平成30年度 短歌選者紹介

東直子

東 直子(ひがし なおこ)

1963年、広島県生まれ。歌人、作家。96年に第7回歌壇賞、2016年に『いとの森の家』で第31回坪田譲治文学賞を受賞。歌集『春原さんのリコーダー』『青卵』『十階』、小説『とりつくしま』『甘い水』『薬屋のタバサ』、エッセイ集『千年ごはん』『七つ空、二つ水』『短歌の不思議』、共著に『短歌タイムカプセル』等、著書多数。「かばん」会員。

2009年〜2011年にかけて「NHK短歌」の選者を勤めさせていただきました。この度、再び携わることが出来、たいへん光栄です。2011年3月の最後の収録を終えた2日後に東日本大震災が起こり、図らずも記憶に深く刻まれることとなりました。あれから七年経ち、国も、町も、人も、様々に模索しつつ、いろいろな変化があったかと思います。刻々と変わりゆくこの時代。その中で生きる私たちの心を凝縮し、後世に伝えてゆけるような短歌作品を共に詠み、そして読み解いていければと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

真中朋久

真中 朋久(まなか ともひさ)

1964年、茨城県生まれ。気象予報士の資格を持ち、気象・防災・環境関連の仕事に従事。歌集に『雨裂』(第46回現代歌人協会賞)、『重力』(第15回寺山修司短歌賞)、『火光』など。1991年に「塔」入会、現在は選者。

何かもやもやとしているとき、そこから脱出するのは、「はっとする言葉」に出会う時ではないかと思うのです。それはたいてい、誰かから与えられた言葉ですが、できることなら自分で掴みとりたいもの。借り物の言葉でも、よく咀嚼して自分のものにして踏みだしてゆきたいものです。言葉は魔法です。毒にも薬にもなります。言葉の回路を鍛えることは、よりよく生きることにつながります。自分専用の、ちいさな言葉の実験室を持って、いろいろ試してみましょう。選ばれるかどうか、批評で何を言われるのかは重要なことですが一喜一憂せずに……というのは、私自身が心がけていることです。

松村由利子

松村 由利子(まつむら ゆりこ)

1960年、福岡市生まれ。「かりん」同人。馬場あき子に師事。歌集に『大女伝説』(第7回葛原妙子賞)『耳ふたひら』など。著書に『与謝野晶子』(第5回平塚らいてう賞)『31文字のなかの科学』(科学ジャーナリスト賞2010)『短歌を詠む科学者たち』など。全国紙の記者として働いた後フリーに。

【晶子の多才ぶりを伝えます】
与謝野晶子は、実に多才な歌人でした。女性が経済的に自立する大切さを説くなど、さまざまな社会評論をものし、子どもたちのために数々の童話も書きました。でも、デビュー作である『みだれ髪』の情熱的な恋の歌しか知らない人も多いのではないでしょうか。ワーキングマザーの先駆けだった晶子の生き生きとしたまなざしを、彼女の歌と文章から紹介してゆこうと考えています。
私自身、折々に彼女の言葉に勇気づけられ、隣にいる大先輩「晶子さん」のような親しみを感じてきました。皆さんにもその魅力が伝わりますように。

栗木京子

栗木 京子(くりき きょうこ)

短歌de胸キュン
1954年、愛知県生まれ。京都大学理学部卒業。大学生時代に短歌と出合う。現在「塔」短歌会選者。読売新聞、西日本新聞などの歌壇選者。歌集に『夏のうしろ』(読売文学賞)、『けむり水晶』(迢空賞)、『水仙の章』(斎藤茂吉短歌文学賞)など。歌書に『うたあわせの悦び』『現代女性秀歌』など。

短歌は五七五七七という定型をもつ表現形式です。この定型に沿って言葉を紡ぎ出すとき、作品は独特のしらべを生みます。五と七の組み合わせによって、味わい深い言葉の流れが作り出されるのです。
こうした短歌ならではのしらべについて、もっと意識的でありたいと考えています。単に意味だけを伝えるのならば、短歌でなくても詩やエッセイなどの表現方法を用いればよいわけですが、私たちが短歌を選んだのはきっとしらべの魅力に引き寄せられたからなのです。意味としらべの両面から作歌上達のコツを探ってみましょう。


平成30年度 番組司会者紹介

第1週・第2週 星野 真里(ほしの まり)

第3週 有森 也実(ありもり なりみ)

Page Top