8月22日放送「だだちゃ豆」レシピ

1軒目「農家直伝!枝豆のおいしいゆで方 こすって あおぐ!」


料理1:だだちゃ豆の塩ゆで
材料: だだちゃ豆(300g)、ゆでるお湯【水(1.2リットル)、塩(36g)】、最後にまぶす塩(適量)

作り方:
(1)だだちゃ豆と水をボウルに入れて、こすって洗う。
※およそ3回。毛がおちて、さやが緑色になるまで。
(2)お湯が沸騰したら、だだちゃ豆を入れる。
※豆の半分の量の合わせ目が切れ始めたら、ゆであがり。
(3)ゆであがったら、塩をまぶし、豆が重ならないように広げて素早くあおぎ粗熱をとる。
※夏場は、冷房のきいている部屋で、扇風機で行うと良い。
※水は使わない。水をかけると、水っぽくなり香りや旨みが逃げるので。


料理2:大根おろしのだだちゃ豆のせ
材料: ゆでだだちゃ豆(適量)、大根おろし(適量)、しょうゆ(適量)

作り方:
(1)ゆでだだちゃ豆の実をはじく。
(2)大根をおろし、(1)をのせる。
(3)しょうゆをかけたら、できあがり。

2軒目「ゆでるだけじゃない!ビールにぴったり だだちゃ豆のおつまみ」


料理1:豆ギョーザ
材料: ゆでだだちゃ豆(60g)、チーズ(30g)、ギョーザの皮(6枚)、かたくり粉(適量)、水(適量)、油(適量)

作り方:
(1)ゆでだだちゃ豆とチーズを、ギョーザの皮で包む。
※とろけるチーズではなく、プロセスチーズがおすすめ。
(2)180度の油で、焦げ目がつくまで揚げたらできあがり。


料理2:だだちゃ豆のかき揚げ
材料: ゆでだだちゃ豆(60g)、トウモロコシ(50g)、ちりめんじゃこ(30g)、水(100mL)、天ぷら粉(60g)

作り方:
(1)ボウルに材料を入れ、タネを作る。
(2)180度の油で、焦げ目がつくまで揚げたらできあがり。

3軒目「元シェフが作るだだちゃ豆定食 みそ汁はカニ汁の味!?」


料理1:だだちゃ豆のみそ汁
材料:だだちゃ豆(さや付き100g)、水(750ml)、みそ(適量)

作り方:
(1)だだちゃ豆と水をボウルに入れて、こすって洗う。
※およそ3回。毛がおちて、さやが緑色になるまで。
(2)沸騰したお湯に(1)を入れ、よい香りがしてきたら火をとめる。
※およそ4分
(3)みそをといたら、できあがり。


料理2:だだちゃ豆ごはん
材料: 米(約500nl)、もち米(約50ml)、砂糖(大さじ1.5)、酒(大さじ2)、塩(大さじ 1/2)、しょうゆ(大さじ1/2)、水(500ml)、ゆでだだちゃ豆(100g)

作り方:
(1)米ともち米をといだら、そこに砂糖、酒、塩、水、しょうゆを入れ、サッとかき混ぜてから炊く。
(2)炊きあがる5分前に、さやからはじいたゆでだだちゃ豆を入れる。
(3)炊きあがったら、ごはんと豆をかき混ぜて、できあがり。


料理3:ずんだのあんかけ
材料: ゆでだだちゃ豆(100g)、しょうゆ(大さじ1)、酒(大さじ1)、砂糖(大さじ3)、かたくり粉(大さじ1)、水(大さじ7)

作り方:
(1)ゆでだだちゃ豆を、さやからはじき、ミキサーで潰し、ずんだを作る。
(2)ずんだをラップで包み、団子状にする。
(3)鍋に、しょうゆ、酒、砂糖、かたくり粉、水を入れ、あんを作る。
(4)(2)にあんをかけたら、できあがり。


料理4:ずんだ寒天
材料: ゆでだだちゃ豆(200g)、棒寒天(1本)、水(600ml)、砂糖(200g)、塩(ひとつまみ)

作り方:
(1)ゆでだだちゃ豆を、さやからはじき、ミキサーで潰してずんだを作る。
(2)鍋を火にかけ、棒寒天、水、砂糖、塩を入れ、よくかき混ぜたら粗熱をとる。
(3)(2)にずんだを入れ、かたまりがなくなり均等になじむまで、よくかき混ぜる。
(4)(3)を容器に入れ、冷蔵庫で90分ほど冷やしたらできあがり。


料理5:青菜漬けのだだちゃ豆和え
材料: ゆでだだちゃ豆(適量)、青菜漬(適量)

作り方:
(1)青菜漬に、ゆでだだちゃ豆をはじき、サッと和えたらできあがり。

Page Top