えりーなの そうですけ?

2018年3月17日(土)

今回のラブヒッツ バックステージにはシンガーソングライターのNakamuraEmiさんをお迎えしました!(*^o^*)

以前、Reiさんとのツーマンライブでお会いしたことはありましたが、改めてお会いして、率直に、小柄な森の妖精さん♪という雰囲気をお持ちの方でしたね(#^.^#)♪

そんなNakamuraさんは先日36歳のお誕生日を迎えられたばかりだったので、実はインタビュー前に番組から花束を贈らせていただきました( ^ω^ )
すると、とても喜んでいただけたようで…(o^^o)♪

Nakamuraさんの最新アルバム『NIPPONNO ONNA WO UTAU VOL.5』から曲紹介をしていただき「かかってこいよ」を聞いている間中、Nakamuraさんはその花束を手にとって
香っていて、とっても幸せそうな表情をされていました♪♪♪

自然体で明るく、和やかな空気に包まれたNakamuraさん。
数年前にアーティストとしてメジャーデビューしたときは、会社員ではなくなることで歌詞が書けなくなるんじゃないか、という不安もあったそうです。
ところが、それまでに積み重ねたことももちろん、アーティストになって見えてきたことも多くあったと語ってくれました。

歌詞の通り、人と人とのつながりを大切に温めてくださる方で、Nakamuraさんのブログを拝見すると、ラブヒッツきってのNakamuraEmiファンのスタッフ・毛利さんが登場していました!(*^o^*)


2017年12月9日(土)

12 月もまだ上旬ですが、はやくも今年最後の放送でした♪
最後まで聞いてくださったリスナーの方、ありがとうございました!(^O^)
聴き逃したよ~という方は、まだ聴き逃しサービスで聴けますので、ぜひお試しください( ^ω^ )

ということで
これまで毎週、話題のアーティストの素顔に迫ってきた「Love Hits バックステージ」ですが、その最後に相応しい今回のお客さまは最新アルバム「Fruits Decaying」をリリースしたばかりの【ぼくのりりっくのぼうよみ】さんでした!
あれだけ文学的な詞を書かれるぼくりりさん。さぞやクールでツンとした感じのオトナの男性といった雰囲気だろう…と想像して緊張していたのですが、お話ししてみるとほんわか暖かい春のような空気感を持った方でした!

楽曲作りからプライベートの過ごし方についてまでたっぷりお話を伺いましたが、一番感じたのが、いま、いろんな音楽を生み出すことをとても楽しんでいる!ということでした( ・∇・)

レコードやCDなどという音楽の形状は大きな問題ではなく、音楽そのものにこだわっていて愛着を持っているようでしたね…♪

そうして生み出したものがリスナーにどう捉えられているか、反応を楽しみにしている様子も純粋そのもの。

収録中にも、実は、こんな場面がありました!
曲紹介をしていただいて「sub/objective」を聞いている間に、アルバムの歌詞カードを見ながらぼくりりさんが「どの曲が好きでした?」とウキウキしながら聞いてくださったんです( ^ω^ )

反応を反映して音楽を作っていこうという姿勢や、新しい音楽のカタチを生み出そうと考えてらっしゃるところなど、頭の柔らかさに目を覚まさせられました…!(*゚▽゚*)

そして、さらにバックステージのバックステージ☆

収録後、ぼくりりさんは幼い頃から多くの書籍を読んでいるとも明かしてくれました!

いまはあまり読んでいないです、と謙遜しながらも、4日で一冊くらいのペースでは読んでいるそうです。十分、すごいですよね…!わたしは…ぁぁ…。笑

ぼくりりさんの文学的な歌詞の裏には、幼い頃からの読書があったんですね( ^ω^ )

来年二月からのライブも、
ぼくりりさんと一緒に楽しませてもらいたいものです!(*^o^*)

以上、えりーなこと新井恵理那でした♪
良いお年を~!

2017年11月24日(金)

えりーなこと新井恵理那です!
いつもラブヒッツをお聞きいただき、ありがとうございます♪

月に一回お送りしているコーナー「HOT TOPICS from U.S.A.」では、前回、ニューヨークでいま空前絶後の80’sブームがきていると野口まりんさんがレポートしてくれました(*゚▽゚*)

そのまりんさん♪
自身も、80's風のニットがお気に入りだとお話ししてくれていて、写真を送ってくれましたよ!

カラフルでポップな柄が可愛らしいですねー!( ・∇・)♪

そしてNYの抜けるような青い空とエンパイヤー・ステート・ビルディングが絵になりますね~~(o^^o)

私も、先週お話ししたとおり、80's顔負けのビビッドピンクのニットセットアップを着ましたよ☆

インパクト強めなのでたまにしか着られませんが、気分が上がるのでなるべくワードローブに入れていきたいところ。

同じように外出するときの音楽も、アップテンポでテンションを上げてくれる曲をチョイスしていますよ!

ここ数日は特に、先日お届けしたMIYAVI vs 三浦大知をはじめとするMIYAVIさんのギターサウンドを聞いて、心なしかやや早足で街を闊歩しています!( ^ω^ )笑

寒さでカラダが縮こまりますが、ロックに外へ繰り出したいですね!

今週のラブヒッツはおやすみですので、次回は12月2日、「アニソンスペシャル2017」です( ^ω^ )

話題のアニソンがたっぷり!ですのでぜひお楽しみください!


2017年9月16日(土)

いつもお聞きいただき、ありがとうございます!

先週の放送の時に、「小さな秋、見つけましたか?」というテーマでリクエストをお願いしていましたが、
わたしが見つけた秋はこちらでしたよ☆

一箇所だけ綺麗に色づいていました♪
奥多摩の「三頭山(みとうさん)」をトレッキング中に見つけた、秋…♪(*゚▽゚*)

よく周りを見渡すと、まだ緑色の紅葉がたくさんあるんですよね!
これから色づいてくると思うとワクワクしました!(*'▽'*)

さて
物思いに耽ることも多くなる頃でしょうか。
そんな折に、この方々からメッセージ性の強い新曲が届きましたよ☆

スキマスイッチの大橋卓弥さん、常田真太郎さんのお二人で、
およそ2年ぶりのニューシングル「ミスターカイト/リチェルカ」の両A面シングルです!

このリリースのタイミングで
今週のバックステージコーナーにご登場いただけることになったんです!(*゚▽゚*)

ユニット結成時のことから今後の展望まで、さまざまなお話を伺っていく中で、
大橋さんと常田さんが付かず離れずの心地よい良い関係で長年過ごしてきたのが、じわじわと伝わってきました…♪

2人での活動をうまく続けていくルールがよい意味で築き上げられていて、2人ともナチュラルにそれを受け入れているんですね。

お話の中で、大橋さんが常田さんを、
シンタくん、シンタくん呼んでいるのが印象的でした♪( ^ω^ )
昔からずっと変わってないんだろうな~、と。
そんな2人の関係性が羨ましくも思えましたね♪

作曲についても掘り下げて深いお話を伺いましたが、
曲を披露するたびに《その日、その時の曲》になるというお話には驚きました。

曲ができた時から、それは生きている、ナマモノなんだな、と感じます。

結成から18年。進化し続けるお二人だからこそ、いろんなカタチで私たちの元に届けられるのかもしれません…!
そして、
いま改めて、結成当時のようにゆっくりと2人、膝と膝を交えて曲作りができる環境にあるとも語ってくれました。

ですから、ソロでの活動などで培った経験や力をぶつけ合って、これからどんどん新たな化学反応が生まれてくるのでは…と、
さらなる期待が高まりました!( ^ω^ )

20周年を記念した「スキマスイッチフェス」の実現も夢ではなさそうです(o^^o)

そんなスキマスイッチのお二人も出演される
「オーガスタキャンプ」は今月23日から☆
ぜひチェックしてみてください!

2017年9月2日(土)

前回の放送をお楽しみいただいた方にはきっと魅力の一部を感じていただけたのではないかと自負しています、平井大さんのロックなウクレレ演奏を、わたしは夏フェスで聞いてきましたよ♪

実は、今回の放送でもお伝えしましたが、この夏3週にわたり週末の夏フェスに行き、音楽三昧の夏を堪能してきました!

今年は初めて「フジ・ロック・フェスティバル」と「ロック・イン・ジャパン・フェスティバル」に参戦!
その中で、音楽を聴く環境によって感じ方も大きく変わってくるな、と思いました。

まずは、新潟県・越後湯沢の山奥に大展開している「フジ・ロック・フェス」

ひとに話しをすると、
「え、富士山の近くじゃないの?」と聞かれることが多かったのですが、たしかに…。
調べてみると、1997年の第1回は富士山のふもとの天神山スキー場で開催されたんですが、翌年からは場所を変えて、翌々年からは苗場スキー場で定着したのだそうです。

雑踏に包まれた日常とはかけ離れた自然溢れる環境の中で、海外から来日したアーティストの演奏を見ていくと、異世界に漂流したような感覚に…☆

そこで聞く音楽は、音がとってもクリアなんですね~!

ドームやアリーナの中だと音が響いて歌声が楽器に負けそうだったり、歌詞がよく聞き取れなかったりすることもしばしば。
ところが、山々に囲まれた環境は空気も澄んでいるからなのか?透明感を持ってすっきりと聞こえてくるんです。

それがとっても気持ちがいい!

特に、ロンドンの3人組「The xx」は合っていたように感じますね♪
ループ感のあるエレクトロニックなメロディーに、男女のボーカルふたりのハーモニーが溶け合って、幻想的な雰囲気を醸し出していました…☆
ゆっくりと日が沈んでいくマジックアワーに、イメージが重なりましたよ!



一方、2週に渡って茨城県・国営ひたち海浜公園で行なわれた「ロック・イン・ジャパン・フェス」

日本のロックは楽しい!そしてかっこいい!と再確認しました!!
各アーティストによって観客の盛り上げ方が異なっていて、それぞれに個性溢れる引きこみ方をしていましたよ☆

たとえば
ラブヒッツでもインタビューさせていただきました、ナオトインティライミさんはコミカルな話術とおまっとぅり(お祭り)気分満点の曲で、会場全体のボルテージがあっという間に最高潮に!

そしてわたしははじめてライブでお目にかかったのですが、KREVAさんは、ファンとの距離が圧倒的に近く感じましたね。
イケてるお兄さんについていきます!と言いたくなりました!
サングラスの外し方ひとつとってもエンターテイメントだったな~☆お茶目なところも可愛いくて、ギャップ萌え♪…と友人と盛り上がっておりました。笑

全ては挙げきれませんが、B’zには圧倒的なカリスマ性にぐいぐい引っ張られましたし、Suchimosはゆるりと彼らの流れに流されていく感じ。
perfumeのキレのあるダンスのクールさと、トークの時の3人のメルヘンな空気感のギャップにキュンキュンして…

それぞれの持ち味による爆発的なエネルギーに巻き込まれていくのが、夏フェスの醍醐味なのかもしれないです♪
これぞ、エンタテインメントです!

音楽についてはまだまだ勉強不足だと実感しましたが、それでも行ってみると、新たな発見や感じることがたくさんあるものですね♪

この夏、わたしを包んでくれた音楽が、この先いつでも最高の夏を思い出させてくれるような気がしました♪

あなたのこの夏を彩ってくれたナンバーはどのようなものでしたか?
ぜひ、番組にリクエストをお寄せくださいね♪


2017年8月12日(土)

今週は「サマースペシャル」として、
夏といったらこの方!平井大さんをお迎えしたっぷりお話を伺いました!(*'▽'*)

番組の最初と最後に二曲、生演奏していただき、
わたしは平井大さんがいかにライブでも魅力的な方なのかということを身を以て体感したのでした♪
 
そんなインタビューのウラ話をひとつ…☆

スタジオに入って「どの曲を生演奏していただきましょうか?」などとざっと打ち合わせをしたのですが、
その時から平井さんは、話しながらも小脇に抱えていたウクレレを鳴らしていて
わたしはそこからすでに音色にうっとり聞き惚れていたのです(*´-`)♪

そして、たっぷりお話を伺って、収録後。
収録の様子の写真を撮らせてもらうために、番組側から「ウクレレを演奏している感じでお願いします!」とリクエストすると、
なんと平井さん、一曲まるまる弾き語りしてくださったんです!!

しかもその曲が、放送内でご紹介いただいたボブ・ディランの『Blowin' in the wind』。

ニューアルバム「ON THE ROAD」の中でも平井さんがカバーされているのを常日頃聞いていたので、それはもう嬉しかったです!
そんなサービス精神旺盛で男気溢れる平井さんに、スタッフ一同、ますます惚れ惚れしていました(*^o^*)

みなさん、夏フェスやワンマンライブでぜひ、平井大さんの生の歌声を聞いてみてください!(#^.^#)
素敵なひとときを過ごせること、間違いなしです。

2017年6月10日(土)

こんばんは!歌え!土曜日 Love Hits えりーなこと新井恵理那です☆

週末いかがお過ごしですかー?

もともとライブが好きな私ですが、
最近は機械から出てくる音だけでなく生の音楽も聞きに、積極的に足を運んでいます( ^ω^ )

番組でも、先日、秦基博さんの活動10周年記念ライブのレポートをお伝えしましたね(o^^o)


先週日曜日には、日比谷野外音楽堂という都会の中の自然に囲まれた場所で行われたGLIM SPANKY野外ライブに行ってきました!

パワフルでソウルフルなグリムの音楽は野外に合いそう…♪そう思って行ってみて、大正解!

骨太なロックにはファンから大きな歓声が上がってましたし、
ボーカルのレミさんのソロでは都会の空がまっぷたつに割れたように感じましたよ…!

暗闇を一筋の光がわけてく。
どこまでも貫いていく。

そんなイメージが湧いてきました。


先月の「ぼくのりりっくのぼうよみ」さんのライブでは、
ぼくりりさんにしか作り出せない世界に浸って、たゆたう感覚でした。

ぼくりりさんの曲は
ことばが、溢れ出る水のようにぽろぽろ出てきて止まらないんですよね。
それを同じ空間で共有してる時間がとても貴重に感じて、ドキドキしました…!

MCで話しているときはどちらかというと可愛らしい感じの方だったので、ギャップに驚き!

ぼくりりさんご自身で「元気ない系の曲」が多いと話していましたが、最近の「元気ある系の曲」もみんなで一緒に踊って、一体感があってとても楽しかったです!(^ω^)


ライブに行ってみると、たくさんの発見があるから面白いです♪
どんな風に生きていきたいか?など普段なかなか考えられないテーマを定義してくれたり、
感覚を研ぎ澄ませて過ごしたいなと思わせてくれるよい刺激になります…!

みなさんも、ラジオで気になったアーティストはまず一度、生歌を聴きに行ってみていかがでしょう♪
きっと、もっと好きになります(o^^o)


2017年4月1日(土)

2017年になってから3ヶ月があっという間に過ぎ去り、来たる新年度☆
みなさん、もろもろの準備はいかがですか?( ^ω^ )

わたしは
新たな出会いや物事のはじまりにわくわくする一方、
まだ別れの寂しさを整理しきれていませんヽ(;▽;)ノ

先日、『歌え!土曜日 Love Hits』とは別のお仕事で、歓送迎お花見会が開かれ、巣立つ人や迎える人たちとも交流したのですが、辞めていってしまう人の中にはこんな人がいました。

「この仕事、ずっと向いてないと思ってて、辛いから辞めるんです。」

正直、驚きました。

その方は
わたしからするとすごくバリバリ働いていて、わたしが初めてそのお仕事についた時に、「なんて快活にお仕事されてる方なんだろう☆素敵なところに来たな♪」と思っていた方だったんです。

そんな方が、
実はずっと悩んでいて
「できないひとはどれだけやってもできないんだと思った」と苦悩を打ち明けてくれたんです。

わたしはどうして、一緒にお仕事している時に、称える言葉のひとつやふたつ、かけてあげなかったんだろう。

それで何か変わるかといったら、そんな簡単なことではないかもしれません。
でも、何かすこしは違ったかもしれない。
後悔の念を抱きました。

きっと彼は、これから自分に合うと思える場所を見つけて、また生き生きとした目を見せてくれるんだと思います。
そう願っています。

ただ、これからは、「いいな!素敵だな!」と思ったら言葉にして伝えたいです。
一言が誰かの気持ちをすこしでも楽にしてあげられるかもしれないと思います。

そうして、本当の意味でのパートナーをたくさん作っていきたいです( ^ω^ )

しんみりしましたが
こんな風に大切なことに改めて気付かせてくれる、この季節はとても大事な時なのかな。

そんな折、
この番組『歌え!土曜日 Love Hits』も嬉しいことに3年目を迎えます。

今週も
あなたの週末をちょっとでも潤せるように、たくさん音楽をお届けさせてもらいたいと思います!

まだまだ拙いパーソナリティですが、
どうぞよろしくお願いします!(*^o^*)♪

2016年12月10日(土)

久々の更新です。【えりーなのそうですけ?】
「そうですっけ?」がわたしの口癖だとひとに言われタイトルがついたものの、それを気にし出してから最近は言わなくなっています。笑

今回の「Love Hits バックステージ」のゲストは〈プリンセス・オブ・レトロ・ポップ〉chayさんでした♪
chayさんのキュートなルックスと深みのある歌声のギャップがとても素敵でしたよね~♪
レトロな雰囲気がやみつきになっています♪(o^^o)

さぁ!いよいよ
《二人セゾン(ふたりの季節)》が特に盛り上がりをみせるクリスマスがやってきますね(o^^o)
あなたの予定は決まってますか?(*^o^*)
今年は週末と重なっているので外食やパーティを開催!という方も多いんじゃないでしょうか?

わたしはお仕事の予定ですが、クリスマスケーキは買ってきて食べたいですね~♪(o^^o)♪

そう、せっかく
今年のクリスマスイブは土曜日なのですが、
月末なのでラブヒッツの放送はお休みなのです(ノ_<)

ということで…
一週間早いけれども17日の放送で、私からの《クリスマスプレゼント》とでもいいましょうか♪
私えりーなが今年ハマった曲を厳選!
【えりーなチョイスSpecial】をお送りします*\(^o^)/*

今年もたくさんの素晴らしい曲たちと出会えたので、その中から数曲に絞るのにはとっっっても悩みました…!(>_<)

あなたと一緒に今年を振り返れたらいいな♪と思います♪
ぜひ、メッセージをいただけたら嬉しいです!(*^o^*)♪

それでは17日にまたお耳にかかりましょ~(^з^)-☆


2016年9月17日(土)

いつもお聞きいただき、ありがとうございます!えりーなこと新井恵理那です( ^ω^ )♪

9月も半ばの放送となり、わたしも今年の夏をちと振り返らせていただきました☆

そう!この夏は夏フェスにふたつも行けたのですが、フェスは屋外ライブなので
夏の空気と共に音楽に浸かる感覚を味わえました。

アーティストの生歌、生演奏を体全体で記憶しています( ^ω^ )


そして
今週の【バックステージ】コーナーでは、ナオト・インティライミさんのインタビューをお届けしました!(*^o^*)

去年6月に続いて二回目となった、今回。
ライブへのこだわりから、ニューアルバム《Sixth Sense》に込めた想い、
アルバムのタイトルでもある【第六感】を働かせるためにはまずは五感を研ぎ澄ませる必要がある、という素敵な考えまで、たくさんお話いただきました!

さらに
ナオトさん自身の感覚が研ぎ澄まされる瞬間はやはり、【旅】でしたね~!
今年行ったカリブ海への旅では、即興パフォーマンスで現地の人たちと通じ合ったお話をしてくださいました。

その瞬間!
ナオトさんの瞳がキラリ☆と輝いたのがとっても印象的だったんです。

それは、無機質なレコーディングブースの中に
鮮やかな光景が広がっていくようでした!(*^o^*)

誰も自分を知らない地で
はじめて出会ったそこに暮らす人たちと、
言葉は通じなくても、《音楽》で繋がることができる。

ナオトさんが “その時” を心から楽しんでいるということが、よく伝わってきました。


音楽って本当に素晴らしい!ですね!

世界中のアーティストを、羨ましく思いました(o^^o)


それではまた再来週、お耳にかかりましょう♪♪


2016年8月26日(金)

えりーなのそうですけ?にようこそ!
えりーなこと新井恵理那です♪

夏のうちは各地で音楽イベントが盛りだくさんですが、あなたはどこか行かれましたか?( ^ω^ )

先週、わたしはこの夏のひとつの目標でもあった【夏フェス】に行ってきましたよ!(*^o^*)♪

それは、
二日間でおよそ19万人もの音楽好きが集まる、日本最大級の祭典【サマーソニック2016】です☆
はじめてだったので、うまくまわれるかドキドキでしたっ!

というのも
サマソニは全部で7つのステージに分かれていて各ステージで朝から晩まで国内外のアーティストによるライブが行われているので、自分でタイムスケジュールを組まなければなりません。

友人も頼りない感じだったので、ラブヒッツスタッフのMさん(毎年、サマソニに行っていて熟知している)にイロハを教えてもらって行きました( ^ω^ )笑


歩いて移動するか、シャトルバスをうまく使うか。

慣れたら大体のステージ間の距離感や所要時間も掴めるようになって、合間にご飯休憩を挟んだりビールを飲んだりしつつ好きなアーティストを見て行くことができましたよ!*\(^o^)/*

どのアーティストを見ていくかは、ま~~悩みましたが、
番組でご紹介したSANABAGUNや星野源さん、ペンタトニックスのPerfumeも聞けたし、和楽器バンドでは蜷川べにさんの津軽三味線の演奏にうっとり…中弛んだ見習いが気合いを入れ直すには、これ以上ないほどの刺激を貰いました!

そんなこんなで、一日中、
時間を忘れて楽しみましたよ♪(*^o^*)♪

照明で作り出される光景の中でのライブももちろん見応えがありましたが、
広い空の下、燦々と降り注ぐ太陽光や突然の雨を感じながら音楽を楽しむと、肌で感じたその空間ごと自分の中に取り込まれて記憶されていく感じがしました。

今回は友人が遅刻したので、前半はひとりでライブを見ていたんですが、笑
ひとりでも十分、楽しかったですよ(o^^o)笑

一緒に行く人が見つからない、あるいはなかなか予定が合わない!という方。臆せずに行ってみては…?( ^ω^ )


2016年5月7日(土)

えりーなこと新井恵理那です!(*^o^*)

「歌え、土曜日 Love Hits」は最後の週がお休みなので一週空いて、みどりが眩しい
五月になりましたね!

あなたは大型連休、いかがお過ごしでしたか?( ^ω^ )

今年は気持ちよく晴れた日が多い連休でしたよね☆


遠出したいけど、どこに行っても混んでるからな~
ということを理由に、
わたしは仕事で出かけられない自分を励ましていました。笑

それでも仕事が終わると毎日のように寄り道をして、連休気分を味わっていましたよ!(o^^o)

映画、ご飯、映画、ご飯…
そればかりでしたが☆


わたしは平日は昼夜逆転の生活になっているので
家に帰っても家族は居らず、ひとりでご飯を食べたり寡黙に過ごしたりしているので
すが、(改めて書いてみると、さみしいっ)
このお休みで
よく家族連れを目にしてほっこりしましたよ( ^ω^ )


いつもの道を歩い歩いていると、こんな親子がいました(o^^o)

女の子が自転車に乗っているんですが、こんな会話が…♪

☆☆☆

お父さん》ほら!がんばれ~(自転車)こいでこいで~!

女の子》こぐんじゃないよ、走るっていうんだよ~

お母さん》自転車は、こいで、走るのよ

女の子》(小声で)ん、知ってるよ~っ

☆☆☆

何気ないシーンだけど、
こういうのが家族のあたたかさだなー…♪って、しみじみ。(。-ω-。)


離れて暮らしているとどうしているか全然わからなくなっちゃうけど、
たまには連絡してみようっ。

そう思った五月のある日でした…♪



では!
今週も一緒に音楽にパワーをもらいましょう!*\(^o^)/*


2016年4月2日(土)

えりーなこと新井恵理那です!
桜が日本列島に咲きほこっていますね~♪
わたしはようやく「春がやってきた!」と心から思えるようになりましたよ
*\(^o^)/*
ラジオもテレビもあちこちでリニューアルがあって、スタジオも綺麗になってパワーアップしています!
ボタンがたくさんあって...
ガンダムみたい!!と勝手なイメージで盛り上がっていたら、音声さんが触らせてくれました(o^^o)笑

どのボタンが何なのか訳もわからぬまま童心に戻って押しまくりました。
モニターも多すぎて、変化がほぼ見つけられませんでした。笑

さて
少なからず皆、必ず新しい環境に変わるので、そわそわする季節ですよねぇ。

この時期の自分の節目節目を思い返すと...
(昔のことはなかなか思い出せなくなってきましたが。笑)

高校の入学式。
一番には、家族で学校の桜の下で記念写真を撮ったときのことを思い出します。

父に「O脚なんだから足を揃えて綺麗に立ちなさい」と注意されたので、
わたしは大きな通学カバンを両手で前に持ち、
「こうすればわかんないじゃーん」と屁理屈を言って写真を撮りました。
生意気な小娘でした。笑

よりにもよって、なんでこんなことを?
他にもいろいろあったんじゃないかな?とも思いますが。(^_^;)

桜のせいでしょうか。
残っている写真のせいでしょうか。
それとも、幸せだったからでしょうか。
いずれにしても
ああいう節目にはきちんと写真を撮っておくものだなと、改めて思います( ^ω^ )

そして
大学の入学式はというと、
その前日のTOEICのテストの時に私が声をかけて
(集合したときに皆が輪になって立っていたんですがひたすら沈黙でとても気まずい空気になっていたとき、彼女が一際中央近くに出て立っていて目立っていたので( ^ω^ ))
はじめてできた友だちとふたりで行くことになったんです。

ところが二人とも方向音痴だったんですねぇ。σ^_^;
なかなか青山学院大学まで行けなくて(>_<)
あんなに分かりやすい場所にあるにもかかわらず、です。笑

だいぶ回り道をして、時間ギリギリセーフとアウトの間くらいのタイミングで学校に
たどり着きました!(^_^*)

かなり焦ったけど、
春の日差しの下、ふたりして走って
「自分たち馬鹿だねー!」と息を切らしながら笑い合ったのが、いまとなってはとても思い出に残っています。(o^^o)

その友人とは4年間付かず離れず
男同士のようなサッパリとした仲で、
いまでも会えば
吹けば飛ぶような軽~い話から
深い悩みや相談までする、互いに影響を与え合える、
他に二人といない大事な存在になっています。

ひょんなきっかけで始まった関係が
その後の自分の行動や思い出や全てを作っていくんですよねぇ~。
しみじみ思います( ^ω^ )

あなたも、わたしも、
特に今週・来週と新たな出会いがたくさんあると思います。
別れと出会いを繰り返していくと慣れてきて鈍感になってきてしまいがちですが、
ひとつひとつがちいさな奇跡だということを
わたしは肝に銘じて、大切にしたいなぁと思います...♪

いらいろ語った春の夜になりましたが!
今週も土曜日は一緒に歌いましょ~ね~!(o^^o)


2016年3月までの放送はこちら

Page Top