2018年9月23日(日)放送

北海道浦河町
主 宰 坊城 俊樹(俳人・「花鳥」主宰)
ゲスト 馳 星周(小説家)、紫舟(書家)

【アシスタント谷尾桜子の一押し!】

アシスタントの谷尾桜子です☆

今回のゲストは馳星周さんと紫舟さん。
馳さんは柄のシャツにサングラスというスタイル、紫舟さんは上品なワンピーススタイルでした♪
桜子は個人的に紫舟さんのワンピースに惚れ込みました…(〃ω〃)
馳さんは、まさに個人戦で田島さんの作られた俳句の登場人物のようなスタイルでしたね♪会場も賑わっていました☆

即吟のテーマはユニカール!!
室内版のカーリングのような競技で、老若男女問わず誰でも楽しめるスポーツです☆
U字工事のお二人も空き時間に何投か挑戦(^^)!
なかなか力の入れ具合が難しそうでした。これはやり始めると、ハマりそうですね……笑

テーマとしては少し難しそうでしたが、田島さんのネッシーの首という発想力はさすが!漫画家だけに♪かわいいイラスト付きで発表してくれました^ ^ 次回もお楽しみに!
アシスタント谷尾桜子の一押し!
アシスタント谷尾桜子の一押し!

チーム対抗戦 ご当地俳句バトル

1戦目テーマ:「競走馬」

浦河町は、日本有数の競走馬の産地!200もの牧場や東京ドームおよそ320個分の敷地があるトレーニング施設があるんです。馳さんと紫舟さんは、馬と触れあった後、競走馬に欠かせない作業を見学させてもらいました。それは、馬のヒヅメを保護し、地面を蹴るグリップ力を増加する「てい鉄」をつける職人技。馬のヒヅメを手で持ち、釘を刺して「てい鉄」を固定します。馬との信頼関係も必要な技を見て俳句を詠みました。

ご当地俳句バトル
ご当地俳句バトル
ご当地俳句バトル
ご当地俳句バトル
ゆうなぎの ていてつの君 だれを待つ(紫舟) 若ごまの はやる息吹や 夏競馬(馳星周)
俳句初心者 U字工事が一句披露!

俳句初心者 U字工事が一句披露!

俳句初心者のU字工事も俳句作りに挑戦!まずは、福田さんから。「競走馬」をテーマに作ったこん身の
一句がこちら!

浦河の 揺れる夏山 ヒヒヒ~ン(U字工事 福田薫)

2戦目テーマ:「日高昆布」

町の浜辺に行ってみると、日高昆布が一面に!ここで、三代目となる若手昆布漁師と出会いました。波間に見えるたくさんの昆布から、いい物をさっと拾う姿に一同は感動!また、収穫したその日に大量の昆布を天日干しして、うまみを凝縮させるため、地域で協力して行っています。夏から秋にかけての風物詩です。ダシはもちろん、柔らかいため煮てもおいしい日高昆布。昆布巻きと素揚げして砂糖をまぶした郷土料理を頂き、俳句を詠みました。

ご当地俳句バトル
ご当地俳句バトル
ご当地俳句バトル
ご当地俳句バトル
羽衣となりし こんぶや さと拾ふ(堀田季何) うみの野生はらみ さんだいめのこんぶ(瀬戸優理子)
俳句初心者 U字工事が一句披露!

俳句初心者 U字工事が一句披露!

再び、U字工事が俳句に挑戦!
益子さんが、「日高昆布」をテーマに作ったこん身の一句がこちら!
ラジカセと こんぶつまみに 番屋のみ(U字工事 益子卓郎)

3戦目テーマ:「ユニカール」

ユニカールはカーリングをシーズンオフに楽しもうと1979年にスウェーデンで生まれたスポーツ。カーリングに似たルールで、室内でできます。浦河では町主催の大会が毎年開催され、20チーム以上が参加しています。実は、北海道で一番盛んな地域なんです。番組では、2チームに分かれて対戦!ユニカールを体験して俳句を詠みました。

ご当地俳句バトル
ご当地俳句バトル
ご当地俳句バトル
ひろがる森の色を ゆくストーン なつ(福田若之) ネッシーの 首持ちなげる たまのあせ(田島ハル)

個人戦 俳句チャンピオン決定戦

テーマ:「絵で一句!」

テーマとなった絵は、たくさんの色のハートを重ねた絵です。描いたのは、浦河町で暮らす精神障害のある方。町には「べてるの家」という精神障害者が共同生活する施設があります。毎年、町内で行われる幻覚妄想大会では、幻覚をあえて発表し、皆で笑い飛ばしています。今回は、自由な発想で描いた絵から俳句を作ってもらいました。

個人戦 俳句チャンピオン決定戦
チャンピオン タイムマシンつくどこまでもなつのうみ(堀田季何)

【坊城主宰の一句】

坊城主宰
姉母似 妹母似 鳳仙花(坊城主宰)

わが町俳句自慢

会場で観覧いただいた方が投句した俳句の中から、入選と特選を発表するコーナー。皆さんの俳句がこちら!

げんそうの じりかき分けて 戻りぶね(奥田峰子さん)

【句評】海霧(じり)は北海道周辺で夏に発生する霧。それをかき分けて港に入ってくる舟を壮大に感じさせる句。

日高じの 一角を占め こぶ乾く(鈴木築峰さん)

【句評】 広大な日高地方の一角を占めるとしたことで、気高さや高級感がよく表現できている。

Page Top