オーケストラのコンサートを中心とした大型のクラシック鑑賞番組です。
“ライブ感”を生かしながら、世界的な指揮者、ソリストを招いて行われる演奏会の模様を、5.1サラウンドの豊潤な音響とともにお届けします。

4月からは、N響第1コンサートマスターの篠崎史紀さんが、案内人MAROとして登場。
「あまねく魂を虜にする音楽の魔力」をひもときます。

コンサートの後は、旬のアーティストへのインタビューや室内楽の演奏会をラインナップ。
その他、オペラやバレエなど、多彩なジャンルで舞台芸術ファンの期待にこたえます。

「あなたの記憶に残る名演奏」リクエスト募集

「クラシック音楽館」では、N響の「あなたの記憶に残る名演奏」を募集しています。

1950年代から最新の定期公演まで、NHKアーカイブスの資料を大放出!
指揮者、ソリスト、演奏日時、曲名などをご記入の上、番組までお送りください。
演奏にまつわる思い出など、エピソードも大歓迎です。
詳細が不明な場合は、指揮者やソリストの名前だけでもお送りください。

演奏者名、日にち、曲名などをご記入の上、下記メールフォームにてお送りください。
メールフォームは こちら(PC・スマホのみ)

また、お手紙でも募集しています。
宛先は、郵便番号150-8001、NHK「クラシック音楽館」リクエスト係です。

皆様からの、たくさんのご応募を、お待ちしております。

11月25日(日)放送
<アンコール放送・バレエの饗宴>

年に1度、バレエ回の豪華キャストがNHKホールに集結する「バレエの饗宴」。
多くのご要望の声にお応えして再放送します。
いまをときめくダンサーたちの舞台をご堪能下さい。

1.「くるみ割り人形」第2幕から
出演:新国立劇場バレエ団
振付:ウエイン・イーグリング
音楽:チャイコフスキー

2. Chimaira/キマイラ
出演:平山素子 小㞍健太 鈴木竜 堀田千晶
振付:平山素子
音楽:デュティユー

3. Flowers of the Forest  
出演:吉田 都 マティアス・ディングマン(バーミンガム・ロイヤル・バレエ団 プリンシパル) スターダンサーズ・バレエ団
振付 デヴィッド・ビントレー
音楽 アーノルド/ブリテン

4. 「ラ・バヤデール」から「影の王国」
出演:東京バレエ団
振付:ナタリア・マカロワ(M.プティパ版による)
音楽:ミンクス

(1~4すべて)
管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団
指 揮:井田勝大

クラシック音楽館
クラシック音楽館
クラシック音楽館
クラシック音楽館

12月2日(日)放送
<NHK音楽祭2018 NDRエルプフィルハーモニー管弦楽団>

2003年に始まり、今年で16回目となるクラシック音楽の祭典、NHK音楽祭。
「新時代を切りひらくシェフたち」をテーマに、いま最も話題性の高い指揮者と
世界の一流オーケストラが熱演を繰り広げました。

今回は、北ドイツの名門オーケストラ・NDRエルプフィルハーモニー管弦楽団と、
その次期首席指揮者アラン・ギルバートの華麗なる共演をお楽しみいただきます。

2009年から17年までニューヨーク・フィルの音楽監督を務め
現代を代表する指揮者の一人になったアラン・ギルバート。
北ドイツ放送交響楽団からNDRエルプ・フィルに名を改めた楽団とともに
さらなる飛躍を遂げようとしています。

ワーグナー、ラヴェル、ブラームスの名曲で、重厚なサウンドをお楽しみ下さい。

1.歌劇「ローエングリン」から第1幕への前奏曲(ワーグナー作曲)
2.ピアノ協奏曲 ト長調(ラヴェル作曲)
3.交響曲第4番 ホ短調 作品98(ブラームス作曲)

管弦楽:NDRエルプフィルハーモニー管弦楽団
指   揮:アラン・ギルバート
ピアノ:アンナ・ヴィニツカヤ
(2018年11月8日 NHKホールで収録)

クラシック音楽館

12月9日(日)放送
<NHK音楽祭2018 ロンドン交響楽団>

「新時代を切りひらくシェフたち」をテーマに、
いま最も話題性の高い指揮者と世界の一流オーケストラが
熱演を繰り広げたNHK音楽祭2018。

今回は、サイモン・ラトルとロンドン交響楽団、イギリス最強タッグの登場です。
昨年9月からロンドン交響楽団の音楽監督に就任したラトル。
就任後の初来日となる今回のコンサートでは、
ラヴェル、シマノフスキ、ヤナーチェクによる20世紀の名曲を披露します。

格調高き、迫力のサウンドを
ラトルのインタビューとともにお楽しみ下さい。

1.バレエ音楽「マ・メール・ロワ」(ラヴェル作曲)
2.バイオリン協奏曲 第1番 作品35(シマノフスキ作曲)
3.シンフォニエッタ(ヤナーチェク作曲)

管弦楽:ロンドン交響楽団
指   揮:サイモン・ラトル
バイオリン:ジャニーヌ・ヤンセン
(2018年9月27日 NHKホールで収録)


~ジャニーヌ・ヤンセン バイオリンリサイタル~
演奏会のあとは、バイオリンの名手ジャニーヌ・ヤンセンのリサイタルから
バルトークとファリャの作品をお聴きいただきます。

■ルーマニア民俗舞曲(バルトーク作曲/セーケイ編曲)
■スペイン民謡組曲 から(ファリャ作曲/コハンスキ編曲)

バイオリン:ジャニーヌ・ヤンセン
ピアノ:イタマール・ゴラン
(2016年2月17日 紀尾井ホールで収録)

クラシック音楽館

12月16日(日)放送
<NHK音楽祭2018 NHK交響楽団>

今年で16回目を迎えるクラシック音楽の祭典、NHK音楽祭。
「新時代を切りひらくシェフたち」をテーマに、いま最も話題性の高い指揮者と
一流オーケストラのコンビが熱演を繰り広げました。

今回は、NHK交響楽団と首席指揮者パーヴォ・ヤルヴィの共演です。
首席指揮者に就任して4年目を迎えたパーヴォ・ヤルヴィは、
幅広いレパートリーと既成概念にとらわれない作品の解釈によって、
オーケストラに新しい息吹をもたらしてきました。

世界的なソリストたちを迎えてお送りするのは、
ドイツの作曲家オルフ代表作「カルミナ・ブラーナ」を中心としたプログラム。
スケールの壮大さ、ダイナミックな響きをお楽しみ下さい。

1.牧神の午後への前奏曲(ドビュッシー作曲)
2.踊る牧神(オルフ作曲/日本初演)
3.カルミナ・ブラーナ(オルフ作曲)

管弦楽:NHK交響楽団
指   揮:パーヴォ・ヤルヴィ
ソプラノ:オルガ・ペレチャッコ
カウンターテナー:マックス・エマヌエル・チェンチッチ
バリトン:ベンジャミン・アップル
合   唱:新国立劇場合唱団、NHK東京児童合唱団
(2018年10月1日 NHKホールで収録)


~ドビュッシーのベルガマスク組曲~
演奏会のあとは、イスラエル出身でアメリカを拠点に活躍する、
イノン・バルナタンのピアノで、ドビュッシーの詩情あふれる名曲をどうぞ。

■ベルガマスク組曲(ドビュッシー作曲)

ピアノ:イノン・バルナタン
(2018年6月26日 トッパンホールで収録)

クラシック音楽館

12月23日(日)放送
<N響 伝説の名演奏 ~リクエスト特集~>

N響の過去の貴重な映像の中から
ファン垂涎の名演奏を厳選してお送りします。

今年9月に「N響 伝説の名演奏」と題した企画をお送りした中で
視聴者の皆さんからの思い出の名演を募ったところ、
番組に対して、たくさんのメッセージをお寄せ頂きました。

今回は、そんなリクエストの声にお応えした
ラインナップでお楽しみいただきます。


Page Top