ぼやき川柳

大西泰世

日々の生活のあんなことこんなこと、5・7・5と指折って皆様とともに楽しみたいと思っています。
ぼやき川柳へどんどん句をお寄せ下さいね。

川柳は、目で見てまた耳で聞いて、楽しむ文芸でもあります。
「リズム良く」という事も考えながら句作して下さい。
レギュラー 川柳作家 大西泰世さん ~


川柳の投句方法

お葉書の場合
〒 540 - 8501
NHK大阪放送局 「かんさい土曜ほっとタイム」係

ファックスの場合
FAX 06-6937-6050

パソコン・スマートフォンからの場合
メールフォームをご使用ください。


5月のぼやき川柳大賞

お題 『巣』 『通じる』 (平成28年5月21日)

「目が合えば ほれているなと 思う癖」     青森県 青森 林太郎
「言葉より 愛が伝わる 貴金属」     神奈川県 よっこ
「どうしたら 思い通じるのか 妻よ」     鳥取県 山下 凱柳
「通の味 よりも普通の 味が好き」     熊本県 甲斐 良一
「Tシャツに 襟を正せと 言っている」     三重県 おくだよし
「相続が 終わり回線 切れました」     静岡県 宇田 英俊
「不器用な 鳥は黙って 巣を作る」     埼玉県 橋本 勝三

お題 『節目』 『こぐ』 (平成28年5月14日)

「母の日に 合わせた様に 咲いたばら」     大阪府 森田 聡一郎
「記念日に 妻は買います 貴金属」     広島県 土瓶茶瓶
「ボートこぎ 知った彼女の 腕っぷし」     滋賀県 井上 文衛
「節目の日 いってらっしゃい ゴミ持って」     高知県 桔梗
「節目なく つるんと生きて いる夫」     岡山県 ちょいでぶおばさん
「キラキラと 宝石みたいに 水が出た」     熊本県 せんば山のとなり町
「夫ごと かえたい夏の 衣がえ」     神奈川県 ちゃこペン
「ネクタイを 捨てて人生 一区切り」     岡山県 光畑 勝弘

お題 『昼』 『にぎやか』 (平成28年5月7日)

「定年後 お昼は自立 させました」     佐賀県 小方 千江子
「にぎやかな テレビに叫ぶ やかましい」     兵庫県 リサパパ
「パレードの ように街行く おばちゃんら」     神奈川県 おじゅうちゃん
「おばちゃんの アクセサリーは 重かろう」     神奈川県 鈴木 正実
「とまらない しゃべり出したら 止まれない」     愛知県 きしためいき
「チンだけで にぎやかにする 妻の技」     福岡県 なかちゃん
「にぎやかな 街へさびしい 財布持ち」     千葉県 レモンスカッシュ


4月のぼやき川柳大賞

お題 『文字』 『握る』 (平成28年4月30日)

「握力に 現れている 頼みごと」     静岡県 春爺
「達筆で 隙一つない 離縁状」     神奈川県 湯浅 功
「大福を 離さず電話 出る女房」     神奈川県 上村 マリ子
「まあまあと オバチャン アメを握らせる」     兵庫県 山下 雅子
「腕っぷし 強い女房の 握り飯」     兵庫県 杉山 昌弘
「楷書から 草書になって ゆく夫婦」     広島県 村上 和子
「読めないが 掛け軸の文字 ありがたい」     千葉県 ハイブリッジ

お題 『ゲーム』 『光る』 (平成28年4月9日)

「白い髪 染めて茶髪の 孫叱る」     福岡県 近藤 雅子
「女房と 出かけるという 罰ゲーム」     兵庫県 山下 雅子
「詰め将棋のように 妻は追い詰める」     愛知県 馬場 民郎
「年ごとに 照明落とす クラス会」     東京都 まこっちゃん
「ゲームより やってる顔が おもろいで」     愛知県 田中 幸美
「光る海 二人で見たね あの頃は」     三重県 川瀬 秋広

お題 『さくら』 『新しい』 (平成28年4月2日)

「済んだこと みんな忘れて 桜みる」     福岡県 入江 タツ子
「初めての 八十才さて どう生きる」     富山県 気弱な ばば
「ネクタイが 新人ですと 主張する」     愛知県 中根 弘昭
「老人会 花見の前に まずクスリ」     千葉県 レモンスカッシュ


※過去1か月分を掲載しています。

Page Top