内容詳細

3月31日(日)午後9時~11時

歌舞伎「野晒悟助」

2018年6月の歌舞伎座の公演から歌舞伎「粋菩提悟道野晒(すいぼだいごどうののざらし)」をお送りします。この作品は通称「野晒悟助(のざらしごすけ)」といい、元治2年(1865年)に河竹黙阿弥が、当時若手人気俳優の四世市村家橘、のちの五世尾上菊五郎に書き下ろしたもので、菊五郎家の大切な演目。大坂を舞台に江戸弁の男伊達・野晒悟助が活躍する異色の作品です。主人公・野晒悟助を勤める当代の尾上菊五郎の円熟した艶のある芸、颯爽とした色男ぶりが圧巻です。尾上菊五郎劇団ならではの大勢での華やかな傘を使った立廻りも見どころです。スタジオには演劇評論家の渡辺保氏を迎え、作品背景や見どころについての解説を行います。

【演目】
河竹黙阿弥 作
酔菩提悟道野晒(すいぼだいごどうののざらし)~野晒悟助(のざらしごすけ)
(平成30年6月 歌舞伎座で収録)

【出演】
男伊達 野晒悟助:尾上菊五郎
男伊達 浮世戸平:尾上菊之助
悟助子分 忠蔵:河原崎権十郎
扇屋娘 小田井:中村米吉
土器売娘 お賤:中村児太郎
扇屋下女 お牧:市村橘太郎
土器売 詫助:市村家橘
男伊達 六字南無右衛門:市川團蔵
扇屋後家 香晒:中村東蔵
提婆仁三郎:市川左團次   ほか

【スタジオゲスト】渡辺保(演劇評論家)
【ご案内】牛田茉友アナウンサー
【副音声解説】高木秀樹(歌舞伎研究家)


※過去3カ月分を掲載しています。

Page Top