バックナンバー

5月26日(金)放送「なんでなんでなんで!?」

モンストロ : スウィンギンダ

1:
ハッチェルとピッピは、モンストロに音を聴かせてみるが、反応がない。アポロン5号に向けて信号弾を発射。

2:
ムジカドクター候補生たちは、モンストロを発見。それぞれの個性をいかした演奏すると、反応が!

3:
レオのピアノが、アリーナとルチオの演奏を邪魔しながらも、モンストロは空へと羽ばたく!

4:
♪「Sing, Sing, Sing」
1936年歌手、トランペット奏者のルイ・プリマが作曲、
1938年にベニー・グッドマン楽団がカーネギーホールで演奏、
スウィング・ジャズの代表曲のひとつとなった。

5月19日(金)放送「早口モンストロ」

モンストロ : トゥップとタップテ

1:
ハッチェルとピッピは、モンストロを追いかけるが、船のエンジンが故障、またもや捕まえることが出来ない。

2:
モンストロを発見したムジカドクター候補生たち。ルチオは、治療方法を本から見つけ出そうとするのだが。

3:
アポロン5号の仲間たちの演奏で、2体のモンストロが仲良く空へと飛び立つ!ハッチェルとピッピは・・・。

4:
♪「Ievan Polkka」(イエヴァのポルカ)
フィンランドの有名な伝統的ポルカで、1930年代にエイノ・ケットゥネンが作詞。
1995年フィンランドのグループ「ロイツマ」のパフォーマンスによって広く知られるようになった。

5月12日(金)放送「初恋」

モンストロ : ルネノーべ

1:
ピッピは、ハッチェルとのじゃんけんに負けて、アポロン5号の様子を探ることに。そこでルチオと出会う。

2:
アリーナとレオがモンストロの治療をする中、ピッピのことが頭から離れないルチオ。

3:
ルチオはピッピへの思いを込めて、アポロン5号の仲間たちと演奏、モンストロは空へと飛び立つ!

4:
♪「ラブ・ストーリーは突然に」
作詞・作曲、小田和正。1991年に放送されたテレビドラマの主題歌として作られ、大ヒットした。

4月28日(金)放送「どれにしようかな?」

モンストロ : マリーノ

1:
機関士ブルーノが焼いたクッキーは3種類。どれを選ぶか迷ったアリーナは「どれにしようかな?」。

2:
のどかな風景。そこにモンストロが!アリーナの声に反応したようだが・・・。

3:
アポロン5号のみんなで演奏。モンストロは元気に飛び上がる!

4:
♪「あんたがたどこさ」
日本のわらべうた、手まり唄のひとつ。

4月21日(金)放送「ふるえるモンストロ」

モンストロ : コルレオーネ

1:
ハッチェルとピッピは、名曲を手に入れるためにモンストロを捕まえることを思いつく。

2:
アリーナ、レオ、ルチオは演奏のスピードを遅くしたり、音色を変えたりと試行錯誤しながらモンストロを治療。

3:
アリーナはマンドリンでアポロン5号の仲間たちと演奏、モンストロは空へと飛び立つ!

4:
♪「ゴッドファーザー・愛のテーマ」
イタリアの作曲家ニーノ・ロータが、1972年公開の映画フランシス・フォード・コッポラ監督「ゴッドファーザー」のために作曲した。

4月14日(金)放送「アポロン5号地底へ」

モンストロ : メリー・エン・ハリー

1:
アリーナ、ルチオ、レオの3人は大事な地図にコーヒーをこぼしてしまい、機関士のブルーノに怒られてしまう。

2:
地底で見つけたモンストロをアポロン5号の仲間たちがメリハリを効かせた演奏で空へと飛び立たせる。

3:
ハッチェルとピッピは、モンストロが記憶している名曲を演奏すればたくさんのお客さんが集まる!と思いつく。

4:
♪「天国と地獄」
作曲、オッフェンバック。1858年にフランスで初演されたオペレッタの1曲。


4月7日(金)放送「新しい仲間たち」

モンストロ : パロ

1:
アリーナはムジカドクター試験の専用船アポロン5号に乗り込む。そこには二人の候補生と新しい仲間が。

2:
新しい仲間たちとのコールアンドレスポンスでモンストロを空へとはばたかせる。

3:
ムジカドクター候補生たちが治療したモンストロを目にしたのは、どこかあやしげで楽しげな二人組・・・。

4:
♪「学園天国」
作詞、阿久悠。作曲、井上忠夫。
オリジナルは、1974年に発表された男女5人組「フィンガー5(ファイブ)」の楽曲。

Page Top