番組紹介

『N響 ザ・レジェンド』は、N響の歴史を築いて来た巨匠指揮者たち、ローゼンストック、シュヒター、サヴァリッシュ、マタチッチ、シュタイン、スウィトナー、ヴァント、ライトナー…彼らの名演奏にもう一度出会える番組です。そして、ファンの皆さまの思い出の名演奏をリクエストすることができる番組です。
NHKアーカイブスに眠る、過去60年分のN響演奏会音源、約5000曲。それは、日本のクラシック音楽演奏の歴史とも言える貴重な“宝物”です。番組では、これまでほとんど再放送の機会がなかったそうした音源を、蔵出し放送していきます。
名演奏の中にはCD化され、発売されている、あるいは過去に発売されたものもあります。
そういった演奏もこの番組では、CDからではなく、改めてオリジナルの録音音源から放送していきます。
エネルギーに満ちたN響の名演奏を、じっくりとお楽しみください。

<オープニングテーマ>
ワーグナー作曲 歌劇「リエンチ」序曲
演奏:ウォルフガング・サヴァリッシュ指揮、NHK交響楽団
収録:1969年4月9・10日 東京文化会館
<エンディングテーマ>
モーツァルト作曲 セレナード ニ長調 K.239「セレナータ・ノットゥルナ」から 第3楽章
演奏:フェルディナント・ライトナー指揮、NHK交響楽団
収録:1990年10月7日 サントリーホール

出演者

池辺晋一郎(作曲家)

1943年生。67年東京芸術大学卒。71年同大学院修了。池内友次郎、矢代秋雄、三善晃の諸氏に師事。66年日本音楽コンクール第1位。以後音楽之友社賞、尾高賞2度、ザルツブルクTVオペラ祭優秀賞、イタリア放送協会賞3度、毎日映画コンクール音楽賞3度、日本アカデミー賞優秀音楽賞9度、放送文化賞、紫綬褒章など。作品:交響曲9曲、ピアノ協奏曲3曲、チェロ協奏曲、オペラ「死神」「鹿鳴館」「高野聖」他管弦楽曲、室内楽曲、合唱曲など多数。映画「影武者」「楢山節考」「うなぎ」「スパイ・ゾルゲ」「監督・ばんざい!」「剱岳・点の記」「春を背負って」他。TV「独眼竜政宗」「元禄繚乱」他。約500本の演劇の音楽を担当。著書「空を見てますか1~5」「モーツァルトの音符たち」他。2009年3月まで13年間NHK-TV「N響アワー」レギュラー出演。東京音楽大学客員教授、横浜みなとみらいホール館長、東京オペラシティ・ミュージックディレクター、石川県立音楽堂洋楽監督など。

檀ふみ(俳優)

檀ふみ(俳優)

高校生の時に映画デビュー。翌年からNHK「連想ゲーム」のレギュラーを15年間つとめ、お茶の間の人気者に。国内で映画「男はつらいよ・寅次郎純情詩集」「かまち」「山桜」ドラマ「日本の面影」「花の乱」「藏」「功名が辻」「花燃ゆ」他、数多くの作品に出演する一方でイギリスBBCとNHKとの共同制作ドラマ「ジンジャー・ツリー」やアメリカKCETとNHKとの共同制作ドラマ「エドとハル(邦題)」にも出演。オーストラリアでの舞台「SHADOW AND SPLENDOUR」」では唯一の日本人キャストとしてアデレイド映画祭にも参加。
池辺晋一朗先生と6年間司会をつとめた「N響アワー」での軽妙な語り口は、クラシック音楽を身近に親しむことができたと好評を博す。「新日曜美術館」で美術の楽しさを、「日めくり万葉集」では古典のすばらしさを伝えてきた。近年ではエッセイも好評で、阿川佐和子さんとの共著「ああ言えばこう食う」はベストセラーとなり、第15回講談社エッセイ賞を受賞。

Page Top