NHK交響楽団の定期演奏会を中心に、国内外のオーケストラによる注目の演奏会をノーカットでたっぷりとお楽しみいただく大型の音楽芸術鑑賞番組。

3月5日(日)放送
<N響 第1851回 定期公演 前半>

世界で最も人気の高いオペラの一つ「カルメン」を、2週にわたり演奏会形式でお送りします。指揮は名誉音楽監督のデュトワ。欧米の主要歌劇場で活躍する豪華ソリストが、濃密な恋愛悲劇を歌い上げます。

歌劇「カルメン」(演奏会形式)から 第1幕、第2幕(ビゼー)

管弦楽:NHK交響楽団
カルメン:ケイト・アルドリッチ
ドン・ホセ:マルセロ・プエンテ
エスカミーリョ:イルデブランド・ダルカンジェロ
ミカエラ:シルヴィア・シュヴァルツ
スニーガ:長谷川顯
モラーレス:与那城敬
ダンカイロ:町英和
レメンダード:高橋淳
フラスキータ:平井香織
メルセデス:山下牧子
合 唱:新国立劇場合唱団
児童合唱:NHK東京児童合唱団
指 揮:シャルル・デュトワ
(2016年12月9日 NHKホール)
 

<N響 第1852回 定期公演から>

歌劇「ピーター・グライムズ」から「4つの海の間奏曲」作品33a(ブリテン)

管弦楽:NHK交響楽団
指 揮:シャルル・デュトワ
(2016年12月16日 NHKホール)


3月12日(日)放送
<N響 第1851回 定期公演 後半>

歌劇「カルメン」(演奏会形式)から 第3幕、第4幕(ビゼー)

管弦楽:NHK交響楽団
カルメン:ケイト・アルドリッチ
ドン・ホセ:マルセロ・プエンテ
エスカミーリョ:イルデブランド・ダルカンジェロ
ミカエラ:シルヴィア・シュヴァルツ
スニーガ:長谷川顯
モラーレス:与那城敬
ダンカイロ:町英和
レメンダード:高橋淳
フラスキータ:平井香織
メルセデス:山下牧子
合 唱:新国立劇場合唱団
児童合唱:NHK東京児童合唱団
指 揮:シャルル・デュトワ
(2016年12月9日 NHKホール)
 

<N響 第1852回 定期公演から>

1920年代のパリで初演されたバイオリンの傑作を2曲。ソロはN響とたびたび共演を重ねるロシアの名手レーピンです。デュトワの十八番「ラ・ヴァルス」にもご期待下さい。

1.バイオリン協奏曲 第1番 ニ長調 作品19(プロコフィエフ)
2.チガーヌ(ラヴェル)
3.バレエ音楽「ラ・ヴァルス」(ラヴェル)

管弦楽:NHK交響楽団
バイオリン:ヴァディム・レーピン
指 揮:シャルル・デュトワ
(2016年12月16日 NHKホール)


3月19日(日)放送
<N響 第1853回 定期公演>

BBCフィルハーモニックの首席指揮者を務めるスペイン出身のメナがN響の指揮台に初登場。世界的なフラメンコ・ギタリスト、カニサレスとの共演を含むスペイン一色のプログラムを存分にお楽しみ下さい。

1.歌劇「はかない人生」から「間奏曲とスペイン舞曲」(ファリャ) 
2.アランフェス協奏曲(ロドリーゴ) 
3.「映像」から「イベリア」(ドビュッシー)
4.バレエ組曲「三角帽子」第1部、第2部(ファリャ)

管弦楽:NHK交響楽団
ギター:カニサレス
指 揮:ファンホ・メナ
(2017年1月13日 NHKホール)


4月2日(日)放送
<ベルリン・コンツェルトハウス管弦楽団 来日公演>

1952年に当時の東ベルリンで設立されたベルリン・コンツェルトハウス管弦楽団。長年首席指揮者を務めたクルト・ザンデルリンクのもとで世界的評価を確立しました。今回の来日公演では、かつての首席指揮者インバルが得意とするワーグナー、マーラーを披露します。

1. 楽劇「トリスタンとイゾルデ」から「前奏曲とイゾルデの愛の死」(ワーグナー)
2. 交響曲第5番 嬰ハ短調(マーラー)

管弦楽:ベルリン・コンツェルトハウス管弦楽団
指 揮:エリアフ・インバル
(2017年3月13日 すみだトリフォニーホール)


4月9日(日)放送
<N響 第1854回 定期公演>

マドリードやウィーンなど、ヨーロッパの主要歌劇場で活躍するスペインの名指揮者ロペス・コボスが登場。ウィーン・フィルのコンサートマスター、ダナイローヴァをソリストに迎えた「グレゴリオ風の協奏曲」など、レスピーギの作品ばかりを集めた興味深いプログラムです。

1.グレゴリオ風の協奏曲
2.教会のステンドグラス
3.交響詩「ローマの祭り」(以上 レスピーギ)

管弦楽:NHK交響楽団
バイオリン:アルベナ・ダナイローヴァ
指 揮:ヘスス・ロペス・コボス
(2017年1月18日 サントリーホール)


4月16日(日)放送
<N響 第1855回 定期公演>

幅広いレパートリーと凝った選曲でおなじみの下野竜也が指揮台に立ちます。前半はチェコの作曲家による2曲。祖国の悲劇に触発され、平和への祈りを込めて書いた作品です。2年前の共演が記憶に新しい、ハンガリーの名手バラーティのブラームスにもご期待下さい。

1.リディツェへの追悼(マルティヌー)
2.プラハ1968年のための音楽(フサ)
3.バイオリン協奏曲 ニ長調 作品77(ブラームス)

管弦楽:NHK交響楽団
バイオリン:クリストフ・バラーティ
指 揮:下野 竜也
(2017年1月28日 NHKホール)


4月23日(日)放送
<鈴木雅明のドイツ・オルガン紀行>

バッハ演奏の第一人者として世界的に知られる鈴木雅明が、ドイツの歴史的なオルガンを訪ね、バッハの名曲を演奏します。フランス風の優雅さが魅力のフライベルク、室内楽のように繊細なアルテンブルク、柔らかく豊潤な響きのナウムブルク・・・。街並みや教会の美しさとともに、個性豊かなオルガンの音色を存分にお楽しみ下さい。

・幻想曲 ト長調 BWV572 
・前奏曲とフーガ ホ短調 BWV548 
・パストラーレ ヘ長調 BWV590
・オルガン小曲集 から
・パッサカリアとフーガ ハ短調 BWV582(以上 バッハ)ほか

オルガン:鈴木 雅明 (2017年2~3月 ドイツ)


Page Top