1月22日(日)放送

柿沼 麻美(かきぬま あさみ)ファゴット

柿沼 麻美(かきぬま あさみ)ファゴット

栃木県出身。12歳よりファゴットを始める。東京藝術大学を卒業し、同大学大学院修士課程修了。第26回宝塚ベガ音楽コンクール木管部門第1位及び兵庫県知事賞受賞、入賞記念演奏会「ベガ・ウィナーズコンサート」に出演。第13回東京音楽コンクール木管楽器部門第3位。第33回日本管打楽器コンクールファゴット部門第1位及び文部科学大臣賞、東京都知事賞を受賞。新日本フィルハーモニー交響楽団、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団と協奏曲を共演。小澤征爾音楽塾、田中千香士音楽祭、宮崎国際音楽祭等に出演。これまでにファゴットを吉澤真一、坂田在世、水谷上総、岡崎耕治、岡本正之の各氏に、コントラファゴットをビョルン・グロート、菅原恵子の各氏に師事。現在、千葉交響楽団ファゴット奏者。

リサイタル・ノヴァから ~7つの質問~

1)自分の楽器の好きなところは?
A)可愛い見た目と温かい音色が好きです。

2)一番好きな作曲家は?
A)モーツァルトです。

3)暮らしてみたい街を1つだけ選ぶとしたら?
A)ドイツのハンブルクです。

4)音楽家以外の道を進むとしたら何になりたい?もしくはなりたかった?
A)客室乗務員になって様々な国に行ってみたいです。

5)人生で一番影響を受けた人は?
A)先生方、友人たち、家族…日々沢山の方々から影響を受けています。
一番最近だとNDRエルプフィルハーモニー管弦楽団(ハンブルク北ドイツ放送交響楽団)首席コントラファゴット奏者のビョルン・グロート先生です。
先生に出会ってからコントラファゴットも取り組むようになりました。

6)○○マニアという言葉に自分を当てはめると、何マニア?
A)最近は健康マニアかもしれません。
演奏会が続く時は、翌日に疲れを残さないために必要な栄養を取ったり腕の疲れを早く取るためのストレッチをしたりしてコンディションを整えています。

7)30年後の自分の姿は…?
A)ファゴット奏者として演奏活動をしながら後進の指導も行い音楽の楽しさを伝えられたら良いなと思います。
毎日、音楽と笑顔溢れた生活が送れていれば幸せです。

1月15日(日)放送

福澤 里泉(ふくざわ さとみ)バイオリン

福澤 里泉(ふくざわ さとみ)バイオリン

11歳よりバイオリンを始める。京都市立京都堀川音楽高等学校、京都市立芸術大学卒業。第9回日本演奏家コンクール第2位併せて協会賞、第12回大阪国際音楽コンクール第2位。第24回京都芸術祭音楽部門デビューコンサートにて聴衆賞受賞など数々のコンクールに入賞。2012年、京都青山音楽記念館バロックザールにて、2015年、大阪いずみホールにて、日本演奏連盟・文化庁主催によるソロリサイタルを開催。西川節子、田村隆至、木村和代、故若林暢、佐藤一紀、戸田弥生、バブアゼ・ゲオルギ、森悠子、小森谷巧の各氏に師事。兵庫芸術文化センター管弦楽団コアメンバーとレジデント・プレイヤーを経て、現在ソロ・室内楽・オーケストラ・プロダンサーとの共演・パフォーマンスカンパニー「宇宙ビール」のメンバーなど幅広く活動。

リサイタル・ノヴァから ~7つの質問~

1)自分の楽器の好きなところは?
A)初めて今の楽器と出会った時、一音弾いてビビビッときて一目惚れでした。
パリ生まれの楽器で、あったかーい音色が出るところが好きです。
今まで聞いてきたバイオリンとは「一味違うなぁ」と感じました。

2)一番好きな作曲家は?
A)1つに絞るのは非常に難しいですが・・・ブラームスです。

3)暮らしてみたい街を1つだけ選ぶとしたら?
A)パリです。

4)音楽家以外の道を進むとしたら何になりたい?もしくはなりたかった?
A)卓球選手になりたかったです。

5)人生で一番影響を受けた人は?
A)庄司紗矢香さんです。

6)○○マニアという言葉に自分を当てはめると、何マニア?
A)柴犬動画マニア。

7)30年後の自分の姿は…?
A)音楽家として色々な経験を積み、音楽的にも人間的にも円熟期を迎えている。
たくさんの方に貢献できるような音楽家になっていたいです。


1月8日(日)放送

中山 航介(なかやま こうすけ)打楽器

中山 航介(なかやま こうすけ)打楽器

横浜市出身。幼少の頃よりピアノを習い、13歳から吹奏楽部にて打楽器を始める。東京芸術大学卒業、同大学修士課程修了。読売新人演奏会、神奈川県同声会新人演奏会に出演。2008年のPMF(パシフィック・ミュージック・フェスティバル)に参加。NHK交響楽団アカデミー修了。平成27年度京都市芸術新人賞を受賞。現在、京都市交響楽団首席打楽器奏者。ティンパニスト、パーカッショニスト、ピアノ伴奏者として活動する傍ら、打楽器カルテット「NaNoHaNa」、チェロと打楽器のデュオ「bokula」などの活動も行っている。これまでに杉山智恵子、百瀬和紀、有賀誠門、竹内将也、藤本隆文の各氏に師事。

リサイタル・ノヴァから ~7つの質問~

1)自分の楽器の好きなところは?
A)音も演奏してる姿も存在感があるところです。

2)一番好きな作曲家は?
A)とても難しいですが・・・マーラーです。

3)暮らしてみたい街を1つだけ選ぶとしたら?
A)オランダのアムステルダムです!しかし、今住んでいる京都も以前は住んでみたい街でした!

4)音楽家以外の道を進むとしたら何になりたい?もしくはなりたかった?
A)僕は子供の頃からずっと音楽家になるのが夢でしたが、もし違う職業のつけるのだとしたらビリヤードのプロとかいいですね!

5)人生で一番影響を受けた人は?
A)沢山の人に影響を受けましたが、一番は何と言っても両親です。

6)○○マニアという言葉に自分を当てはめると、何マニア?
A)強いて挙げるなら、漫画、アニメマニアですかね(笑)

7)30年後の自分の姿は…?
A)日本を代表するティンパニストになっていたいですね!


12月18日(日)放送

河野 由里恵(かわの ゆりえ)バイオリン

河野 由里恵(かわの ゆりえ)バイオリン

愛知県出身。愛知県立芸術大学首席卒業。中村桃子賞、桑原賞受賞。平成20年度優秀学生賞受賞。在学中、定期演奏会、室内楽演奏会、卒業演奏会、JT期待の音大生シリーズなど様々な演奏会に出演。2008年、第18回日本クラシック音楽コンクール全国大会最高位。2009年、第14回KOBE国際学生音楽コンクール最優秀賞、兵庫県知事賞、タカハシパール賞受賞。第21回レ・スプレンデル音楽コンクール室内楽部門第1位。2014年、ライプツィヒ音楽演劇大学にてマスター課程修了。2015年、東京芸術大学大学院音楽研究科修士課程修了。これまでに、長谷部直子、上田明子、服部芳子、アンドレアス・ザイデル、玉井菜採の各氏に師事。現在、藝大フィルハーモニアバイオリン奏者。

リサイタル・ノヴァから ~7つの質問~

1)自分の楽器の好きなところは?
A)音が好きです。あと、楽器の裏板の模様が変わっていてかっこいい所、楽器の顔も好きです。

2)一番好きな作曲家は?
A)一番を決めるのは難しいですが、ブラームスは特に好きな作曲家です。

3)暮らしてみたい街を1つだけ選ぶとしたら?
A)ドイツに留学していたのでドイツも大好きですが、次はパリで暮らしてみたいです。

4)音楽家以外の道を進むとしたら何になりたい?もしくはなりたかった?
A)昔は世界中を飛び回るCAに憧れていていました。

5)人生で一番影響を受けた人は?
A)先生方、両親、友人。本当にたくさんの方々から影響を受け、出会いに感謝しています。

6)○○マニアという言葉に自分を当てはめると、何マニア?
A)マニア・・・と言えるものはあまりないのですが、おいしいものを食べるのが好きです。

7)30年後の自分の姿は…?
A)音楽とどのような形であれ関わりながら、のんびり楽しく暮らしていたいです。

12月11日(日)放送

水野 優也(みずの ゆうや)チェロ

水野 優也(みずの ゆうや)チェロ

1998年生まれ。東京都出身。6歳よりチェロを始める。第83回日本音楽コンクールチェロ部門第3位。第13回東京音楽コンクール弦楽部門第1位及び聴衆賞。東京交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団ほか国内オーケストラと共演。室内楽にも積極的に取り組み、数多くのコンサートに出演。桐朋学園大学音楽学部チェロアンサンブル・サイトウ奨学生。2016年3月、桐朋女子高等学校音楽科(男女共学)を首席卒業。桐朋学園音楽部門特待生として桐朋学園大学音楽学部ソリスト・ディプロマ・コース1年在籍。現在、チェロを倉田澄子、室内楽を磯村和英、山崎伸子の各氏に師事。

リサイタル・ノヴァから ~7つの質問~

1)自分の楽器の好きなところは?
A)チェロの音色は人間の声に近く、とても心地の良い豊かな音が出るところです。そのためかチェリストには穏やかな人が多いような気がします。僕の楽器は大事な本番の真っ最中や、ここぞという時に僕を助けてくれます。練習をした分、楽器が応えてくれるような気がします。頼りになる相棒です。

2)一番好きな作曲家は?
A)その時勉強している作曲家も好きになりますが、昔からシューマンは好きです。甘いメロディーがなんともたまりません。

3)暮らしてみたい街を1つだけ選ぶとしたら?
A)沖縄です。昨年夏に見た、透き通るような海は忘れられません!のんびり過ごしたいです。

4)音楽家以外の道を進むとしたら何になりたい?もしくはなりたかった?
A)パイロット

5)人生で一番影響を受けた人は?
A)「僕をチェリストとして育てて下さるすべての先生方」ですが、その中でも、音楽高校の受験を決めた中学3年の時ト音記号もまともに書けなかった僕に、音楽の基礎知識を1年間かけて熱血指導して下さった、ソルフェージュの先生です。今では本当に頭が上がりません。

6)○○マニアという言葉に自分を当てはめると、何マニア?
A)スイーツマニアです。今は、いくら食べても太らないので幸せです!

7)30年後の自分の姿は…?
A)今と同じように元気でチェロを弾いていたいです。

12月4日(日)放送

西川 智也(にしかわ ともや)クラリネット

西川 智也(にしかわ ともや)クラリネット

大阪府出身。大阪教育大学教育学部教養学科芸術専攻音楽コース卒業。東京藝術大学大学院音楽研究科修士課程修了。N響アカデミー修了。第9回東京音楽コンクール木管部門第1位、第24回日本木管コンクールクラリネット部門第1位、第32回宝塚ベガ音楽コンクール木管部門第2位ほか受賞。日本フィルハーモニー交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団と協奏曲を共演。小澤征爾音楽塾、木曽音楽祭、東京・春・音楽祭などに出演。東京春祭特別オーケストラのメンバーとして、イタリアのラヴェンナ音楽祭に出演。現在、東京を中心にオーケストラ、室内楽奏者として多数の公演に参加している。

リサイタル・ノヴァから ~7つの質問~

1)自分の楽器の好きなところは?
A)多彩な音色が出せるところ。

2)一番好きな作曲家は?
A)どの作曲家も好きなので決められませんが、一人だけならシューベルト。

3)暮らしてみたい街を1つだけ選ぶとしたら?
A)ロンドン

4)音楽家以外の道を進むとしたら何になりたい?もしくはなりたかった?
A)小さい頃は大工さんになりたかったです。今なれるなら建築家。

5)人生で一番影響を受けた人は?
A)これは多くの人の影響を受け続けているのでわかりません。

6)○○マニアという言葉に自分を当てはめると、何マニア?
A)趣味があまりなくて広く浅くなので、マニアックなのはクラリネット関係くらいです。

7)30年後の自分の姿は…?
A)自分自身はあまり変わらないのではないかと思います。

11月27日(日)放送

景山 梨乃(かげやま りの)ハープ

景山 梨乃(かげやま りの)ハープ

東京藝術大学在籍中に福島賞、平山郁夫文化芸術賞を受賞。パリ・エコールノルマル音楽院最高ディプロムを審査員満場一致と特別評価を受け取得した後ベルリン芸術大学で学び、同時にベルリンフィル・カラヤンアカデミー修了。日本ハープコンクール第1位、リリーラスキーヌ国際ハープコンクール2位(1位なし)など。新日本フィルハーモニー交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団等とコンチェルトを協演。これまでに渡辺かや、篠崎史子、早川りさこ、松井久子、イザベル・ペラン、マリー=ピエール・ラングラメの各氏に師事。2016年9月ミュンヘンARD国際音楽コンクールハープ部門で3位入賞。現在、東京交響楽団首席ハープ奏者。趣味は相撲観戦。

リサイタル・ノヴァから ~7つの質問~

1)自分の楽器の好きなところは?
A)撥弦楽器ならではの粒の立った音色。撥弦楽器のなかでもハープは指で直接弾くので、柔らかい音も硬い音も自在に出せるのが好きです。

2)一番好きな作曲家は?
A)時によって変わりますが、今はモーツァルト

3)暮らしてみたい街を1つだけ選ぶとしたら?
A)富良野(行ったことはありませんが)

4)音楽家以外の道を進むとしたら何になりたい?もしくはなりたかった?
A)もし男だったら、相撲の呼び出しさんをやってみたかったです。

5)人生で一番影響を受けた人は?
A)ベルリンでの師匠のマリー=ピエール・ラングラメ先生

6)○○マニアという言葉に自分を当てはめると、何マニア?
A)相撲マニア

7)30年後の自分の姿は…?
A)相変わらず楽しくオーケストラで弾けていたらいいなと思います。


11月20日(日)放送

こぱんだウインズ

こぱんだウインズ

「こぱんだウインズ」は「ぱんだウインドオーケストラ」を母体とした木管六重奏団。「ぱんだウインドオーケストラ」は2011年、同年の東京藝大入学生を中心に結成。オーケストラの中心メンバーは2015年の大学卒業後も続々と国内外のコンクールで入賞を果たしているほか、プロの演奏家として各方面で活躍中。まさに次世代を担う管打楽器プレイヤーがそろう新進気鋭の吹奏楽団である。これまでにNHK-Eテレ「ららら♪クラシック」、TV朝日「題名のない音楽会」に出演。2016年3月に山田和樹らをゲストに迎えて開催した記念コンサート(東京藝術大学奏楽堂)は全席完売となった。結成当時より、新時代のウインドオーケストラとして管打楽器ならではの熱意ある活動を続けている。

リサイタル・ノヴァから ~7つの質問~

大久保 祐奈(おおくぼ ゆうな)フルート
1)自分の楽器の好きなところは?
A)しっくりきます。

2)一番好きな作曲家は?
A)Reinecke。ロマン派にフルート作品を書いてくれた数少ない作曲家です。

3)暮らしてみたい街を1つだけ選ぶとしたら?
A)一度訪れた“五島”での時間の流れ方が、とてもゆったりしていて心地良かったです。

4)音楽家以外の道を進むとしたら何になりたい?もしくはなりたかった?
A)農家で自給自足の生活をしてみたいです。

5)人生で一番影響を受けた人は?
A)最初のピアノの先生、磨季先生

6)○○マニアという言葉に自分を当てはめると、何マニア?
A)お洗濯干しマニア!

7)30年後の自分の姿は…?
A)人間も演奏も(体重以外)大きくなっていたいです。

藤本 茉奈美(ふじもと まなみ)オーボエ
1)自分の楽器の好きなところは?
A)人の声に近い音色

2)一番好きな作曲家は?
A)J.S.Bach

3)暮らしてみたい街を1つだけ選ぶとしたら?
A)北海道(梅雨がなく、夏も乾燥していてリードに良いため)

4)音楽家以外の道を進むとしたら何になりたい?もしくはなりたかった?
A)役者になって大河ドラマに出たい

5)人生で一番影響を受けた人は?
A)両親

6)○○マニアという言葉に自分を当てはめると、何マニア?
A)真田丸マニア。サウンドトラックをiphoneに入れて毎日聞いています。

7)30年後の自分の姿は…?
A)PANDASTIC!!を吹いています♪

山田 一輝(やまだ かずき)ホルン
1)自分の楽器の好きなところは?
A)音色

2)一番好きな作曲家は?
A)シベリウス

3)暮らしてみたい街を1つだけ選ぶとしたら?
A)フィンランド

4)音楽家以外の道を進むとしたら何になりたい?もしくはなりたかった?
A)料理人

5)人生で一番影響を受けた人は?
A)ファーガス・マクウィリアム

6)○○マニアという言葉に自分を当てはめると、何マニア?
A)ホルンマニア。コーヒーマニア

7)30年後の自分の姿は…?
A)痩せていることを願います。

皆神 陽太(みなかみ ようた)ファゴット
1)自分の楽器の好きなところは?
A)見た目。木材と金属が美しいバランスで組まれているところと、もう少し小さくならなかったのかな・・・というサイズ感。

2)一番好きな作曲家は?
A)チャイコフスキー。ファゴットにたくさんおいしいソロを書いてくれてありがとうと伝えたいです。

3)暮らしてみたい街を1つだけ選ぶとしたら?
A)出身の茨城県ひたちなか市。楽器をやっていなかったら、絶対に出たくなかったです。

4)音楽家以外の道を進むとしたら何になりたい?もしくはなりたかった?
A)小学生の時(ファゴットと出会う前)には、ソムリエになりたいと思っていました。

5)人生で一番影響を受けた人は?
A)師である岡崎耕治先生。音楽のことに限らず、人間として手本を見せてくださる方です。

6)○○マニアという言葉に自分を当てはめると、何マニア?
A)柄マニア。動物・花・和風・刺繍・・・大胆かつ繊細な柄には目がなく、それらに囲まれていると幸せです。

7)30年後の自分の姿は…?
A)今と変わらず、ファゴットの魅力を広めるため色々な活動をしていると思います。お願いだから髪の量も変わらないで・・・

佐藤 芳恵(さとう よしえ)クラリネット
1)自分の楽器の好きなところは?
A)あたたかい音

2)一番好きな作曲家は?
A)W.A.モーツァルト。クラリネット協奏曲とクラリネット五重奏曲は名曲です。

3)暮らしてみたい街を1つだけ選ぶとしたら?
A)沖縄。海の見えるとこに暮らしてみたいです。

4)音楽家以外の道を進むとしたら何になりたい?もしくはなりたかった?
A)アパレル関係

5)人生で一番影響を受けた人は?
A)母

6)○○マニアという言葉に自分を当てはめると、何マニア?
A)スマフォ割りマニア(笑)買って1週間以内にいつも割れてしまいます。

7)30年後の自分の姿は…?
A)ゴーヤのようにまっすぐに生きたい。

上野 耕平(うえの こうへい)サクソフォン
1)自分の楽器の好きなところは?
A)喜怒哀楽、すべてを表現できる!

2)一番好きな作曲家は?
A)選べません!

4)音楽家以外の道を進むとしたら何になりたい?もしくはなりたかった?
A)電車の運転手

5)人生で一番影響を受けた人は?
A)小学校の時の吹奏楽の先生

6)○○マニアという言葉に自分を当てはめると、何マニア?
A)鉄道マニア

7)30年後の自分の姿は…?
A)もっともっと魅力的な音楽家!


11月13日(日)放送

山﨑 亮汰(やまざき りょうた)ピアノ

山﨑 亮汰(やまざき りょうた)ピアノ

1998年福島県郡山市生まれ。ピティナ・ピアノコンペティションにて、2008年C級金賞、2012年G級(26歳以下)に中学2年生で銀賞。2014年、史上最年少タイの15歳で特級グランプリ、文部科学大臣賞など受賞。2012年にはジーナ・バッカウアー国際ピアノコンクール(米・ソルトレイクシティ)ジュニア部門にて日本人初優勝。2013年、第6回福田靖子賞選考会第1位受賞後、奨学生としてイタリアのコモ湖国際夏季ピアノアカデミーに参加。2016年7月、クーパー国際コンクールピアノ部門(米・クリーブランド)にて日本人初優勝。今後モンテカルロ、ジュネーヴで演奏会に招待されている。福島県立安積黎明高等学校3年在学中。

リサイタル・ノヴァから ~7つの質問~

1)自分の楽器の好きなところは?
A)楽器が大きいから、音の数も多くて表現の幅があるところが好きです。

2)一番好きな作曲家は?
A)ラフマニノフです。

3)暮らしてみたい街を1つだけ選ぶとしたら?
A)アメリカのソルトレイクシティ。自然が豊かで気候もよくて、一生住みたいと思うほどです。

4)音楽家以外の道を進むとしたら何になりたい?もしくはなりたかった?
A)料理をするのが好きなので、料理の道!?

5)人生で一番影響を受けた人は?
A)ダニール・トリフォノフ(ロシアのピアニスト)
雲の上の存在ですが、この人のおかげでもっとピアノをやりたいと思った。
全身で表現しようとする姿勢がすごい。この人のようになりたいと思う憧れの人です。

6)○○マニアという言葉に自分を当てはめると、何マニア?
A)いろんなコンクールの入賞者を知っているマニア。
現在はもちろん、過去のデータも調べて頭に入れています。

7)30年後の自分の姿は…?
A)音楽の道に進むと決めたので。
こつこつ勉強して、30年後もコンサートをやれていたらいいなと思います。


11月6日(日)放送

冨田 一樹(とみた かずき)パイプオルガン

冨田 一樹(とみた かずき)パイプオルガン

大阪音楽大学オルガン専攻を、最優秀賞を得て首席で卒業。同大学音楽専攻科オルガン専攻を修了。オルガンを土橋薫、ピアノを大竹道哉の各氏に師事した。バロック音楽を得意とし、数多くの演奏会に出演、オーケストラとの共演も行う。独学で編曲も行い、奏者や聴衆から好評を得ている。指揮者としての経験もあり、これまでバッハのカンタータを指揮、弾き振りするなどして活躍した。2016年には第20回バッハ国際コンクールのオルガン部門にて第一位と聴衆賞を受賞。現在、ドイツ・リューベック音楽大学大学院オルガン科に在学中。オルガンをアルフィート・ガスト(聖ヤコビ教会オルガニスト)、古楽をハンス・ユルゲン・シュノールの各氏に師事。声楽アンサンブルθ、阪神古楽倶楽部の通奏低音奏者、日本オルガニスト協会会員。

リサイタル・ノヴァから ~7つの質問~

1)自分の楽器の好きなところは?
A)ハーモニーを強く感じられる点。様々な音色を持っている点。オーケストラのような演奏効果がある点。

2)一番好きな作曲家は?
A)クラシック音楽だとJ.S.バッハ。クラシック以外だと崎元仁さん(ゲーム音楽などを手掛けている方です)。

3)暮らしてみたい街を1つだけ選ぶとしたら?
A)イタリアのソレント

4)音楽家以外の道を進むとしたら何になりたい?もしくはなりたかった?
A)漫画家、物理学者、数学者

5)人生で一番影響を受けた人は?
A)J.S.バッハ

6)○○マニアという言葉に自分を当てはめると、何マニア?
A)古楽マニア

7)30年後の自分の姿は…?
A)世界に通用するレベルの古楽団体に所属し、通奏低音奏者や指揮者として活躍する。

※過去2ヶ月分を掲載しています。
Page Top