NHKアーカイブスには、N響の過去60年分の演奏会音源、約5000曲が眠っています。
世界中から一流の指揮者やソリストが来日し、共演してきたN響の演奏の記録は、日本のクラシック音楽演奏の歴史と言っても過言ではありません。これまでほとんど再放送の機会がなかった貴重な音源を蔵出し放送していく番組、それが『N響 ザ・レジェンド』です!

番組ではお便り・リクエストを募集しています!
応募フォームからお送りください。
リクエストに際しては、アーカイブス・リストも参考にしてください。
お手紙・はがきでのご応募は、〒150-8001 「N響 ザ・レジェンド」係 までお送りください。

2月4日は、桂冠名誉指揮者としてN響にドイツ音楽の正統的な解釈をもたらした、ウォルフガング・サヴァリッシュ。彼が最も得意とした作曲家の一人、リヒャルト・シュトラウスの大作2曲をお送りします。

2月18日はフランス音楽を特集します。N響音楽監督としてフランス音楽に力を入れたシャルル・デュトワをはじめ、マルティノン、フルネなど、それ以前にN響にフランス音楽への扉を開いた指揮者による演奏をお聴きいただきます。

2月25日はチェコ・フィルの首席指揮者を長年務めるイルジー・ビェロフラーヴェクが、母国チェコの作曲家の珍しい作品を取り上げた1984年のN響定期から3曲をお送りします。
Page Top