2019年度 俳句選者紹介

宇多 喜代子(うだ きよこ)

宇多 喜代子(うだ きよこ)

長嶋 有(ながしま ゆう)

長嶋 有(ながしま ゆう)

井上 弘美(いのうえ ひろみ)

井上 弘美(いのうえ ひろみ)

堀本 裕樹(ほりもと ゆうき)

堀本 裕樹(ほりもと ゆうき)

2018年度 俳句選者紹介

宇多 喜代子(うだ きよこ)

宇多 喜代子(うだ きよこ)

昭和10年、山口県生まれ。「獅林」を経て「草苑」にて桂信子に師事。
現在は「草樹」会員。現代俳句協会会員、日本文藝家協会会員。第29回現代俳句協会賞、第35回蛇笏賞、第27回詩歌文学館賞、第14回現代俳句大賞、日本芸術院賞等受賞。句集に『りらの木』『夏月集』『象』『記憶』他。文集に『田んぼのまわりで・里山歳時記』『わたしの歳事ノート』『ひとたばの手紙から』他。

以前、番組でうかがった田代島で、独居の高齢女性が幾十冊もの大判大学ノートに「NHK俳句」の入選句や番組で紹介された俳句のすべてを書きうつしておられるのを見せてもらったことがありました。心のそこから俳句を愛しいと思って手を取り合いました。この国の都鄙のどこにもおられる俳句好きの人たちへの同胞愛のような親しみを覚えました。そんなおもいのまま、今回の選者をお引受しました。
本来、私のような高齢が座るのはいかがかと案じられるところですが、お若い方はもとより、戦争や災害のあった昭和・平成をともに生きてきた方々と、ひとときともに俳句の世界を巡りたくおもいます。

岸本 尚毅(きしもと なおき)

岸本 尚毅(きしもと なおき)

昭和36年、岡山県生まれ。俳誌「渦」「青」「ゆう」「屋根」を経て現在「天為」「秀」同人。著書に『俳句のギモンにこたえます』『生き方としての俳句』等。俳人協会新人賞、俳人協会評論賞等を受賞。角川俳句賞、田中裕明賞、星野立子新人賞、石田波郷新人賞等の選考委員などを務める。「岩手日報」「山陽新聞」俳句欄選者。

はじめて本番組の選を担当します。私も作者ですから私なりの句風があるわけですが、そのことは別に置き、選句に関しては極力自由かつ柔軟でありたいと思います。ともすれば見逃されがちな地味で目立たない句を採ることにも意を用いたいと思います。
今まで見逃していた句を採れるようになることが選者の成長です。私という選者を育てて下さるような作品を期待します。
もちろん作者と選者との「相性」もありますから皆様の自信作を見逃すこともあるかもしれません。ときには反省もしながら、皆様の一句一句と向き合っていきたいと思います。

星野 高士(ほしの たかし)

星野 高士(ほしの たかし)

昭和27(1952)年8月17日、神奈川県鎌倉市生まれ。十代より祖母・星野立子に師事して作句、笹子会に拠る。59年、立子逝去後、「玉藻」を後継した母・椿を補佐し、同年3月より副主宰兼編集長。平成26年6月、主宰就任。句集に『破魔矢』『谷戸』『無尽蔵』『顔』『残響』。ほかに『美・色・香』『星野立子』。
「ホトトギス」同人。鎌倉虚子立子記念館館長。日本文藝家協会会員。日本伝統俳句協会会員。俳句ユネスコ無形文化遺産登録推進協議会理事。国際俳句交流協会理事。

自分の俳句が今のままでよいと思っている方は恐らくいないでしょう。なんとか今以上の自分の俳句を望むのが最良の上達方法だと思います。しかし何を目標にするのか何を目指すのかは作者それぞれの思いがなければなりません。今の自分でさえもそういう気持ちを持ち続けていこうと常に思っています。その中で好きな作家を見つけるということは一歩先の上達の道に近づきます。私が俳句を作った切っ掛けは他でもなく祖母星野立子の俳句が好きで魅了されたからです。その立子俳句を中心にこのテキストや番組をさせていただくことは本当に有難いことです。立子を語るには虚子が必ず出てきます。そんな背景を感じ乍ら皆様の斬新な俳句をお待ちしております。初心者の方からベテランの方々と幅広くどんな俳句が見られるか大いに楽しみにしております。

櫂 未知子(かい みちこ)
櫂 未知子(かい みちこ)

俳句さく咲く!

1960年北海道生まれ。現在、「群青」共同代表、「銀化」同人。俳人協会理事。第二回中新田俳句大賞受賞、第十八回俳人協会評論新人賞受賞。句集『カムイ』にて俳人協会賞受賞。著書に『櫂未知子集』『食の一句』『俳句力』『季語、いただきます』などがある。

「俳句さく咲く!」の選者としては初めて、二年目も担当します。完全に俳句の初心者だった出演者が、今後どのように成長してゆくのかを見守っていただきたいと思います。そして、視聴者の皆様も毎月の兼題で、楽しい作品をお寄せください。もちろん、自由題でも構いません。
二年目の番組は、前の年にやったことを一歩深めるかたちで進めてまいります。いきなり難しい段階に行こうとするのではなく、地味でもしっかりと学びながら、俳句の王道を彼らに歩んでほしいと願っております。ぜひとも、皆様がたのご投句でのお励ましをくださいませ。


2018年度 番組司会者紹介

小林 聡美(こばやし さとみ)

第1週 小林 聡美(こばやし さとみ)

岸本 葉子(きしもと ようこ)

第2週 岸本 葉子(きしもと ようこ)

戸田 菜穂(とだ なほ)

第3週 戸田 菜穂(とだ なほ)

Page Top