ぼやき川柳

大西泰世

日々の生活のあんなことこんなこと、5・7・5と指折って皆様とともに楽しみたいと思っています。
ぼやき川柳へどんどん句をお寄せ下さいね。

川柳は、目で見てまた耳で聞いて、楽しむ文芸でもあります。
「リズム良く」という事も考えながら句作して下さい。
レギュラー 川柳作家 大西泰世さん ~


川柳の投句方法

お葉書の場合
〒 540 - 8501
NHK大阪放送局 「かんさい土曜ほっとタイム」係

ファックスの場合
FAX 06-6937-6050

パソコン・スマートフォンからの場合
メールフォームをご使用ください。


1月のぼやき川柳大賞

お題 『正直』 『聞く』 (平成29年1月21日)

「うそ言うな 怒る刑事の かつらずれ」     大阪府 末吉 利次
「私は うそがつけない 美人です」     埼玉県 カラピー
「退職し 等身大の 酒をのむ」     神奈川県 湘南ギターマン
「聞かせたい 話しはあるが 誰も来ぬ」     新潟県 有田 由紀子
「なめくじの 一糸まとわぬ 正直さ」     埼玉県 岡安 節子

お題 『風呂』 『明るい』 (平成29年1月14日)

「オバチャンが 入れば湯船 ナイアガラ」     兵庫県 落ちこぼれ
「出世組 帰り二次会 盛り上がり」     山形県 山形のわたなべ キッさん
「風呂上がり 娘、栓抜く 音ぞ悲しき」     山梨県 人生を語らず
「習慣は 恐ろし宿の 風呂洗う」     大阪府 アルファルファー
「フルムーン 二人とまどう 家族風呂」     滋賀県 井上 文衛

お題 『わくわく』 『飾る』 (平成29年1月7日)

「高額の 生命保険 夫(つま)にかけ」     愛知県 三段腹とび
「ジャラジャラと 妻が帰って 来たらしい」     熊本県 つくるちゃん
「初夢が 覚めてガッカリ 四畳半」     福岡県 井手 定雄
「新しい 口紅うれし まだ女」     和歌山県 前田 はな


12月のぼやき川柳大賞

お題 『ケーキ』 『越す』 (平成28年12月24日)

「おいしそう 百円ケーキ 味百円」     大阪府 尾形 あけみ
「電車でも 領土問題 起きるとは」     神奈川県 やっちゃん
「別腹に ケーキ二・三個 すべり込む」     山梨県 代永 歌子
「越せぬなら 十三月に してしまえ」     石川県 福岡 伸彦
「忘年会 土産のケーキ ぐでんぐでん」     滋賀県 中田 友行

お題 『秘密』 『売る』 (平成28年12月17日)

「胸の内 空っぽにして 友帰る」     福岡県 諌山 嘉志子
「銭(かね)じゃない 言った先生 くじ売場」     大阪府 末吉 利次
「隠したい ことが多くて 着ぶくれる」     鹿児島県 大良 定雄
「少しだけ ばれて欲しいな あの秘密」     岡山県 ちょいでぶおばさん
「熱かんの 三本目から お湯をたす」     広島県 村上 和子
「就寝後 トイレ行くたび 妻飲んでいる」     愛知県 石原 幸治
「肉売り場 五百グラムの 重さ知る」     栃木県 蓮見 博

お題 『得』 『早い』 (平成28年12月10日)

「家に夫(つま) 居るようになり 急に老け」     神奈川県 ちゃこペン
「生前葬 本人だけが 生き残る」     大阪府 上林 功
「わが妻よ 俺をいじめて 何の得」     茨城県 小心者のタヌキ
「アイツより 今日こそ先に 酔ってやる」     栃木県 小林無茶
「半額の シール待つ間の ムダ遣い」     兵庫県 松村 宏之
「悩みなど 有ると思えぬ その寝つき」     熊本県 ななつ星
「自販機の 周りを主に 掃除する」     鹿児島県 濱川 俊二

お題 『輪』 『飲む』 (平成28年12月3日)

「ボツ仲間 一人読まれて 仲間割れ」     愛媛県 平野 陽介
「条件が 互いに飲めず まだ夫婦」     千葉県 はぐれ鳥
「飲み過ぎに 注意と酒に 書いてくれ」     富山県 村井 智恵子
「贈らない 指輪を妻は はめていた」     宮城県 髙橋 もりつぐ
「お立場が 似た者同士 隅で飲み」     大阪府 目方 すみ子
「ぼくは見た 風呂でビールを 飲む妻を」     福岡県 葵のバァバ
「お風呂場で 見るのが辛い ゴムの跡」     富山県 富山の笑い薬


※過去1か月分を掲載しています。

Page Top