8月10日(金)放送 「さらば友よ」

モンストロ:エア・ブー

8月10日(金)放送 「さらば友よ」

1:
ベルカント号解散。船も楽器も没収され、散り散りに去ってゆくメンバーたち。

8月10日(金)放送 「さらば友よ」

2:
しかしそこで偶然モンストロと遭遇する。メンバーたちは声と体だけで音楽を奏で、治療を前進させていく。

8月10日(金)放送 「さらば友よ」

3:
ローリー司令官の粋な計らいでフローラも合流し、最後は皆で渾身のアカペラを披露。
モンストロ治療は成功し、ベルカント号の解散も取りやめに。

8月10日(金)放送 「さらば友よ」

4:
♪「Don’t Worry, Be Happy(ドント・ウォーリー・ビー・ハッピー)」

ボビー・マクファーリンによる楽器を一切使わないアカペラソング
「くよくよするな ハッピーにいこう」と歌っている


8月3日(金)放送 「決断」

モンストロ:カルファターレ

8月3日(金)放送 「決断」

1:
ベルカント号が解散のピンチ!?ひとまず今回のモンストロ治療はフローラ抜きで行うことに。

8月3日(金)放送 「決断」

2:
このモンストロは「かっこよくて、遠くまで響く」女性の声を求めている。治療にはフローラの力が必要だ…。

8月3日(金)放送 「決断」

3:
目の前のモンストロを治すため、ジュリオ船長は解散覚悟で演奏を決断!モンストロは無事飛び立ったが…・・

8月3日(金)放送 「決断」

4:
歌劇「カルメン」から
♪ハバネラ「恋は野の鳥」

オペラ「カルメン」に登場する有名なアリア
フランスの作曲家ビゼーの作品
恋に自由に生きる主人公カルメンの想いが歌われている


7月27日(金)放送 「口げんか」

モンストロ:スリップリップ

7月27日(金)放送 「口げんか」
1:
親の反対を押し切り、黙って家を出て船に乗っていたフローラ。
これが原因でフローラとピッピはけんかを始めてしまう。
7月27日(金)放送 「口げんか」

2:
ふたりの口げんかはエスカレート。しかし、この口げんかにモンストロが反応。
モンストロは“韻を踏む言葉”を求めていた。

7月27日(金)放送 「口げんか」

3:
フローラとピッピは仲直りして、最後はみんなで演奏。
モンストロは勢いよく空へ飛んで行った。

7月27日(金)放送 「口げんか」

4:
♪「FUNKASTIC(ファンカスティック)」
日本のヒップホップグループ、リップスライムが2002年に発表した名曲
曲のタイトルはファンクとファンタスティックを組み合わせた造語


7月20日(金)放送 「奇跡のふたり」

モンストロ:ニャバ

7月20日(金)放送 「奇跡のふたり」
1:
ジュリオたち一行は、静かな湖畔で2体のモンストロと出会った。
このモンストロは、ある特別な歌声を求めていた。
7月20日(金)放送 「奇跡のふたり」

2:
モンストロが求めていたのは、ふたつの声がピッタリそろって、溶け合った歌声。
フローラとピッピは、ふたりで息を合わせ、モンストロのメロディを歌い上げた。

7月20日(金)放送 「奇跡のふたり」

3:
仕上げの演奏はフローラとピッピが大活躍。
ふたりの声は溶け合って、無事にモンストロを空へ羽ばたかせた。

7月20日(金)放送 「奇跡のふたり」

4:
♪「Dancing Queen」(ダンシング・クイーン)
スウェーデンの4人組バンドABBAが
1976年に発表した名曲
アグネタとフリーダの美声で世界中を魅了した


7月6日(金)放送「機械の点検」

モンストロ:ツマミクーン

7月6日(金)放送「機械の点検」

1:
「ベルカント号本日も異常なし!」ルネッタは今日も船の点検に抜かりがない。優秀な機関士は耳が良い!

7月6日(金)放送「機械の点検」

2:
今回のモンストロはベルカント号のエンジンの音に反応!どうやら機械の音を求めているらしい。

7月6日(金)放送「機械の点検」

3:
機械みたいにクールにカッコよく、みんなで仕上げの演奏!モンストロは無事飛び立った。

7月6日(金)放送「機械の点検」

♪「Blue Monday(ブルー・マンデー)」
イギリスのロックバンド、ニュー・オーダー 一番のヒット曲
ドラムマシーンやシンセサイザーを駆使しダンスシーンにも大きな影響を与えた。


6月29日(金)放送「コンッ!コンッ!コンッ!」

モンストロ:コンゴトワネ

6月29日(金)放送「コンッ!コンッ!コンっ!」

1:
草原で出会ったモンストロ。「コンッ!」と舌を打つような不思議な言葉で鳴いている。

6月29日(金)放送「コンッ!コンッ!コンっ!」

2:
ミラージュボールで親指ピアノを掘り起こし、ここがアフリカの大地であったことを探り当てる。

6月29日(金)放送「コンッ!コンッ!コンっ!」

3:
最後はハッチェル楽団も合流し、大自然に響き渡るような演奏で、モンストロは無事飛び立った。

6月29日(金)放送「コンッ!コンッ!コンっ!」

4:
♪「Click Song(クリックソング)」
南アフリカ コサの人々が結婚式で歌う伝統的なお祝いの歌。
女性シンガーのミリアム・マケバが歌い、世界に知れ渡った。


6月22日(金)放送「審判」

モンストロ:ディエスイラ

6月22日(金)放送「審判」

1:
ベルカント号が乱気流に突入。船は揺れるし傾くしで、ジュリオたちも大騒ぎ。

6月22日(金)放送「審判」

2:
モンストロは不安になるような音の響きに反応した。どうやら「怖さ」を感じさせる音楽を求めているらしい。

6月22日(金)放送「審判」

3:
ジェットコースターみたいに、怖いけどゾクゾクワクワクするメロディーをみんなで演奏!

6月22日(金)放送「審判」

4:
♪「レクイエムから“怒りの日”」
19世紀イタリアの作曲家、ジュゼッペ・ヴェルディの作品。
「怒りの日」とは神が人々を裁く「最後の審判」のこと。


6月15日(金)放送「謎の少年」

モンストロ:ウーゴ

6月15日(金)放送「謎の少年」

1:
ジュリオたち一行は暑い国の密林で、モンストロの脇で倒れている少年を発見する。

6月15日(金)放送「謎の少年」

2:
謎の少年ジャンゴは、踊りたくなるような「クラーベのリズム」を知っていた。

3:
ウクレレの名手でもあるジャンゴとともに情熱的で切ない恋の歌を演奏!

4:
♪「モリエンド・カフェ」
弦楽器「アルパ」の名手であったウーゴ・ブランコの演奏でヒットした。邦題は「コーヒー・ルンバ」


6月1日(金)放送「ジュリオの歌声」

モンストロ:ギャルフ

1:
大きなスタジアムで出会ったモンストロ。体にはギターが付いている。今回はロッソさんも加わって治療開始!

2:
治療の鍵は「大勢で合唱すること」!?みんなで思いっきり歌うとモンストロは大喜び!

3:
仕上げはみんなで演奏。ジュリオ船長の力強い歌声とみんなのコーラスで、モンストロは無事飛び立った。

4:
♪「ワンダーウォール」
イギリス・マンチェスター出身のロックバンド「オアシス」の代表曲。地声で力強く歌うボーカルが特徴。


5月25日(金)放送「月夜のモンストロ」

モンストロ:モグリア

1:
ベルカント号、まさかの燃料切れ!?みんなで薪を集めていると、そこにモンストロが現れる。

2:
薪を落としそうになるジュリオ船長。その揺れる声にモンストロが反応する。今回は声を揺らして歌う歌?

3:
モンストロの歌は「盆踊り」で歌われる歌だった。お祭り男のハッチェルも加わって、モンストロを踊らせろ!

4:
♪「北九州炭坑節(福岡県民謡)」
もともとは炭鉱で働く人たちの仕事歌だった。振り付けには「掘る」「かつぐ」などの動作が入っている。


5月18日(金)放送「アイドル」

モンストロ:モモ

1:
フィールドに出た3人はかわいいモンストロを発見!早速治療に取りかかる。

2:
モンストロはフローラの“ブレイク”がついた演奏に反応!演奏が一瞬止まると、ドキッとすることを発見。

3:
仕上げはクールにカッコよく、みんなで演奏!モンストロは無事飛び立った。

4:
♪プレイバックpart 2
昭和を代表するアイドル山口百恵の名曲。
クールな容貌と迫力のある歌唱は日本のアイドル文化に新風を吹きこんだ。


5月11日(金)放送「ロッソのひみつ」

モンストロ:ヘリオス

1:
夜な夜なコックピットから聴こえてくる女の人の歌声。
ムジカドクターのおばけだったりして…キャー!

2:
歌声の正体はなんとロッソさんだった!しかもロッソさんはかつてムジカドクターだったことが判明する。

3:
ロッソさんの裏声で治療にトライすると、モンストロが反応!仕上げはみんなで演奏!

4:
♪「September」
1978年に発表された『アース・ウィンド・アンド・ファイアー』の代表曲。
2人の男性ボーカルと重層的な金管楽器のサウンドが特徴。


4月27日(金)放送「うたっておどって」

モンストロ:ラッピラッピ

1:
フローラを変に意識しちゃって、持ち前の大胆さを失うピッピ。モンストロ治療でも苦戦してしまう。

2:
そこでハッチェルがお助けに参上!ハッチェルの楽しく弾むような演奏にモンストロがぴょんぴょん反応する。

3:
歌と踊りをミックスしたミュージカルのように、みんなんで楽しく演奏!モンストロは空へと飛び立った。

4:
♪「I got rhythm(アイガットリズム)」
1930年 G.ガーシュウィンがミュージカル「ガール・クレイジー」のために作曲。
多くの有名なジャズナンバーの基礎となった。


4月20日(金)放送「怒り」

モンストロ:モズビー

1:
フローラの担当楽器はサックスだった!しかしその腕前をローリー司令官にバカにされてしまう。

2:
ジュリオ船長のローリー司令官への怒りが爆発!するとモンストロに反応が!治療の鍵はなんと「怒り」?

3:
それぞれの怒りをパワーに変えて、みんなで演奏!
モンストロはビュンビュン飛んでいった。

4:
♪「My Generation(マイジェネレーション)」
イギリスのロックバンド「ザ・フー」が1965年に発表。若者の怒りを表現した音楽とパフォーマンスで人気を集めた。


4月13日(金)放送「祈り」

モンストロ:アンジェ

1:
音がすごく響くフィールドで、モンストロを見つけた3人。さっそく治療開始。

2:
ジュリオ船長のミラージュボールで土地の記憶を掘り起こし、ここがお祈りの場所だったことを突き止める。

3:
お祈りの気持ちを込めてみんなで演奏。フローラの歌がフィールドに響き渡り、モンストロは見事飛び立った。

4:
♪「アヴェ・マリア」
19世紀フランスの作曲家グノーがバッハの曲を伴奏に用いて作った。
聖母マリアへの祈りを歌っている


4月6日(金)放送「旅立ちの歌」

モンストロ : ファンデリア

1:
新米ムジカドクターのジュリオ船長が乗るベルカント号に、研修生のピッピとフローラがやってくる。

2:
3人はモンストロの体に書かれている歌詞をヒントに治療を開始。モンストロに合ったメロディーを探す。

3:
ピッピが偶然見つめたメロディーにモンストロ反応!それぞれの旅立ちの気持ちを込めて、みんなで演奏。

4:
♪「ばらの花」
京都出身のロックバンドくるりの2001年のヒット曲。
「旅立ち」を思わせる歌詞が淡々と歌われる。

Page Top