NHKアーカイブスには、N響の過去60年分の演奏会音源、約6000曲が眠っています。
世界中から一流の指揮者やソリストが来日し、共演してきたN響の演奏の記録は、日本のクラシック音楽演奏の歴史と言っても過言ではありません。これまでほとんど再放送の機会がなかった貴重な音源を蔵出し放送していく番組、それが『N響 ザ・レジェンド』です!

らじる★らじる NHKネットラジオ
番組ではお便り・リクエストを募集しています!
応募フォームからお送りください。
リクエストに際しては、アーカイブス・リストも参考にしてください。
お手紙・はがきでのご応募は、
〒150-8001 「N響 ザ・レジェンド」係 までお送りください。

9月7日は、イタリアの指揮者アルド・チェッカートを取り上げます。
チェッカートは1934年ミラノ生まれ。アメリカのデトロイト交響楽団、ハンブルク・フィルの音楽監督などを歴任し、オペラとシンフォニーの両面で活躍しています。
幅広いレパートリーを誇るチェッカートの指揮で、レスピーギ、ショスタコーヴィチ、ラヴェルによる20世紀前半の音楽を聴きます。


9月21日は、フランスの名指揮者ジャン・マルティノンがN響と共演した1963年の演奏です。
マルティノン(1910~76)は、戦後パリ音楽院管弦楽団の指揮者を始め、ラムルー管弦楽団、シカゴ交響楽団、フランス国立管弦楽団などで要職を務めました。
マルティノンの作曲の師でもあったルーセルをはじめ、彼が最も得意とした近代フランスとロシア音楽を中心にお送りします。


9月28日は、リスナーからの要望にこたえるリクエスト特集です。
Page Top