ぼやき川柳

大西泰世

日々の生活のあんなことこんなこと、5・7・5と指折って皆様とともに楽しみたいと思っています。
ぼやき川柳へどんどん句をお寄せ下さいね。

川柳は、目で見てまた耳で聞いて、楽しむ文芸でもあります。
「リズム良く」という事も考えながら句作して下さい。
レギュラー 川柳作家 大西泰世さん ~


川柳の投句方法

お葉書の場合
〒 540 - 8501
NHK大阪放送局 「かんさい土曜ほっとタイム」係

ファックスの場合
FAX 06-6937-6050

パソコン・スマートフォンからの場合
メールフォームをご使用ください。


6月のぼやき川柳大賞

お題 『足』 『巧み』 (平成30年6月16日)

「つれてって足手まといとおっしゃらず」     栃木県 月光仮眠
「足が向くハグしてくれたママの店」     兵庫県 ハムちゃん
「かんなくずみたいチャーシュー入ってる」     宮城県 小野里晶代
「しゃべらずにあげ足だけをとる男」     千葉県 小林健一
「厚化粧改ざんと言う人もあり」     滋賀県 中田友行

お題 『青』 『驚く』 (平成30年6月9日)

「名店の菓子袋さげケチが来る」     佐賀県 小方 千江子
「青空に悩みをかくす雲がない」     大阪府 石橋 直子
「鏡見て驚いたことヒミツ」     千葉県 野老 美雄
「宇宙まで届く青空布団干す」     山梨県 代永 歌子
「感動も驚きもなく夫(つま)といる」     兵庫県 中川 伊都子

お題 『合図』 『釣る』 (平成30年6月2日)

「金持ちは指を丸めて死んでいた」     埼玉県 山上広史
「まな板の激しい音にふるえ来る」     佐賀県 牟田和彦
「来てよりも来るなと言えば来る夫」     神奈川県 ななみ
「アゴしゃくるあの角度なら風呂掃除」     熊本県 小雨
「見る人は釣る人よりももっと暇」     兵庫県 西宮の牛若丸

5月のぼやき川柳大賞

お題 『運』 『干す』 (平成30年5月19日)

「運が無いそう言う妻の俺亭主」     宮城県 星良子
「窓際にこんな生き方あったのだ」     愛知県 津島のとし君
「ケンカしたしわのまんまでシャツを干す」     静岡県 戸田ナオエ
「おばちゃんは実力だけで生きている」     熊本県 小雨
「集会所干し大根の顔そろい」     奈良県 西脇龍太郎
「梅干しをじっと見つめて家建てる」     愛知県 馬場民郎

お題 『駅』 『甘える』 (平成30年5月12日)

「甘えれば どうぞどうぞと 伸びるゴム」     兵庫県 星空大好き
「会社とは 反対行きに 乗りたなる」     大阪府 ウシネコ
「じいちゃんは いばりちらして 甘えてる」     京都府 佐藤 治子
「駅からは 遠いが 霊園には近い」     大阪府 せっつん
「本5冊 持って出発 フルムーン」     岡山県 ちょいでぶおばさん

※過去1か月分を掲載しています。

Page Top