出演者紹介

キャスター : 打越 裕樹(うちこし・ひろき)

キャスター : 打越 裕樹(うちこし・ひろき)

夜10時、ラジオに耳を傾けて、きょうという日に思いをはせてみませんか?
海外も、国内も、それに身の回りでも、変化めまぐるしい時代の中に私たちは暮らしています。リスナーのみなさんと一緒に、知りたいを共有したい…
そんな思いで番組に臨みます。そのお時間、NHKジャーナルと! 

茨城県出身。小学生の頃、小遣いためて手のひらサイズのAMラジオを買って、若者向けの深夜放送に夢中になりました。入局後は、山口→青森→長野→仙台各放送局でテレビ番組のキャスターなどを担当しつつ、ラジオ番組制作にも必ず関わってきました。そんな私は四十路過ぎ。同い年の「NHKジャーナル」を担当することにご縁を感じています。『リスナー魂』第一に頑張ります。

キャスター : 結野 亜希(ゆいの・あき)

キャスター : 結野 亜希(ゆいの・あき)

10月からキャスターを務めます結野亜希です。
社会人になって初めての仕事が故郷、NHK松山のラジオニュースのキャスターでした。
初心にかえり、みなさまの声に耳を傾け、今知りたいこと、安心安全につながる情報を丁寧にお伝えします。

愛媛県出身。
NHK松山→首都圏→BSニュース→Eテレ「きょうの料理」番組制作など。
40歳を過ぎて一念発起「気象予報士」の資格を取得し、沖縄局で3年間、気象キャスターを経験。
予報士の視点で沖縄戦の取材を重ね毎年、慰霊の日に報告しました。

趣味はモノを手放すこと。
「整理収納アドバイザー1級」を取得。
寅さんのようにトランク一つで暮らすことが夢。

ニュースデスク : 山崎 淑行(やまさき・よしゆき)

ニュースデスク : 山崎 淑行(やまさき・よしゆき)

ジャーナルの解説を担当してあっという間に2年目に突入。世界規模の大きなニュースが相次ぐ中で、リスナーの皆様に情報を伝えることの意味の大きさを改めて噛みしめています。
「このニュースの背景は?」「どこまで影響が広がるのか?」「次に気にしておくニュースは?」 ニュースの裏側と深層に切り込み、少しでもわかりやすく、そして少しでも為になる“視点”を皆様にお伝えできるよう努力を続けます。

山口県萩市生まれ。両親の仕事で大阪府枚方市に。大阪弁に囲まれて育ちました。フリーターや海外留学などを経て28歳で入局、初任地は福井局。その後報道局で、原発、エネルギー、宇宙、環境、認知症、がん治療、そして囲碁将棋まで幅広く取材。静岡で経済担当、名古屋では災害を担当。著書に「はやぶさ2の大冒険」「緊急解説!福島第一原発事故と放射線」など。

ニュースデスク : 緒方 英俊(おがた・ひでとし)

ニュースデスク : 緒方 英俊(おがた・ひでとし)

このたびNHKジャーナルに関わらせていただくことになりました。
長くデスク、記者として取材に携わってきましたが、このところ現場に出ることが少なくなり、寂しい思いをしていました。
ラジオというメディアは、幅広い方々に情報を伝えることができます。
また、インターネットとの融合で、音声だけでなく、画像をみなさんに届けることが可能です。
その喜びと、責任を痛感しながら、自分なりの解説をお届けしたいと考えています。

大阪府吹田市生まれ。転勤族で、学生時代は九州で過ごしました。初任地は宮崎局。奈良局で文化財取材を経験し、「飛鳥」についてのNHKスペシャルなどを制作したあと、報道局・科学文化部で文芸や伝統芸能、恐竜なども取材しました。デスクとしては山口局や和歌山局、千葉局も経験しています。前任は科学文化部の専任部長でした。共著として「奇跡のパンダファミリー」があります。

気象予報士 :福田寛之(ふくだ・ひろゆき)

気象予報士 :福田 寛之(ふくだ・ひろゆき)

朝から夜に戻ってきて4年目です。よりアップグレードした天気予報・防災情報をお届けできればと思っています。
時間帯や番組によって気象情報の伝え方は変わりますが、今日という日を振り返り、明日へとつながる夜をご一緒しましょう。

愛知県出身。ラジオセンターでは2010年4月より気象解説を担当。
これまでの出演番組は「きょうのニュース」「NHKジャーナル」「マイあさラジオ」「すっぴん!」。好きな食べ物はフルーツ全般。朝にリンゴを食べるのが日課。趣味は街の散歩、読書、地図。

Page Top