8月27日(日)放送

クアトロ・パロス

クアトロ・パロス

2007年結成。2度のメンバー交代を経て、2013年に現メンバー(斉藤泰士・多治川純一・萩野谷英成・前田司)となる。2009年、第21回日本ギター重奏コンクールで優勝、およびHARUMI賞を受賞。 第25回日本ギター合奏フェスティバルで行われた「ギター合奏作曲コンクール本選会」にて選出されたすべての作品の実演を行い好評を博す。首都圏を中心に、全国主要都市でも演奏活動を積極的に行っている。松岡滋、冨山詩曜、笹久保伸、永島志基、小関佳宏各氏から献呈され、メンバー独自の作・編曲にも力を入れるなど、ギター重奏の新しいレパートリーを追求している。
 

リサイタル・ノヴァから ~7つの質問~

1)自分の楽器の好きなところは?
A)
〔斉藤〕クラシックギターはとりわけ音色に大きな個体差の顕れる楽器です。私たちは楽器の製作者はもちろんのこと、師匠もそれぞれ違うので、もしパートを入れ替えても全く違う音楽が出来上がるのかと思います。その辺りの、各人の個性が出た音色を楽しんでもらえると嬉しいです。
〔多治川〕同意したり否定したり演奏中に音で会話ができる事
〔萩野谷〕ギターカルテットならギターの制約から解放され、ギターは小さなオーケストラといわれている程のたくさんの魅力を最大限に発揮出来る。
〔前田〕ソロで演奏不可能な曲でもカルテットならばそれが可能になる事と、豊かなハーモニーと熱いサウンド、それらを4人で共有し表現出来る事。

2)一番好きな作曲家は?
A)素晴らしい作曲家の方は沢山おりますが、その中でも昨年夭折した、日本を代表するギタリスト兼作曲家の佐藤弘和先生の作品は、その作品の素晴らしさと、生前大変親しくさせていただいた恩義も含め、今後の私達の代表的なレパートリーにしていきます。

3)暮らしてみたい街を1つだけ選ぶとしたら?
A)
〔斉藤〕生まれも育ちも埼玉県川口市で、各所へのアクセス、商店の数など、利便性がとても良いので……もし住処を変えられるとしても、「もう少し駅に近い場所に住みたい」なぁって感じです。
〔多治川〕ロンドンです。ギタリストの布袋寅泰さんが住んでいるから。
〔萩野谷〕バルセロナ
〔前田〕グアム

4)音楽家以外の道を進むとしたら何になりたい?もしくはなりたかった?
A)
〔斉藤〕幼い時はパイロット、中学に入ってギターに出会うまでは医者になりたいと思っていました。
〔多治川〕イケメンになりたかったです。
〔萩野谷〕考古学者
〔前田〕ジェームズ・ボンド

5)人生で一番影響を受けた人は?
A)
〔斉藤〕ギターカルテットには影響を受けていないので敢えてあげるとすれば、ボロディン弦楽四重奏、ラサール弦楽四重奏、SHAM SHADE、LUNA SEA、こんなところですね。
〔多治川〕Boφwy
〔萩野谷〕ロサンゼルスギターカルテット
〔前田〕ロサンゼルスギターカルテット

6)○○マニアという言葉に自分を当てはめると、何マニア?
A)
〔斉藤〕マニアというほどではないですが……今のブームは「ももクロ」と「将棋」です。特にももクロはヤバイ。
〔多治川〕布袋マニア ファン歴23年
〔萩野谷〕健康マニア
〔前田〕整理マニア

7)30年後の自分の姿は…?
A)
〔斉藤〕かつて自分が、今のギター界の一線で活躍する方々に憧憬をもって練習に熱を上げていたように、未来のヤングギタリスト達に影響を与えられるような団体を目指します。あと紅白歌合戦に出たいです
〔多治川〕メンバー全員の還暦コンサートも終わり、古希コンサートの企画中です。
〔萩野谷〕全国各地で楽しく優雅に演奏しています♪
〔前田〕その歳まで4人で演奏し続けているか、それとも4人それぞれ音信不通になっているかのどちらか(笑)


8月6日(日)放送

安達 真理(あだち まり)ビオラ

4歳よりバイオリンを始める。桐朋学園大学在学中にビオラに転向。卒業後、同大学研究生修了。2009年よりウィーンに渡る。ウィーン国立音楽大学室内楽科を経て、2013年、ローザンヌ高等音楽院修士課程を最高点で修了。2015年、同音楽院ソリスト修士課程を修了。2011年よりカメラータ・デ・ローザンヌのメンバーとして世界各地で多数の公演に出演。2013年よりインスブルック交響楽団にて2年間副首席ビオラ奏者を務めた。バーデンバーデン管弦楽団、インスブルック交響楽団、現在ソリストとしての活動のほか、クァルテット・レストロ・アルモニコ、アラウダ・カルテットのメンバーとして、日本とイギリスを拠点に室内楽にも力を入れている。

リサイタル・ノヴァから ~7つの質問~

1)自分の楽器の好きなところは?
A)人の声に近く、可憐さから重厚さまで幅広く表現できる音色です。

2)一番好きな作曲家は?
A)同じ作曲家であっても、人生の中で作風がかなり変わるので一概には言えませんが、時代に関係なく、イメージが湧き立ち、五感が刺激されるような曲が好きです。今回選んだ曲も、プロコフィエフの「ロミオとジュリエット」はストーリーを、ヒンデミットのソナタは様々な光や温度の質感を、最後のジンバリストのサラサテアーナは民族的な躍動感や官能性を感じます。

3)暮らしてみたい街を1つだけ選ぶとしたら?
A)以前はウィーン、インスブルック、ローザンヌに住んでいました。今はロンドンに滞在することが多いですが、ヨーロッパや日本とは全く違う文化のモロッコのようなオリエンタルな街に魅かれます。

4)音楽家以外の道を進むとしたら何になりたい?もしくはなりたかった?
A)たくさんあるのですが、同じ音楽でもちゃんとやってみたいのは歌です。イタリアものの明るいオペレッタや、じんとくるシャンソンを歌ってみたいです。 また、絵を描くことが好きなのでイラストレーター、美しい色やビジュアルが好きなので写真家やグラフィックデザイナー、文章を書くのも好きなのでコラムニスト、エキゾチックな魅力を持つベリーダンサー、また、スピリチュアルなことにも興味があるのでヒーラーにも憧れます。でも最近、どの要素も結局ビオラ演奏に含まれているなと感じるようになり、そのことをとても幸せに思います。

5)人生で一番影響を受けた人は?
A)母です。母の娘であることを誇りに思います。

6)○○マニアという言葉に自分を当てはめると、何マニア?
A)歯磨きマニアかも。笑
特に今は歯科矯正中で口の中がかなり複雑な状態なので、歯ブラシ3本と歯間ブラシを駆使しています。

7)30年後の自分の姿は…?
A)今以上にパワフルに、30年前の自分を笑い飛ばしながら、ニコニコと好きなことをやっていると思います。


7月30日(日)放送

クァルテット奥志賀

クァルテット奥志賀

会田莉凡・小川響子(バイオリン) 七澤達哉(ビオラ) 黒川実咲(チェロ)の4人による弦楽四重奏団。東京藝術大学、桐朋学園大学を卒業したメンバーが小澤国際室内楽アカデミー奥志賀にて出会い、研鑽を積み、より深くクァルテットを学び続けたいという気持ちから、2014年に結成。ザルツブルク・モーツァルト国際室内楽コンクール2015第1位。プロジェクトQ第12〜14章、セイジ・オザワ松本フェスティバル2015、東京・春・音楽祭、上野学園 石橋メモリアルホール・ランチタイムコンサートなどに出演。これまでに小澤征爾、原田禎夫、小栗まち絵、川本嘉子、川崎洋介、ジュリアン・ズルマンの各氏から指導を受ける。

リサイタル・ノヴァから ~7つの質問~

1)自分の楽器の好きなところは?
A)
【会田】 「4人でひとつの楽器」になれるところ。音を重ねてみて、音色を選んで、どの状態が一番心地良いのかを試行錯誤して、ひとりでは得られない、たくさんの発見と出会えるところ。
【小川】全て同じ弦楽器で構成されている上、和声の基本である四声で構成されているので、他の室内楽の形態よりも、完成された1つの宇宙のように感じるところ。
【七澤】自分1人ではたどり着けない 新しい音楽が常に生まれ続けるところ。意見がぶつかることも、辛いこともあるけれど、それを乗り越えて出来たものはかけがえのない宝物です。
【黒川】4人で一つの音楽を作り上げていけるところ。4つの音が本当に合わさった時の空気はたまりません…!!

2)一番好きな作曲家は?
A)
【会田】ベートーベン
【小川】ベートーベン・バルトーク
【七澤】ベートーベン(カルテット全曲弾ききりたいです!)、ドビュッシー、ラヴェル
【黒川】フランス物、近現代の作曲家の曲も勉強したいです

3)暮らしてみたい街を1つだけ選ぶとしたら?
A)
【会田】ハワイ(南国だけど涼しい季節もあって、湿度が低くて、海も空も綺麗。食べ物も美味しい。何よりもあの空気の匂いが好き。でもバイオリンはお休みしがちになりそう‥‥)
【小川】香川県さぬき市(うどんが大好き!)
【七澤】イタリア(人がみんな明るくて、細かいことはあまり気にしない感じが自分には合っている気がします 笑 夏も含めて気候がカラッとしているのも羨ましいです)
【黒川】イタリア

4)音楽家以外の道を進むとしたら何になりたい?もしくはなりたかった?
A)
【会田】女優
【小川】法律家
【七澤】パイロット
【黒川】お団子屋さん

5)人生で一番影響を受けた人は?
A)
【会田】ロータスカルテット。素晴らしい音楽と音色、そして音楽を通じての自分たちの言葉、の強さを感じます。
【小川】東京クァルテットの初期メンバーの先生方です。
【七澤】エマーソンカルテット(コントラストがあり、パリッとまとまったかと思ったらその後に陰りなども絶妙に表現してて憧れる)エベーヌ弦楽四重奏団(独特な空気感がとても好き!)
【黒川】東京クヮルテットです。

6)○○マニアという言葉に自分を当てはめると、何マニア?
A)
【会田】基本的に「熱しやすく冷めやすい」性格ですが(バイオリンはよく続いてると思います)最近は紅茶、特にアールグレイにハマっています。毎日飲みますし、アールグレイのお菓子は見つけようものなら、必ず買います。
【小川】うどんマニア
【七澤】新しい電化製品には目がないです。そのほか、一眼レフカメラも好きですし、都内の仕事はだいたいクロスバイクで移動しています。車の運転も好きです。サーキットに行きたいです。(なんか浅く広くだからマニアじゃないですね笑)
【黒川】お肉マニア。お酒と美容も大好きです。

7)30年後の自分の姿は…?
A)
【会田】まずは続けていたいです!!願わくば、京都アルティ弦楽四重奏団のように、オーケストラのコンサートマスターや首席奏者となってクァルテットを続けている‥‥という姿を妄想しています。
【小川】30年後もそれぞれの経験や、考える音楽を素直にぶつけられるメンバーであり続けたいなと思います。
【七澤】お互いの演奏に常に刺激を受け続けて、気が付いたら なんか凄いところに到達していた!となるような 円熟した音楽を奏でられる演奏家&クァルテットを目指しています
【黒川】ハーゲン弦楽四重奏団のように、個人個人での活動もしながら、クァルテットも演奏していられたら幸せです。


7月23日(日)放送

佐竹 裕介(さたけ ゆうすけ)ピアノ

佐竹 裕介(さたけ ゆうすけ)ピアノ

京都市立芸術大学を首席卒業。同大学卒業演奏会、読売新人演奏会に出演。同大学院修士課程を修了。フライブルク音楽大学へ交換留学。 吹田音楽コンクール、宝塚ベガ音楽コンクール等に入賞。京都芸術祭新人賞を受賞。京都市交響楽団、京都フィルハーモニー室内合奏団等と協奏曲を共演。アンサンブル・ピアニストとしても活動し、伴奏者としてこれまでに東京オペラシティ・リサイタルシリーズ「B→C」、兵庫県立芸術文化センター「ワンコインコンサート」等に出演。オーケストラのピアノ・チェレスタ奏者として多数のオーケストラに客演している。 これまでに森本雅子、両澤隆宏、迫昭嘉、阿部裕之、上野真、M.ロイシュナーの各氏に師事。華頂女子高等学校音楽科講師。 

リサイタル・ノヴァから ~7つの質問~

1)自分の楽器の好きなところは?
A)会場に持って行かなくてもよいところ。

2)一番好きな作曲家は?
A)ベートーベン。

3)暮らしてみたい街を1つだけ選ぶとしたら?
A)イスタンブール。

4)音楽家以外の道を進むとしたら何になりたい?もしくはなりたかった?
A)小さい頃から物をつくるのが好きでした。何かを設計する仕事をしてみたかったです。

5)人生で一番影響を受けた人は?
A)レナード・バーンスタイン。20世紀を代表する総合的な音楽家だと思います。

6)○○マニアという言葉に自分を当てはめると、何マニア?
A)散歩マニア。

7)30年後の自分の姿は…?
A)「健脚家」として日々よく歩いていたいです。


7月16日(日)放送

橋爪 惠梨香(はしづめ えりか)オーボエ

橋爪 惠梨香(はしづめ えりか)オーボエ

相愛高校音楽科を経て相愛大学音楽学部に入学。卒業後渡独し、2012年ドイツ国立カールスルーエ音楽大学修士課程を卒業。2013年にフランス・モンベリアール地方音楽舞踏演劇学校にてディプロマを取得。第85回日本音楽コンクール第1位、岩谷賞(聴衆賞)、瀬木賞を受賞。2017年小澤征爾音楽塾オペラプロジェクトに参加。これまでに朝倉祥古、故岩崎勇、清水明、土井恵美、古部賢一、高島美紀、トーマス・インデァミューレ、クリスティアン・シュミット、ジャック・ティス、アネッテ・シュッツ各氏に師事。

リサイタル・ノヴァから ~7つの質問~

1)自分の楽器の好きなところは?
A)音色です。

2)一番好きな作曲家は?
A)バッハ。聴いててすごく癒されます。

3)暮らしてみたい街を1つだけ選ぶとしたら?
A)うーん。山か海の近くがいいです。自然に囲まれて暮らしたいですね。

4)音楽家以外の道を進むとしたら何になりたい?もしくはなりたかった?
A)踊れる人になりたいのでバレリーナとかダンサー。

5)人生で一番影響を受けた人は?
A)いろんな人や物に影響を受けていますが、オーボエで影響を受けてるのはトーマス•インデァミューレとクリスチャン•シュミットです。

6)○○マニアという言葉に自分を当てはめると、何マニア?
A)ジブリマニア。紅の豚が好きです。

7)30年後の自分の姿は…?
A)自然に囲まれてのんびり暮らしている。


7月9日(日)放送

森本 美帆(もりもと みほ)ピアノ

森本 美帆(もりもと みほ)ピアノ

兵庫県尼崎市出身。京都市立芸術大学音楽学部、同大学院修士課程を修了。2012年よりハンガリー国立リスト・フェレンツ音楽大学へ留学。同大学修士演奏家コースへ進学後、最高課程ソロピアニストコースへ第一期生として編入。2015年同課程を最優秀の成績で修了、国家演奏家資格を取得。2016年リスト国際ピアノコンクール(ハンガリー)ファイナリスト、ディプロマ授与。第18回エウテルペ国際音楽コンクール(イタリア)、第7回エリオドロ・ソッリマ国際コンクール(イタリア)など国内外のコンクールにて多数優勝。ドイツ、日本、ハンガリーを中心に各国で演奏活動を行う。ハンガリー国立オペラ座ファイローニ管弦楽団、ハンガリー放送交響楽団、リスト室内管弦楽団、コンチェルト・ブダペスト等とピアノ協奏曲を共演。2014年にはベルリン・フィルハーモニー管弦楽団首席クラリネット奏者ヴェンツェル・フックス氏とデュオ・リサイタルを開催(ブダペスト)。2016年11月に完全帰国。帰国後は拠点を日本に移し、演奏活動の他、後進の指導、講演会などにも積極的に取り組んでいる。これまでにピアノを故片岡みどり、坂井千春、野原みどり、シャーンドル・ファルヴァイ、カールマーン・ドラーフィ、バラージュ・レーティの各氏に師事。

リサイタル・ノヴァから ~7つの質問~

1)自分の楽器の好きなところは?
A)多彩な音色、音質、音量で自在に表現できるところ。奏者によって全く違う音楽を奏でられるところが魅力です。

2)一番好きな作曲家は?
A)リストとラフマニノフ。

3)暮らしてみたい街を1つだけ選ぶとしたら?
A)明るく開放的な南イタリアの街も好きですが、暮らすのはきっと日本が一番だと思います。京都など風情のある街にも憧れます。

4)音楽家以外の道を進むとしたら何になりたい?もしくはなりたかった?
A)昔からスポーツが好きでした。特にバドミントンと水泳が好きだったので、どちらかの選手。

5)人生で一番影響を受けた人は?
A)両親。

6)○○マニアという言葉に自分を当てはめると、何マニア?
A)抹茶味マニア。抹茶という文字を見つけると飛びつきます。笑

7)30年後の自分の姿は…?
A)今と変わらず音楽と共に生きていられたら幸せです。


7月2日(日)放送

山本 真帆(やまもと まほ)ハープ

山本 真帆(やまもと まほ)ハープ

京都生まれ。7才よりアイリッシュハープ、10才よりグランドハープを始める。2004年、第1回京都日仏ハープ塾入塾審査に最年少12才で合格。以降、パリ国立高等音楽院イザベル・モレッティ教授のマスタークラスを日本・フランスにて受講。2005年より2008年まで、京都市ジュニアオーケストラに在籍。2009年渡仏。パリ・エコールノルマル音楽院にて高等演奏ディプロムを取得。2012年度ディプロム取得試験では審査員特別賞を受賞。2014年、シドニーでの世界ハープ会議にて作曲家ベルナール・アンドレス氏の作品についての公開マスタークラスに出演。これまでに国内をはじめ、フランス、スペイン、リヒテンシュタイン等でソロ演奏を行う。2012年、2014年、2016年、京都にてソロリサイタル開催。2016年9月、スペイン・アルパオルタ国際ハープワークショップの招聘によりレリダ市サンロレンツォ教会にてリサイタル開催。アンサンブルでは2015年6月、パリ14区ダリウス・ミヨー音楽院室内楽試験の伴奏者をつとめる。また、同年11月には大阪市『咲くやこの花芸術祭』にハープトリオで出演。山根ひろみ、三浦由美子、ジェルメーヌ・ロレンティーニ、イザベル・ペランの各氏に師事。2015年夏に帰国。現在ソロ、アンサンブル、オーケストラなどの演奏活動を行っている。

リサイタル・ノヴァから ~7つの質問~

1)自分の楽器の好きなところは?
A)真珠のネックレスのような、均一で丸みのある美しい音色です。直接指で弦を弾いて音を出すので、自分の力加減がダイレクトに楽器へ伝わるところも好きです。

2)一番好きな作曲家は?
A)マルセル・トゥルニエ。演奏する『妖精』の作曲者で、私にとって先生の先生のさらに先生に当たる方です。とてもフランスらしい、うっとりするような美しい響きの曲を書かれています。

3)暮らしてみたい街を1つだけ選ぶとしたら?
A)スペインのレリダ。カタルーニャ地方のバルセロナに近い場所にある町で、作曲家のグラナドスの生誕地でもあります。
何度か講習やコンサートで訪れ、ホームステイもさせてもらいました。自然豊かな気持ち良い場所で、食べ物がおいしくて、なにより人々がみんなアットホームでとても良い人達でした。故郷の京都や留学していたパリと同じくらい大好きな町です。

4)音楽家以外の道を進むとしたら何になりたい?もしくはなりたかった?
A)もし音楽以外の仕事をするなら、水族館で働いてみたいです。

5)人生で一番影響を受けた人は?
A)一番というと選びきれませんが、やはりまずは両親と、これまでに教えて下さった先生方です。

6)○○マニアという言葉に自分を当てはめると、何マニア?
A)食べ物マニア。おいしい物を食べるのが好きです。

7)30年後の自分の姿は…?
A)以前、フランスで師事していた先生が「初めはただの石のように見えても、磨けばこんなに綺麗な宝石が出てくるかもしれない。だから、頑張って自分の中の宝石を磨きなさい」と言って下さった事がありました。
自分の石を大事に磨き続けて、30年後に宝石のかけらが見つかっていたら嬉しいです。


6月25日(日)放送

トワイライト・トロンボーンカルテット

トワイライト・トロンボーンカルテット

2008年、東京藝術大学で共に研鑽を積んだ卒業生及び学部生で結成。結成当初からコンサートやフェスティバル出演、チャリティー活動など幅広い活動をしている。トロンボーンという楽器の魅力やそれぞれの持ち味を生かしたメンバー自身の作編曲や、時には音楽劇などの取り入れたりと、多様なステージが魅力である。2012年から、録音の分野でも活躍し、スプリングツアーと題し全国各地で公演を行っている。また夏にはトワイライト納涼祭、冬にはファン感謝祭を行なっており、2017年の秋からはオリジナル作品を中心とした定期公演を予定するなど精力的に活動している。

リサイタル・ノヴァから ~7つの質問~

1)自分の楽器の好きなところは?(※トロンボーンカルテットの魅力について)
A)
〔今村〕音色そのもの。特に柔らかくて暖かい音は魅力的だと思います。
〔東川〕他の楽器ではなかなか味わえないハーモニーがあった時の美しさを感じられるところ。
〔廣田〕トロンボーンは人の声に近く、和音が綺麗なところと、4人いればどんな曲でもできるところ。
〔佐藤〕バストロの低音が好き。カルテットの魅力は、ハーモニー。そしてグループでやっているというアットホームな雰囲気。

〔トロンボーンカルテットの魅力〕ハーモニーが美しいところ、幅広いジャンルが演奏できるところ。

2)一番好きな作曲家は?(※楽団として力を入れて取り組みたい作曲家)
A)
〔今村〕ブラームス
〔東川〕チャイコフスキー、プッチーニ
〔廣田〕チャイコフスキー、久石譲
〔佐藤〕バッハ、菅野よう子

〔楽団として取り組みたい作曲家〕ジャンルにとらわれず様々な作品を取り入れたい。

3)暮らしてみたい街を1つだけ選ぶとしたら?(※4人それぞれ)
A)
〔今村〕高知
〔東川〕沖縄
〔廣田〕ロンドン
〔佐藤〕鎌倉の古民家

〔カルテットの拠点にしたい場所〕東京

4)音楽家以外の道を進むとしたら何になりたい?もしくはなりたかった?(※4人それぞれ)
A)
〔今村〕プロデューサー
〔東川〕料理人(和食か中華)
〔廣田〕電車の運転手
〔佐藤〕職人(楽器製作者など)

5)人生で一番影響を受けた人は?(※楽団として影響を受けた楽団など)
A)
〔今村〕ジョン・ウィリアムズ
〔東川〕イチロー
〔廣田〕ヨルゲン・ファン・ライエン
〔佐藤〕師匠

〔楽団として影響を受けた楽団〕東京トロンボーン四重奏団

6)○○マニアという言葉に自分を当てはめると、何マニア?(※4人それぞれ)
A)
〔今村〕温泉
〔東川〕料理
〔廣田〕阪神タイガース、ガンバ大阪、電車、飛行機、ビル
〔佐藤〕ガンダム

7)30年後の自分の姿は…?(※楽団の将来像)
A)
〔今村〕相変わらず一喜一憂しながらトロンボーンを吹いてそう。目標としては引退間近の年齢を顧みず現役バリバリの演奏家として活動していたい。
〔東川〕オーケストラを引退して近所の人ばかりの小料理屋をやってみたい。
〔廣田〕何かしら音楽やってる。
〔佐藤〕その時素敵だなと思うことをやっている大人であってほしいなぁと思います。

〔楽団の将来像〕トロンボーンカルテットの代名詞になるような楽団になりたい。


6月18日(日)放送

相川 瞳(あいかわ ひとみ)打楽器

相川 瞳(あいかわ ひとみ)打楽器

2006年東京藝術大学音楽学部打楽器科卒業。これまでに打楽器を萱谷亮一、有賀誠門、藤本隆文の各氏に師事。在学中に大学主催の演奏会(モーニングコンサート)のソリストに選ばれる。同大学、同声会賞受賞。2007年3月には、ブルガリアで開催されたプロヴディフ国際打楽器コンクールDUO部門にて服部恵と共に出場、2位入賞(1位なし)。2013年12月には「大友良英withあまちゃんスペシャルビッグバンド」のメンバーとして、NHK紅白歌合戦に出場。レコーディング、アーティストサポート、現代音楽、ミュージカル等、幅広く活動している。

リサイタル・ノヴァから ~7つの質問~

1)自分の楽器の好きなところは?
A)特にないです。他のどの楽器にも興味があるし、打楽器だから好きという訳ではないような気がします。

2)一番好きな作曲家は?
A)こちらも特には無いような気がします。それぞれ好きなところが違いますので。

3)暮らしてみたい街を1つだけ選ぶとしたら?
A)北海道

4)音楽家以外の道を進むとしたら何になりたい?もしくはなりたかった?
A)今は音楽以外の人生は考えられないです、が…強いていえば作家…ですかね。

5)人生で一番影響を受けた人は?
A)大勢の方から影響を受けましたが、こちらも強いていえば、大学の時の教授です。

6)○○マニアという言葉に自分を当てはめると、何マニア?
A)うーん…あまり思いつかないのですが…ムーミン…かなぁ…。

7)30年後の自分の姿は…?
A)63歳なりの音を出しているか、もしくはこの世に居ないかのどちらかだと思います。


6月11日(日)放送

隠岐 彩夏(おき あやか)ソプラノ

隠岐 彩夏(おき あやか)ソプラノ

青森県出身。岩手大学教育学部卒業。東京藝術大学大学院音楽研究科修士、博士後期課程修了。博士号(音楽)取得。2009年第20回友愛ドイツ歌曲コンクール第1位、文部科学大臣賞受賞。2013年Théâtre Lyrichorégra 20主催 国際オペラガラコンサート(於モントリオール)日本代表。2016年第85回日本音楽コンクール声楽部門第1位。岩谷賞(聴衆賞)、E. ナカミチ賞受賞。「マタイ受難曲」「ヨハネ受難曲」「ロ短調ミサ」「メサイア」等、数多くの宗教曲のソリストを務める。声楽を佐々木正利、朝倉蒼生、秦貴美子、寺谷千枝子、Nazzareno Antinoriの各氏に師事。

リサイタル・ノヴァから ~7つの質問~

1)自分の楽器の好きなところは?
A)自分自身が楽器ですので、なんとも言えない愛着があります(笑)常に発見があるところが面白いし、好きです。
Nel canto, tutti, siamo studenti fino alla morte.
“歌に関して言えば、私たちはみんな死ぬまで学生なのです。” Byマリア・カラス
これは声楽を勉強して間もない頃、楽譜の頭書きに書いてあった言葉で、忘れないようにレッスン手帳にメモした事を覚えています。

2)一番好きな作曲家は?
A)たくさんいて、とても決められません。バッハとシューマンは特別に好きです。プッチーニも好きです。

3)暮らしてみたい街を1つだけ選ぶとしたら?
A)海の見える街。(アムステルダム、鎌倉、、1つに絞れません!)

4)音楽家以外の道を進むとしたら何になりたい?もしくはなりたかった?
A)ねぷたの絵付師。

5)人生で一番影響を受けた人は?
A)両親と、恩師です。

6)○○マニアという言葉に自分を当てはめると、何マニア?
A)音楽マニア。冷麺マニア。睡眠マニア。

7)30年後の自分の姿は…?
A)今よりも家族が増えて、愛犬も加わり、仲良く暮らしていたい。愉快な音楽仲間と、一緒に音楽できていたら最高に幸せ。


6月4日(日)放送

樋口 一朗(ひぐち いちろう)ピアノ

樋口 一朗(ひぐち いちろう)ピアノ

桐朋学園大学2年在学中。生まれつき目が悪く、その訓練として指を使うと良いと聞き4才よりピアノを始める。現在は視力も回復。第24回九州山口ジュニアコンクール中学の部 最優秀賞 グランプリ受賞。第8回熊谷ひばりピアノコンクール金賞、併せて埼玉県知事賞受賞。第35回飯塚新人音楽コンクール第1位 、併せて 文部科学大臣賞、朝日新聞社賞、飯塚市長賞、飯塚文化連盟賞を受賞。かさま国際音楽アカデミー2016にてM.ヴォスクレセンスキー、岡本美智子、青柳晋の各氏のレッスンを受講。大学内成績優秀者によるStudents'Concertに出演。第85回日本音楽コンクール第1位、併せて、野村賞、井口賞、河合賞、E・ナカミチ賞、アルゲリッチ財団賞を受賞。渡邊一正氏の指揮による東京シティフィル交響楽団とラフマニノフピアノ協奏曲第3番を共演。九州交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団とラフマニノフピアノ協奏曲第2番を共演。 M.ヴォスクレセンスキー、P.ドゥバイヨン、B.リグットの各氏のレッスンを受講。これまでに川口由美子氏、中村順子氏、現在岡本美智子氏に師事。

リサイタル・ノヴァから ~7つの質問~

1)自分の楽器の好きなところは?
A)感情、想いなど全てを音にぶつけられるところですね。あとは終わりが見えないところです。きっとあと何十年後たっても
ずっと何かに憧れて練習してると思います。

2)一番好きな作曲家は?
A)ラフマニノフやリストなどもとても好きなのですがやはり一番はショパンです。 

3)暮らしてみたい街を1つだけ選ぶとしたら?
A)空気の綺麗なオーストラリアとかいいですね。空気清浄機のいらない国がいいなぁ。僕はアレルギーがひどいので(笑) 

4)音楽家以外の道を進むとしたら何になりたい?もしくはなりたかった?
A)スポーツバリバリやって突き詰めてみたいです!野球とか!サッカーとか!

5)人生で一番影響を受けた人は?
A)恩師の岡本美智子先生です。

6)○○マニアという言葉に自分を当てはめると、何マニア?
A)しいてゆうとすればバンドですかね。UVERworldってバンドがとても好きで暇があればliveの動画なんかを見ちゃいます!

7)30年後の自分の姿は…?
A)50歳…とにかく元気で休みに家族や友達と海なんかにいってアクティブなピアノ弾きでいてほしい(笑)


※過去2ヶ月分を掲載しています。
Page Top