8月の楽曲紹介


カルメン組曲 第2番 ロマの踊り

カルメン組曲 第2番 ロマの踊り

作曲   ビゼー

<演奏>
指揮   角田鋼亮
管弦楽   東京フィルハーモニー交響楽団

ロケ地   セビリア(スペイン)

情熱のまま自由に生きたカルメンとホセの悲恋を描いた歌劇「カルメン」の舞台はスペイン南部の街セビリア。
恋に、踊りに。この街には誇り高く生きる女性たちが今なお暮らしている。カルメンの色彩豊かな音楽と情熱的なフラメンコの踊りとともにお送りする。


行進曲「威風堂々」

行進曲「威風堂々」

作曲   エルガー

<演奏>
指揮   角田鋼亮
管弦楽   東京フィルハーモニー交響楽団

ロケ地   ロンドン、ウスター(イギリス)

イギリス楽壇の頂点を極めたエルガー。国際的に活躍した彼が生涯愛したのは、故郷の町ウスターだった。大聖堂が印象的なウスターの田園風景とロンドンの活気あふれる街の映像とともに、イギリス国民に愛され続けているエルガーの代表作「威風堂々」をお送りする。
 

Page Top