「歌は世につれ、世は歌につれ」と申します。歌は世相を表すとともに、聴く人々にその時代を甦らせます。幅広い時代をいり混ぜて(スクランブルして)お送りいたします。

6月28日(火)放送の4曲目、西方裕之の「エンカ」という曲ですが、「エン」という漢字が、このホームページでは再現できません。
恐れ入りますが、タイトルである「エンカ」の漢字はレコード会社の資料等をご参照ください。
Page Top