ぼやき川柳

大西泰世

日々の生活のあんなことこんなこと、5・7・5と指折って皆様とともに楽しみたいと思っています。
ぼやき川柳へどんどん句をお寄せ下さいね。

川柳は、目で見てまた耳で聞いて、楽しむ文芸でもあります。
「リズム良く」という事も考えながら句作して下さい。
レギュラー 川柳作家 大西泰世さん ~


川柳の投句方法

お葉書の場合
〒 540 - 8501
NHK大阪放送局 「かんさい土曜ほっとタイム」係

ファックスの場合
FAX 06-6937-6050

パソコン・スマートフォンからの場合
メールフォームをご使用ください。


12月のぼやき川柳大賞

お題 『輪』 『飲む』 (平成28年12月3日)

「ボツ仲間 一人読まれて 仲間割れ」     愛媛県 平野 陽介
「条件が 互いに飲めず まだ夫婦」     千葉県 はぐれ鳥
「飲み過ぎに 注意と酒に 書いてくれ」     富山県 村井 智恵子
「贈らない 指輪を妻は はめていた」     宮城県 髙橋 もりつぐ
「お立場が 似た者同士 隅で飲み」     大阪府 目方 すみ子
「ぼくは見た 風呂でビールを 飲む妻を」     福岡県 葵のバァバ
「お風呂場で 見るのが辛い ゴムの跡」     富山県 富山の笑い薬


11月のぼやき川柳大賞

お題 『おしゃれ』 『群れる』 (平成28年11月26日)

「オシャレより 妻には掃除 してほしい」     神奈川県 キヨシ
「三人に なったとたんに もう派閥」     神奈川県 吉野 健司
「オバチャンは たった二人を 群れに見せ」     兵庫県 山下 雅子
「オバちゃんが 群れを解くころ 月が出る」     大阪府 森 はな子
「ひとりから 十人増えた 立ち話し」     島根県 江藤 清

お題 『墨』 『迫る』 (平成28年11月19日)

「ファスナーが 何とかしろと 迫る秋」     熊本県 甲斐 良一
「通夜帰り 次はお前と 譲りあう」     大阪府 泉南の新たまねぎ
「おとなりが 我が家の庭で 柿をもぐ」     三重県 おくだよし
「三面鏡 左右に迫る 宇宙人」     千葉県 野老 美雄
「先がない とは思うけど スルメかむ」     神奈川県 ラヂオやオジラ

お題 『港』 『読む』 (平成28年11月12日)

「寒風に タコが全裸で 干されてる」     岡山県 北村 きよ子
「オレの句を 小声でいいから 読んでくれ」     熊本県 不透明 人間
「読みづらい 女心と 小さな字」     神奈川県 ヒョウモンおりひめ
「カニ解禁 うちに関係 無いニュース」     兵庫県 山下 雅子
「立ち読みで しおりをはさみ 帰る客」     福島県 たちんぼう
「自分史を 書いたが誰が 読むだろう」     東京都 アッチャン

お題 『本音』 『似合う』 (平成28年11月5日)

「なみなみと 注いで本音を こぼさせる」     岡山県 光畑 勝弘
「老夫婦 ツッコミ無しの ボケ話」     岩手県 老年大志
「ナベ茶わん そして本音が 飛んでくる」     北海道 小樽っ娘
「生ごみは 居場所あるだけ 幸せじゃ」     岩手県 東天紅
「ファンファーレ 聞いていてどうなる ものでなし」     奈良県 奈良のミーチャン
「ボツだって 良いじゃん 生きてさえいれば」     愛知県 馬場 民郎


※過去1か月分を掲載しています。

Page Top