これまでの特選作品

NHK短歌 2017年12月17日の特選歌
選者: 黒瀬珂瀾 題:「誕生日」または自由​

ちょうしんの ふるへるさきを みてをれば あをちちとする こえひびきたり
ラバウルの じょうどにちちが うまれしひ あふげみなみの じゅうじせいを
むすめより 「しゅっさんきねんび」の メールあり さきをこされし いわひのでんわ
かみのてを もつははが きりわけていた ごにんかぞくの たんじょうびケーキ
ははをしらず ははとなりたる あきのひは こすもすさきて このたんじょうび
たんじょうびには たけのこの くることを とうぜんとして ながきつきあひ
おいてなお このたんじょうびを くちにする つまはこらへの きおくにいきる
はなたばを このむおんなと おもわれているらし にじゅうごの うずをだく
なきひとの せいねんがっぴが まとっている しずかなしずかな たいおんのにおい

NHK短歌 2017年12月10日の特選歌
選者: 大松達知 題:「音」または自由​

ふるさとに みっかをかけて なじみゆき すこしずつ きこえるなみのおと
ペットボトル つぶすおとする もくようび きのうかもなく きょうふかもなく
なやむこの まよにならしし いっしゅんの ちゃくしんおんを めざめてしりぬ
ひとなつを ふりきるような おとがして ひかりのはなを てばなすよぞら
あたらしき かぞくをつれて くるむすこ かぎがあれども よびりんのおと
おおざるの あずきがゆれる そのなかを むさしのふねが ちかづいてくる
かいだんで ふいのめまいに たちどまり からだをながれる みずのおときく
トンネルに はいってまどを みつめれば じぶんがむおんで あることをしる
「ただいま」の 「ま」のおとすこし あがるひと さがるひがあり こはかえりくる

NHK短歌 2017年12月3日の特選歌
選者: 永田和宏 題:「歌・歌う」または自由​

とちゅうから ハミングにした こもりうた そっとひだりの うでをぬきたり
にちじょうは つばさのしたに すべられて かてなむらくも かみのいぬつき
ちゃくしんを カエルのうたに してみたら つまはへんじを くれなくなりぬ
うたごえは いつもちゃのまの ラジオから ごきゅうスーパー しゅやくのじだい
かわぎしに いぬとたたずみ たそがれの すすきのほなみ しばしながめる
ああここは うたごえきっさ あったばしょ あいつらいまは どこにどうして
おもいつく かぎりのしょうか えんえんと うたってうめる ははとのじかん
ゆあがりに つめをきりつつ ごきげんの おっとの「おうしょう」 はんおんずれて
くろダイヤ しごとなれども なつまつり たんこうぶしは わがちんこんか

NHK短歌 2017年11月19日の特選歌
選者: 黒瀬珂瀾 題:「動画」または自由​

たびだちは きょうかもしれず つきあおぐ みほとりのもの みなどうがめく
しろむくを レンズがおえば となりから こうせいのうに なきごえひろう
スカイプに つまあぎとえり ダッカから いちびょうかけて とどく「おやすみ」
はつまごの どうがをみれば まごよりも つまのねこなでこえが きになる
なにもかも ほっかぶりしたき はるのよを ゆらぐちゅうとう じばくのにゅーす
あきのよの すこしさびしい わたくしに こがみせにくる こねこのどうが
タップミスの どうがけさずに しまいおく たったにびょうに ちちがえむゆえ
どうがでしか あったことのない はつまごに なかれてしまった とうちゃくロビー
はやおくりの どうがのごとく ひはすぎて ふたりのこれり いなかのいえに

※過去1か月分を掲載しています。

Page Top