NHK交響楽団の定期演奏会を中心に、国内外のオーケストラによる注目の演奏会をノーカットでたっぷりとお楽しみいただく大型の音楽芸術鑑賞番組。

6月4日(日)放送
<N響 第1858回 定期公演>

指揮はチューリヒ歌劇場やメトロポリタン歌劇場などで活躍するファビオ・ルイージ。メンデルスゾーンのバイオリン協奏曲では、現代屈指の名手ズナイダーが即興的な要素を交えながら、おなじみの名曲から新たな表情を引き出しました。後半の「巨人」はルイージがもっとも得意とするレパートリーの一つです。

1.カプリッチョ 作品2(アイネム) 
2.バイオリン協奏曲 ホ短調 作品64(メンデルスゾーン)
3.交響曲 第1番 ニ長調「巨人」(マーラー) 

管弦楽:NHK交響楽団
バイオリン:ニコライ・ズナイダー
指 揮:ファビオ・ルイージ
(2017年4月15日 NHKホール)

<コンサートプラス>
パッサカリア(ヘンデル作曲、ハルヴォルセン編曲)

バイオリン:大宮臨太郎
ビオラ:中村翔太郎
(2017年1月30日 NHKスタジオ)

6月11日(日)放送
<N響 第1859回 定期公演>

モントリオール国際音楽コンクール優勝など、輝かしい経歴で注目される若手イタリア人ピアニスト、ラナがN響と初共演。伝統を踏まえた正統派の解釈を基本としつつ、ドラマティックな表現にも長けているルイージが、ブラームスの名曲に挑みます。

1.ピアノ協奏曲 第1番 ハ長調 作品15 (ベートーベン)
2.交響曲 第4番 ホ短調 作品98(ブラームス)

管弦楽:NHK交響楽団
ピアノ:ベアトリーチェ・ラナ
指 揮:ファビオ・ルイージ
(2017年4月21日 NHKホール)
 

<音楽の力で復興を ~熊本地震・1年~>

昨年4月の震災以来「音楽の力で人々の心の復興を後押ししたい」と考える全国の音楽家が熊本に集まり、様々な取り組みを進めています。一周年となる4月14日には、地元で結成された合唱団も加わって、マーラーの交響曲「復活」が演奏されました。音楽が大きな力を発揮する「その時」をリポートします。
 

6月18日(日)放送
<新日本フィルハーモニー交響楽団演奏会>

新日本フィルハーモニー交響楽団は1972年創立。昨年9月に音楽監督となった上岡敏之の指揮で、前半は、上岡自身が指名したソプラノ、ゲーリングを迎えてワーグナーの作品を、後半は個性的な解釈が話題となっているブルックナーの交響曲をお送りします。

1.歌劇「タンホイザー」序曲(ワーグナー)
2.ウェーゼンドンクの五つの詩(ワーグナー)
3.交響曲第3番 ニ短調(ブルックナー)

管弦楽:新日本フィルハーモニー交響楽団
ソプラノ:カトリン・ゲーリング
指 揮:上岡 敏之
(2017年5月12日 横浜みなとみらいホール)

Page Top