番組紹介

「歌おう!感電するほどの歓びを」。ウォルト・ホイットマンの有名な詩の一節です。これは、吹奏楽の体験者ならば必ずや共有することのできる、ある種のカタルシスを言い当てている言葉のように思います。
「吹奏楽のひびき」は、人間の息遣いが生み出す音楽である「吹奏楽」のすばらしさを、体験者のみならず一般リスナーの皆さんにもお届けして、ご一緒に「感電」していただこうという番組です。
世の中には実にさまざまな吹奏楽があります。番組では、巷にあふれる多様な営みに目を配っていきます。皆さんそれぞれの「吹奏楽」を発見する機会として、この番組をご利用いただければ幸いです。なお、皆さんからのリクエスト曲も随時ご紹介していきますので、どうぞご期待ください。

出演者

中橋 愛生

中橋 愛生

1978年長崎県生まれの作曲家。東京音楽大学、国立音楽大学、日本大学芸術学部 各講師。
日本管打・吹奏楽学会理事。
2002年第71回日本音楽コンクール作曲部門(管弦楽)第3位入賞。全日本吹奏楽コンクールで、祝典序曲「科戸の鵲巣(しなとのじゃくそう)」をはじめとする諸作が自由曲として演奏されており、2007年度の日本管打・吹奏楽アカデミー賞(作・編曲部門)、2009年度の日本吹奏楽指導者協会「下谷奨励賞」を受賞するなど、その手腕は高い評価を得ている。
作曲活動のかたわら、吹奏楽に関するソフト、出版物の楽曲解説にも健筆をふるっている。

Page Top