8月8日(火)放送 きゅうりのレシピ (きゅうり 愛媛県・西条市)

蛇腹きゅうりの酢の物

蛇腹きゅうりの酢の物

日本料理 中田圭祐さんのレシピです。
(お店では提供していません)

<材料>(2人分)
きゅうり(2本)、塩水(2.5%~3%・ 200cc)、昆布(粉末昆布でも代用可)、かつおだし(50cc)、酢(小さじ5)、薄口しょうゆ(小さじ4)、みりん(小さじ4)、わかめ(5g)、カニ缶(10g)

<作り方>
(1)塩をまぶしたきゅうりを板ずりし蛇腹切りする。
(2)塩水にきゅうりと昆布を入れ、15分~20分ほど浸ける。
(きゅうりがしんなりするまで。)
(3)【土佐酢を作る】鍋にかつおだし・みりん・薄口しょうゆ・酢を入れ、火をつけ一煮立ちし、氷水に10分ほど浸け、冷やす。
(4) きゅうりがしんなりしたら、1.5センチ幅で切る。
(5) きゅうりにわかめとカニ缶を添え、上から(3)の土佐酢をかける。

きゅうりの豚味噌和え

きゅうりの豚味噌和え

日本料理 中田圭祐さんのレシピです。
(お店では提供していません)

<材料>(きゅうり1本分)
きゅうり(1本)、豚ひき肉(150g)、信州みそ(75g)、酒(大さじ1)、薄口しょうゆ(大さじ1)、サラダ油(適量)、しょうが(50g)、砂糖(大さじ4)、みりん(小さじ5)、水・酒(各50cc)

<作り方>
(1)塩をまぶしたきゅうりを板ずりし、さいの目切りする。
(2)豚ひき肉に、水・酒を入れ、混ぜながら中火にかける。
(3)火が通ったら、ザルで汁をこす。
(4)鍋にサラダ油をひき刻んだしょうがと、(3)の豚ひき肉、信州みそ、砂糖、酒・みりん・薄口しょうゆを入れ、中火で一煮立ちさせる。
(5)鍋からボウルに移し替えて、冷蔵庫で約1時間冷やす。
(6)豚味噌が冷めたら、(1)のきゅうりと和える。
 


きゅうりのビール漬け

きゅうりのビール漬け

きゅうり農家 日野さんのレシピです。

<材料>(きゅうり2本分)
きゅうり(2本)、砂糖(大さじ3と1/2)、塩(大さじ1/2)、ビール(80cc)、サラダ油(適量)

<作り方>
(1)きゅうりは縦切り(5cm幅)にする。
(2)保存袋にきゅうりを入れ、さらに塩・砂糖・ビールを入れる。
(3)一晩冷蔵庫に置き、味を染み込ませる。
※さらに味染みをよくしたい場合は2日間漬けておく。
 


きゅうりのしょうゆ漬け

きゅうりのしょうゆ漬け

きゅうり農家 日野さんのレシピです。

<材料>(きゅうり2本分)
きゅうり(2本)、ごま油(大さじ1)、砂糖(大さじ2)、酢(大さじ1)、しょうゆ(大さじ1)、みりん(少々)、たかのつめ(少々)、しょうが(お好みの量)、ごま(少々)

<作り方>
(1)きゅうりを叩き棒で割らない程度にたたき、その後、一口大に乱切りする。
(2)フライパンにごま油を入れ、きゅうりがしんなりするまで炒める。(目安時間:5分)
(3)ボウルでしょうゆ・酢・砂糖・みりん・しょうが・ごま・たかのつめを混ぜる。
(4)ボウルに、炒めたきゅうりを入れ混ぜる。
(5)ボウルのまま冷蔵庫に入れ粗熱をとる。
※    粗熱をとって、すぐ頂くことができる。味染みをよくしたい場合は1~2日間漬けておく。

きゅうりフライ

きゅうりフライ

野菜ソムリエの皆さんのレシピです。

<材料>(きゅうり2本分)
きゅうり(2本)、塩こしょう(少々)、小麦粉(適量)、卵(適量)、パン粉(適量)、油(適量)

<作り方>
(1)きゅうりは縦に4分割し、その後一口大に切る。
(2)保存袋にきゅうりを入れ、さらに塩こしょう・小麦粉を入れ、混ぜる。
(3)保存袋からきゅうりを取り出し、溶き卵とパン粉をつける。
(4)170°~180°の油で2~3分、キツネ色になるまで揚げる。


きゅうりの肉詰め

きゅうりの肉詰め

野菜ソムリエの皆さんのレシピです。

<材料>(きゅうり2本分)
きゅうり(2本)、豚ひき肉(150g)、卵(1個)、パン粉(大さじ2)、塩こしょう(少々)、小麦粉(少々)、ナツメグ(少々)、油(適量)

<作り方>
(1)きゅうりを縦に2分割し、スプーンできゅうりの種をくり抜き、一口大に切る。※ここでくりぬいた部分は残しておくこと。
(2)きゅうりに塩こしょう・小麦粉を振る。
(3)ボウルに、(1)でとったきゅうりの中身部分を細かく刻んだものと豚ひき肉・パン粉・とき卵・塩こしょう・ナツメグをいれて混ぜる。
(4)きゅうりに(3)を詰める。
(5)フライパンに油をひき、肉の面を中火で5分ほど蒸し焼き。
(6)裏返して、強火で1分焼く。


きゅうりの煮びたし

きゅうりの煮びたし

野菜ソムリエの皆さんのレシピです。

<材料>(きゅうり2本分)
きゅうり(2本)、水・白だし(希釈済み300cc)、しょうが(1かけ)、水溶き片栗粉(少々)、ごま油(小さじ1)

<作り方>
(1)きゅうりは一口大に乱切り。
(2)鍋に水で希釈した白だしをいれ、沸かす。
(3)鍋に千切りしたしょうがと、乱切りしたきゅうりを入れ2~3分煮込み、沸騰したら弱火にし、5分ほど煮る。
(4)水溶き片栗粉を入れとろみをつけ、仕上げにごま油を入れる。
(5)粗熱をとって冷蔵庫で2~3時間、冷やす。

干しきゅうりの爽やかマリネ

干しきゅうりの爽やかマリネ

管理栄養士 北嶋佳奈さんのレシピです。

<材料>(2人分)
干しきゅうり(1本分)、ボイルイカ(100g)、ミニトマト(6個)、レモン(1/2個)、オリーブオイル(大さじ1)、砂糖(大さじ1/2)、塩こしょう(少々)、ベビーリーフ(適量)

<作り方>
(1)きゅうりは5mm幅に斜め切りし、半日、天日干しする。
(2)レモンは数枚いちょう切りを作り、残りは果汁を絞って大さじ1をとる。
(3)ボウルでオリーブオイル・砂糖・塩こしょう・レモン汁を合わせる。
(4)ミニトマトは半分に切る。(3)のマリネ液に、ボイルイカ・干しきゅうり・ミニトマト・いちょう切りにしたレモンを和えて冷蔵庫で30分間冷やす。
(5)器にベビーリーフをしき、盛りつける。


きゅうりとヨーグルトの冷製スープ

きゅうりとヨーグルトの冷製スープ

管理栄養士 北嶋佳奈さんのレシピです。

<材料>(2人分)
きゅうり(1本)、プレーンヨーグルト(100cc)、無調整豆乳(50cc)、水(50cc)、顆粒コンソメ(小さじ1)、塩こしょう(少々)、ピンクペッパー(少々)

<作り方>
(1)コンソメと水を耐熱容器にいれて20秒ほどレンジにかけて溶かす。
(2)ミキサーに(1)のコンソメと、きゅうり・ヨーグルト・豆乳・塩こしょうを入れ、なめらかになるまでかくはんする。
(3)器に注ぎ、ピンクペッパーを散らす。

 

Page Top