは、道後温泉界わい。今回は、子規と漱石の散歩道をたどり、俳句を作りました。

よりあえば すめしの香濃く あきしめり(壇蜜) あおさぎの インスタばえや はつもみじ(蝶野正洋)

2戦目テーマ:「サンドアートパフォーマンス」

サンドアートパフォーマンスとは、砂で絵を描くアート。透明の板の上に砂をのせ、下からライトを当ててスクリーンに映し出していきます。手のひらや指先で線を入れたり消したらりしながら、風景や人物を描いていきます。モノクロームのノスタルジックな世界観が魅力のサンドアートパフォーマンスを体験して俳句を作りました。

秋ちょうの とまりしゆびで 涙ふく(北大路翼)  あきゆやけ ときはなたるる 砂のしゃち(森川大和)

3戦目テーマ:「フレアバーテンディング」

フレアバーテンディングとは、酒が入ったボトルやシェーカーを投げたり回したり、時にはマジックやダンスも取り入れながらカクテルを作るパフォーマンス。今回は、松山在住の世界&日本チャンピオンの兄弟がステージでスゴ技を披露!それをテーマに3分間で俳句を作りました。

水すむや ぐらすについの ひをともし(大塚凱)  バーテンの かいなじざいに 秋のにじ(福岡日向子)

個人戦 勝ち抜き俳句バトル

テーマ:「 写真で一句! 」

今回は、写真から発想を広げて俳句を作ります。松山と言えば、道後温泉。湯の街の情緒溢れる、道後温泉界わいをテーマにした写真から、出演者の皆さんが好きなものを選び俳句を作りました。

(1)道後温泉本館
(2)からくり時計と人力車
(3)道後温泉駅の路面電車
(4)道後商店街の路地裏
(5)圓満寺に奉納されたお結び玉。火除け祈願が転じて、浮気封じや恋愛成就を願う女性に人気のアイテム。
1位 晩菊のかどをまがるといつもゐる(北大路翼)  2位 こすもすにまぎれてやがてぼくの妻(大塚凱)

【坊城主宰の一句】

坊城主宰は、(1)の写真を選んで一句!
坊城主宰
ゆけむりに ひるのりゅうせい みてふたり (坊城主宰)

わが町自慢俳句

会場で観覧いただいた方が投句した俳句の中から、入選2句と特選1句を発表するコーナー。皆さんの俳句がこちら!

かいぞくの ねむるしまぞな あおみかん (羽藤公子さん)

【句評】かつて海賊たちが活躍した瀬戸内の島の歴史を、方言をまじえ、壮大に表現したところがすばらしい。

入選

ゆるキャラの みきゃんかわいい あきのにじ (山崎志音さん)

【句評】とてもかわいらしい一句。夏の虹ではなく、うっすらとした秋の虹がかかる様子がキレイで印象深い。

ゆのまちへ おいでたなもし あきへんろ (高木康生さん)

【句評】四国と言えば遍路。愛媛にもたくさんの遍路道がある。
そんな町の自慢を方言をまじえ表現したことで、ホッコリとしたやわらかい一句になっている。

Page Top