日曜美術館とは

「日曜美術館」は1976年4月の放送開始以来、40年以上続く長寿番組です。
絵画、彫刻、工芸、写真、書、現代アート…。多彩な作品をじっくり鑑賞しながら、その裏に隠された意外な事実や、芸術家の格闘、さらには、驚きの技法から時代の息吹まで、美にまつわる珠玉の物語をお届けします。スタジオには、アートに思いをよせるゲストをお招きし、独自の視点で語っていただきます。
 
去年始まった「熱烈!傑作ダンギ」。3人の個性的なゲストが集い、一人の巨匠をテーマに、それぞれが選ぶ傑作をきっかけに熱く談議するこのシリーズもまだまだ続きます。語る人が変われば、同じ絵でもぜんぜん違って見えます。幅広い美の楽しみ方をぜひご堪能ください。
今年は、好評をいただいている旅のブログと連動し、司会の2人が旅に出る「出かけよう、日美旅スペシャル」をスタートさせます。2人でひとつの場所をめぐり、その地だからこそ育まれた美の魅力を発見していきます。旅の気分がたっぷり詰まった新企画、ご期待ください。
 
番組後半の「アートシーン」では、全国で開催中の展覧会からオススメのものを選りすぐり、その見どころを凝縮してお伝えします。お出かけ情報が満載です。
日曜日の朝にEテレをつけると、素晴らしい美に出会えて、ちょっと心が豊かになって、うれしくなる。そんな番組を目指していきます。

キャスター紹介

井浦 新

井浦 新

1974年9月15日生まれ、東京都出身。1998年に是枝裕和監督の映画『ワンダフルライフ』に初主演。『かぞくのくに』で第55回ブルーリボン賞助演男優賞を受賞。以降、映画を中心にドラマ、ナレーションなど幅広く活動。
『一般社団法人 匠文化機構』にも従事し、日本の手仕事、歴史、伝統文化を未来に拡げていく活動を行っている。更に京都国立博物館の文化大使や『SAVE THE ENERGY PROJECT』のアンバサダーを務め、現代ならではの新しい価値を創り続けている。今年、60回目となる式年造替を撮影した写真集『春日大社 千古の杜』が出版された(1月19日発売)。

コメント

日曜美術館の司会の仕事を頂き5年目になりました。
大好きな「日美」にこれ程まで深く関わらせて頂き、光栄にも学ばせて頂いた5年。大変うれしくありがたく思っております。
5年目"ならでは"の司会として、この1年もしっかりと務めて参りたいと決意を新たに、高橋美鈴アナウンサーと積み上げてゆく42年目の日曜美術館を、皆さまどうぞよろしくお願い申し上げます。


高橋美鈴

高橋 美鈴

1994年NHK入局。これまでに札幌放送局と東京アナウンス室で勤務。
「NHKニュースおはよう日本」「N響アワー」「日本の伝統芸能」などを担当、「NHKスペシャル」などナレーション番組多数。今も続く新感覚の美術番組「美の壺」では初代ナレーターを務めた。北海道室蘭市出身。

(※高橋アナウンサーの「高」は、正しくは「はしご高」です。)

コメント

ふるさとを離れ上京した学生時代、美術展に足を運んでは1枚、2枚と気に入った作品の絵葉書を求めるのが楽しみでした。美術館を訪れるときのときめき、わくわくする気持ちは今も変わりません。長い歴史のある「日曜美術館」でどんな作品やアーティストをご紹介できるか、私自身とても楽しみです。番組がお届けする「美」をめぐる対話や物語が、ご覧いただいたみなさんの日々をより豊かにするように、そして時には生きる上での糧となるように、五感を研ぎ澄まし、心を開いて美と向き合っていきたいと思っています。

Page Top